全体表示

[ リスト ]

国宝 松江城天守

昨日、一番下の男の子を連れて島根県の松江城へ行ってきた。

二年前に国宝に指定されたばかりの、全国で現存する12天守の一つだ。



築城に力を注いだ、堀尾吉春の像。

イメージ 7


石垣が自然石で荒々しいところに風格を感じる。

イメージ 3


イメージ 10


5層6階建てに付櫓が特徴的な天守閣。

下見板張りが外壁を覆い、漆喰部分がわずかしかなく、
全体的な黒さが質実剛健さを表している。

イメージ 4



柱の多くは包板と呼ばれる材が張られ、鎹や鉄輪で留められている。

関ヶ原の戦い後は築城ラッシュで全国的に資材が不足し
良い材が集まらなかったという。

通し柱も長い材が集まらず、二階分の長さの物を上手く配し、
構造上の強度を確保している。

イメージ 5


大橋家老の鎧兜。

トンボの兜の中心には逆ハートの紋様。
現代のイメージでは優しそうに感じるが、これは猪目というもので強さを表している。
前にしか進まないトンボと合わせて、勇猛さを表している。

イメージ 6


松江神社。
正面からの撮影はタブーなので、斜め横から一枚。

イメージ 1


大正天皇御幸の際、宿泊の為に建設された興雲閣。

イメージ 2


洋風のデザインに、和風の竿縁天井が絶妙なバランスで調和している。

イメージ 11

イメージ 12



昼食はもちろん出雲そば。
割り子と鴨南蛮そばに舌鼓を打つ。


家老の居館を復元した歴史観。
壮大な建築物だ。

イメージ 8


塀は瓦、漆喰に下見板張り。
以外に質素な造りである。

イメージ 9


最後に一番楽しみにしていた武家屋敷が、来年3月まで改修工事中で休館とのこと。

次回の楽しみに残しておこう。




イメージ 13


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事