屋根屋が語る“ふぞろいだらけの太陽光発電ブログ ”業界人の裏話

お気に入り登録は一言コメントくださいね。コメントなき場合削除するかも??ファン登録だけの情報も満載!!無断コピー厳禁

NEWS

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

シンポジウムを開催します!
GEINシンポジウム:やるぞ!日本!Yes100円!
〜私たちの手で自然エネルギーを大きく育てよう〜


昨年6月「福田ビジョン」が発表され「低炭素社会実現」にむけ大きく舵がきられました。その中で、自然エネルギー推進の重要性がうたわれ、「ビジョン」実現の主役は国民であるとされました。今回のシンポジウムでは、この「ビジョン」実現に向け、主役である私たちのすることは何かを考えていきたいと思います。どうぞふるってご参加下さい。

【日時】

2009年4月5日(日)13:30〜16:00 (開場12:30)


【会場】

日本青年館 大ホール(東京都新宿区霞ヶ丘町7番1号)
http://www.nippon-seinenkan.or.jp/dai-hall/access.html
JR中央・総武線各駅停車「信濃町」駅より徒歩9分
JR中央・総武線各駅停車「千駄ヶ谷」駅より徒歩9分
地下鉄銀座線「外苑前」駅3番出口より徒歩7分
都営地下鉄大江戸線「国立競技場」駅A2出口より徒歩7分

※公共交通機関をご利用下さい。


【プログラム】

ヽ会

⊆然エネルギー政策を推進する「やるぞ!日本!」キャンペーンについて

クロストーク 「Yes100円!私たちの手で、自然エネルギーを大きく育てよう」
 出演:岡田武史(サッカー日本代表監督)×北原照久(ブリキのおもちゃ博物館 館長)
    ×湯川れい子(音楽評論家・作詞家)×小田全宏(GEIN代表)

さ急射Ч & VOJA +東京女声合唱団スペシャルコンサート
 <亀渕友香&VOJA(The Voices of Japan)>
 日本のゴスペル・シンガーの第一人者、亀渕友香と1993年に結成されたゴスペル・ミュージックを中心とするコーラス・グループ。「音楽を愛し、音楽を通じて人間性、社会性を高める」を基本コンセプトに、全国各地でのコンサート、各種イベント、テレビ出演、学校での芸術鑑賞会など幅広い活動を展開。現在80名が所属している

<東京女声合唱団>
2002年に発足した湯川れい子が団長を務める女声合唱団。年齢関係なく、働く女性85名が在籍している。スペシャルオリンピックスチャリティクリスマスディナーショウ、WFP国連貢献シンポジウム「アフリカの飢餓を考える大会」、国連50周年オープニングイベントなどに参加。多方面にわたり活動している。


【参加費】

無料


【定員】

1000名(定員になり次第、締切とさせていただきます)


【主催】

地球環境イニシアティブ(GEIN)


【申込方法】

こちらからお申込下さい。→http://yaruzo.weblogs.jp/report/2009/03/post-42c9.html
なお、送信いただく画面が、当日の入場券となります。
印刷の上、当日ご持参いただきますようお願いいたします。


【主催】

地球環境イニシアティブ(GEIN)


【後援】

経済産業省


【お問合わせ】

地球環境イニシアティブ(GEIN)事務局 
tel:03-3437-4180  e-mail:info@re50.jp

開く コメント(0)

 二階俊博経済産業相は24日の閣議後の記者会見で、太陽光発電の普及を促すための新制度を導入すると発表した。家庭や企業が太陽光で発電した電力を、電力会社が約10年の間、当初は従来の2倍程度の1キロワット時あたり50円弱で買い取る仕組み。今後、具体的な制度設計に向け、関係業界などと調整を進める。電力やガス、石油各社に非化石燃料の導入を義務付ける新法に盛り込み、今国会に提出する方針だ。2010年にも実施する。

 二階経産相は同日朝、経産省内で森詳介電気事業連合会会長(関西電力社長)と会談し、新制度の導入方針を伝えた。森会長は「協力したい」と語ったという。

 新制度は家庭など電力利用者が太陽光でつくった電力について、自宅などで消費する以外の余剰分を電力会社に買い取ってもらう内容。既に発電装置を設置している利用者と制度開始から3―5年に設置する利用者が対象。買い取り価格は太陽光発電の普及に合わせて、年度ごとに下がる。 (13:04)

詳細については、以下のサイトへアクセス願います。
   ↓↓↓  ↓↓↓
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090224AT3S2400L24022009.html

開く コメント(2)

経済産業省は太陽光発電の普及を目指し、新たな制度の検討に入る。家庭や企業が太陽光で発電した電力について、電力会社が一定の価格で長期間買い取る制度を軸に議論を始める方向だ。買い取りの期間や価格などの詳細は今後詰める。

 同制度は太陽光発電の促進に向け、ドイツなど欧州諸国が採用している。24日にも検討開始を表明する予定だ。(07:00)

日経記事⇒http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090224AT3S2302223022009.html

やっよ国も本腰かな??

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

来年の補助金に向けて、リフォーム業界の
方がぞくぞく参入されていますので、是非
ご検討ください。

『太陽光発電・オール電化事業』
         を始める為の説明会

「10年後あなたの会社に残るビジネス提案」

開催要項
■日時:11月28日(金)14:00〜16:30 (受付13:30〜)


■場所:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル
「B1F 住友ホール」

■参加費:3000円(最後にホームページのアドレスが
あります。そちらから申し込みを行ってください)

■第1部 『メーカーの業界説明』

・蟲セラソーラーコーポレーション 
「太陽光発電の今後の展望」  
講師・・・営業本部DN営業部 東日本営業課責任者 杉山 直人氏

・パナソニック電工株式会社(旧松下電工) 
 「オール電化をいかす」
講師・・・オール電化推進担当 主事 佐藤 辰也氏
 
■第2部 『フォトボルテック社の「新規事業立ち上げ」プラン説明』

※「工事は出来ないが販売はしたい。」と言う事業者の
方には信頼おける施工店の紹介もします。

主催:フォトボルテック社の強み
‐ξの強み(商材)

・保証金が不要
太陽光発電にしても、オール電化にしても始める為には、
通常は「保証金」というハードルがあります。(メーカーに支払う)
保証金は百万円〜千万円の単位で掛かりますので、これらの事業を行う時には非常に高いハードルとなる訳です。
弊社に関しましては保証金が発生しませんので、御社のイニシャルコストをグッと抑えることが可能です。

・安価である
いくら保証金が無くても、仕入れの価格が高いのでは話になりません。
弊社では、価格競争力のある商材の仕入れ価格を実現しており、御社にとって粗利が残るビジネスモデルが確立できます。

・複数メーカーが取り扱える
最近のお客様のニーズは多様化しており、単一メーカーだけを提示しての販売には限界があります。
弊社では、太陽光発電メーカー主要3社はもちろん、オール電化もトップのパナソニックをはじめ、売れ筋メーカーを揃えていますので、御社はお客様が望む提案が可能となります。

∋楾技術の向上が学べる
(販売のみ希望も会社もあると思います。その場合は弊社が、近隣の
信頼のおける施工店をご紹介します)

・技術面の高さが差別化のカギ
太陽光発電もオール電化もコンセントをつなげば動く「家電」ではありません。必ず工事が伴う「住宅設備」です。
工事のやり方次第で、設備の寿命が左右される事もあります。

特に太陽光発電は20年、30年と活躍するものでもありますし、工事のレベル次第で発電効率が大幅に変わってきます。技術面の高さがあれば、オンリーワン商品となるため、価格競争に巻き込まれる心配もありません。

・段階的技術指導
初めから、専門用語を並びたてるような、難解なことはいたしません。今回募集の皆さんは全員がゼロからのスタートですので、施工のイロハから「解りやすく」教えていきます。エンドユーザーが納得する施工技術ポイントから、特殊施工・産業用まで幅広い指導ができることが弊社の特徴となります。

H稜篶呂鬚弔韻
・売る力をつける
どんなに良い商材でも、売れなければ全く意味がありません。
弊社では、グループの太陽光発電設置実績は9,000軒を超えており※その経験則から得た販売方法と、専門家の意見を聞きながら作り上げたメソッドがあります。中小企業のもっとも苦手とする「販売の技術」を学ぶことができます。
※グループ販売・施工実績 28MW(平均3kWシステムとして、9300軒相当)

ぅ▲侫拭璽侫ロー

・はじめての施工の不安など
弊社は、導入研修が終わったらそれで終わりではありません。
特に、初めて施工する場合など、どうして良いのか不安な会社は少なくありません。弊社では、他社の施工を見学する見学会やはじめての施工時に指導を行うプランもご用意しており、皆さんのニーズに応えます。

・情報の共有
この業界は、「技術サイクル・商材サイクル」が早いため情報の陳腐化も早く、販社よりもエンドユーザーの方が情報を早く得る事も良くあります。補助金情報・技術情報など様々な情報を早く得ることにより、一歩先のビジネスを行う事ができます。

・疑問点やエンドユーザーからの質問に対して
事業を立ち上げると皆さんは様々な疑問や、エンドユーザーからの特殊な質問に答えることが出来なくなることも、しばしばあります。
弊社では、様々な疑問に答え、バックアップしていきます。

・販売市場の開拓
表に出ていませんが、大手家電量販店のY電機の太陽光発電・オール電化の管理をしているのも実は、この会社です。今はオープンにできませんが、イ●ンのショッピングセンター内での販売店設置など他にも販売市場のご紹介は多数できます。

以上の様な事が特徴です。

□参入のコストを抑えたい
□時間をかけずに立ち上げたい
□販売・技術のノウハウを手に入れたい
□成功するまで、見てくれる会社と手を組みたい

とお考えの企業様は
説明会に是非参加ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

■連絡先 ※休日は土日祝です。
 TEL 03-5355-3310
  FAX 03-5355-3313
  フリーダイヤル 0120-209−365 
  E-mail info@hatsudenman.com

ホームページ(発電マングループはフォトボルテック社
のグループブランドです)
 http://pv-tec.jp/

開く コメント(0)

【再生可能エネルギー特集】 太陽光発電 薄膜太陽電池
薄膜太陽電池の利用拡大(ドイツ)
1. 薄膜型太陽電池と有機太陽電池の生産が増加
フラウンホーファー・太陽光エネルギー研究所によると今後数年以内に太陽電池生産に
占める薄膜型の割合は約20%に達するとされる。ドイツでは薄膜型太陽電池の生産能力は
2008 年には100 MW(面積で約1 km2 に相当)の大台を超えて更に急テンポで増加する
見込みとなっている。以下ではドイツおよび隣国オーストリアにおける薄膜型太陽電池の
生産、技術開発と利用の現状についての事例を紹介する。
2. SHOTTO Solar が薄膜事業を独立。SignetSolar も大型薄膜ソーラーモジュール生産ラ
インの操業を開始
薄膜型太陽電池の生産本格化のため2008 年5 月、ドイツの太陽電池大手、SCHOTT Solar
社は薄膜型太陽電池の生産部門を統合し、SCHOTT Solar Thin Film 社を設立した。同社
が1986 年から開発を行なってきた薄膜モジュール生産施設は現在、イエナおよびミュン
ヘン郊外のプッツブルンにあり、年間生産能力は36 MW だが、今後数年間で100 MW 程
度に拡張される計画となっている。また、SCHOTT Solar社は技術開発分野でもersol Thin
Film 社(ersol Solar Energy グループ)と薄膜型太陽電池用の微結晶シリコン素材の共同
開発協定を締結している。
同じく2008 年5 月、カリフォルニアを本拠地とする薄膜型シリコン太陽電池メーカー、
Signet Solar 社はドレスデン郊外デーベルンに建設を進めていた薄膜型太陽電池生産施設
の完成を発表した。着工から10 ヶ月で完成した同社の新工場では、大寸法ガラス母材の
利用を可能とするApplied Materials 社の技術を利用して、これまで最大の5.7 m2(2.20
m×2.60 m)の薄膜モジュールGen 8.5 が生産される。同社はこの新技術の利用により大
幅なコスト削減が可能となり、3 年以内にグリッド・パリティ1 を達成するとしている。
Gen 8.5 の量産は今年7 月から開始されている。
3. 硫酸塩素材の薄膜型太陽電池実用化が一歩前進(オーストリア)
ザルツブルク大学材料工学研究所のディットリッヒ教授は、硫酸塩の半導体利用に関す
るEU プロジェクトの経験をベースに、2006 年春に硫酸塩ベースの太陽電池製作に成功
した。その後、同教授はケルンテン州の半導体メーカーSEZ 社および化学メーカー
CHEMETALL と共同で硫酸塩ベースの薄膜型太陽電池の開発を行なってきたが今年9 月
には工業化の目処がつく段階まで開発事業は進展している。ディットリッヒ教授によると
硫酸塩素材は加工が容易であるため最も安価なシリコン素材の太陽電池に比べて25 %の
コスト削減につながり、さらに薄型化によってコストはシリコン素材の太陽電池の半分ま
1 太陽光発電のコストが、既存の電力会社による通常の送電線網経由で供給される電力のコストと
同等になること。
NEDO海外レポート NO.1031, 2008.10.22
37
でに減少するという。現在の変換効率は1 %程度と大幅な改良の余地を残しているが、効
率改善については同教授は楽観している。
4. 薄膜型太陽電池で世界最大のPV 発電施設を建設
システム・インテグレータ、juwi solar 社(ラインラント・プファルツ州)は2006 年は
じめ、ライプツィヒ市近郊ブランディス/ベネビッツの旧ソビエト軍飛行場跡地における
世界最大のソーラーパーク建設業務を受注した。この大型太陽光発電施設「バルトポレン
ツ」エネルギーパークの建設は2007 年2 月に開始され、2008 年8 月現在の定格出力は
24 MW と世界第二位の規模に達している。工事は2008 年末まで継続され、最終的には薄
膜型モジュール55 万基、定格出力40 MW(年間発電量4,000 万kWh)の太陽光発電所
が出現することになっている。
「バルトポレンツ」エネルギーパーク(写真:JUWI グループ)
出典:
(1)ソーラーサーバー、2008 年8 月19 日
http://www.solarserver.de/
(2)エネルギーポータル24、2008 年9 月25 日
http://www.energieportal24.de/artikel_2846.htm
(3)ザルツブルクの技術開発(FORTSCHRITT AUS SALZBURG)、2008 年9 月21 日
http://salzburg.orf.at/stories/308852/
(4)JUWI グループ、2007 年8 月21 日
http://old.juwi.de/service/presse/PM_SolaranlageIBN1Brandis_2007_08.pdf
(5)Schott-Solar 社、2008 年5 月30 日
NEDO海外レポート NO.1031, 2008.10.22
38
http://www.schottsolar.com/de/news/aktuelle-nachrichten/single/article/schott-solar-gr
uendet-eigene-gmbh-fuer-duennschich.html
(6)フラウンホーファー協会太陽エネルギー研究所、2008 年5 月30 日
http://www.ise.fhg.de/veranstaltungen-und-messen/2008/viertes-anwenderforum-dunn
schicht-photovoltaik-module-systeme-anwendungen/view
(7)ザルツブルク大学広報部
http://www.uni-salzburg.at/portal/page?_pageid=304,635093&_dad=portal&_schema=
PORTAL

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事