全体表示

[ リスト ]

先週、一級建築士の定期講習会に行ってきた。

朝9時から夕方5時20分までというロングランだ。

この定期講習は、十数年前に起きた耐震偽装事件から、
建築士事務所に所属する全ての建築士に受講が義務付けられた。

講習費用も負担だが、3年に一度とはいえ、一日中缶詰というのが辛い。

その上最後にはテストもあるので、居眠りしながら受講しているわけにはいかない。

この時期が近づくといつも憂鬱になる。


更新制度の議論は有資格者のスキルの維持、向上を求めるという観点から
医師、教師などもその俎上に上ったが、
業界の政治力の弱さからか、結局、建築士だけが狙い撃ちに合った。



耐震偽装事件はニュースに連日取り上げられ、大きな社会問題になった。

その建築士で設計され、その建設会社で建てられたマンションは
震度3で倒壊するどころか、自然倒壊もありうると、
建築専門家がテレビに登場して不安を煽った。

入居者も強制的に退去させられ、ローンの負担問題も発生した。


その後、自然倒壊したという話は聞かないし、
東北大震災以降に頻発する震度5前後の地震でも
倒壊したという話は聞かない。

定期講習中、眠い目をしばたかせながら、
退去した入居者の問題と合わせて、ふと
その後の経過が気になった。




イメージ 1






この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事