ここから本文です
ゲーム積み立て名人
主にドラクエ10ネタ系ブログ、基本はゲームブログだお

書庫全体表示

当時ネットなんてない時代・・・
ゲームの情報のスクープ情報はファミマガだった
 
  そのなかでもっとも衝撃を与えた
    スクープ記事
イメージ 1

          , 、、  ,,         
        , '  ____ " 、、        
         , '   /⌒三 ⌒\  ',     
       ;  /( @)三(@)\  ;    ええええええええ!!!!
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;  スーパファミコンのCD-ROMだとおおおお!?
        |  u   |r┬-|  u  | ;   
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;   
    _   /    (___   | ',    
  ,、'  /              |  ;   
 、 ( ̄                |  ;   
     ̄ ̄ ̄|               | ; ←当時のガキだった俺
 
 
当時の発表された価格
イメージ 2
       2万7千円
当時としては決して安い価格では無かったが・・・
    
記事内で書かれている
SFCカセット8Mソフトが540本入る容量を持つCD-ROM
そんな大容量を持つドラクエ、FF、マリオ、ゼルダが
遊べるなら絶対遊びたいわぁ〜と思っていた
 
これがSFC CD-ROMだ
イメージ 3
ファミマガスクープ記事では書かれてないが
この本体、当時ソニーと共同開発していたのだ
 
ちゃんと発売日も決まっていたんだ
イメージ 4
   93年発売でソフト3本発売
    参入メーカー50社!!
  このなかに勿論、エニックス、スクウェア、カプコン、コナミも
          参入してたであろうなぁ〜
 
 
    しかし91〜92年はまさに
 SFCだけで任天堂一人勝ち状態
    この時任天堂は天狗状態・・・
   (あっ・・・SFCのCD−ROMいらなくね?)
イメージ 5
         と思うようになり・・・
 
この状況を私の妄想昼ドラ風に説明しよう
 
愛を誓い合ったソニ子とスファミ男・・・
そして二人の子供(CD-ROM)も授かった
二人の愛は永遠に!?
 
しかし・・・・
 
 
ソニ子「スファミ君そろそろ出産日(発売日)なんだけど
 
スファミ男「ああん?なにそれ?」
 
ソニ子「え・・・・だって私達の子供(CD-ROM)も、もう産まれるし」
 
スファミ男「堕ろせよ!!(発売中止)」
 
ソニ子「えっ・・・スファミ君・・・なに・・・言ってんの?」
 
スファミ男「おまえさ何勘違いしてんの?」
 
ソニ子「どうしたの!?最近のスファミ君なんかおかしいよ」
 
スファミ男ガキ(CD-ROM)作って結婚(協賛)するメリットねえし」
 
ソニ子「それ・・・本気で言ってんの?」
 
スファミ男「あ〜もういいかなエニックスさんと食事会あるんで」
 
ソニ子「この人でなし!!!
 
この時ソニ子は思ったのである・・・・
イメージ 6
    愛などいらぬ!!
 
 
その後ソニ子もといSCEは・・・
SFCの周辺機器として発売する予定だったCD-ROMを
再構築して94年に・・・皆さんもご存知であろう
イメージ 7
    プレイステーションを発売したのである。
 
もしあの時任天堂とソニーが
SFCのCD-ROMが出ていたら
もしかしたらゲームの歴史も
変わっていたかもしれない
 
   でも任天堂、SCEと
  お互い方向性が違うから
どこかで解消していたかもしれないけど
 
ワンクリックしてくれたら元気でますw
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ
ブログ村に参加中です

  • 顔アイコン

    任天堂は当初ソニーと共同開発するって話は少し聞いたことがありましたが、詳しくありがとうございます(!o!)
    あのまま共同開発が進んでいたらどうなっていたんでしょうねw

    これこそがPlayStationの隠された誕生秘話ですねww

    [ D-Maddevil (元大丸) ]

    2012/2/12(日) 午前 0:54

    返信する
  • ゲーム機の性能としてはやはりソニーが一番だと思います。
    でもその分初期不良が多いですけど。
    任天堂はゲームの質が凄く良い気がします。

    だからもしお互いが共同開発の道をたどってたら、
    たとえば今のPS3は無かったかもしれないし、任天堂の商品だったりしたかもですね。
    僕は今のこの世の中のゲームが好きなので今のほうが良い気もしますが
    そのスーファミCD-ROMもやってみたいですね。

    ょうくn。

    2012/2/12(日) 午前 2:20

    返信する
  • 2人はライバルになったのね…
    愛より闘争心のほうが強くなるのよ
    市場的には別れて正解だったかもw

    [ ももっぴ ]

    2012/2/12(日) 午前 9:17

    返信する
  • 顔アイコン

    スーファミCD-ROMの話は当時聞いてましたが、
    具体的に値段まで決まっていたんですね(´∀`;;
    もしスーファミCD-ROMが出ていたら
    ファイナルファイトやスト2の完全移植版など
    ヨダレもののソフトがたくさんリリースされていただろうなと思うと
    残念で仕方ないですね(;´д`)
    でもプレステが出て、ソフトの高騰化に歯止めがかかったのは
    結果的によかったかと思いますwwwwwww

    びっぐ

    2012/2/12(日) 午後 1:50

    返信する
  • 顔アイコン

    仮に任天堂でこれが出ていたとしたら、サードには制限が課せられソフトがPSほどでなかっただろうし、いまのwiiのように偏ったソフト供給になったかもしれませんね。
    私は結局のところ、任天堂は64で任天堂らしい本体を作ってソフトを出して良かったと思います。
    あのまま単純にSFCの上位機種としてCD媒体を作っていたら、もっと長くJーRPGが生き残れたという点に関しては、IFを考えたくなりますがw

    ○モ

    2012/2/12(日) 午後 2:39

    返信する
  • 顔アイコン

    CODE:EGGさん

    あまり当時は今みたいにネットが無かったので
    いつまに自然消滅みたいな感じでたね〜
    今振り返るとああっそういえば過去にこんな事あったな!!って感じ
    こういうもし実現したらこうなってかもっていう話面白いですよね〜
    買う側としてはそろそろ一台のハードのみで済む時代が来て欲しいす

    ポチありがとうございます

    [ 積み立て氏 ]

    2012/2/12(日) 午後 10:57

    返信する
  • 顔アイコン

    メラミさん

    当時自分もええええ!?でしたからw

    もし実現してたら面白かったかもしれませんね〜
    任天堂×ソニーのハードだったら
    プレステの近未来のイケメン祭りのFFでなく
    クリスタルと召喚獣と魔法のファンタジーFFのままだったかも

    サウザーの愛の劇場・・・あくまでフィクションですw

    でも任天堂にとっては逃がした魚は大きかったのかもという
    思いもあるけど今思えばこれで良かったかもしれませんな

    ポチありがとうございます

    [ 積み立て氏 ]

    2012/2/12(日) 午後 11:03

    返信する
  • 顔アイコン

    大丸さん

    当時プレステの生み親の久夛良木さんがソニー社員時代に
    このスーファミCD-ROMの話持ちかけたのが最初らしいですね
    あのまま共同開発してたらもしかしたら
    こんな凄いゲームハードが出来たかも?っていう
    夢物語嫌いじゃないです(*゚∀゚*)

    [ 積み立て氏 ]

    2012/2/12(日) 午後 11:19

    返信する
  • 顔アイコン

    ょうくnさん

    ゲーム機的にはソニーの方向性が一番好きですね〜
    ただハードのサポート面はソニーは糞ですがね
    ょうくnさんがおっしゃてる通り
    ゲームの質とかは任天堂だと思いますね
    勿論ユーザーに対しても質も任天堂ですかねw
    そういう意味ではお互い足りない部分を持ってる
    任天堂とソニーが組んだら面白かったかもw

    SFCのCD-ROMが発売されてたら
    どう発展していったんでしょうね〜
    お互いゲーム売る方向性が違ってましたから
    どこで関係を解消してたかもしれません
    でも少しやってみたいような気がしますw

    [ 積み立て氏 ]

    2012/2/12(日) 午後 11:30

    返信する
  • 顔アイコン

    ももっぴさん

    こうして二人はライバルに・・・ですね
    どの世界も弱肉強食ですからね
    お互い競い合ってイイモノができる!!んでしょうな
    でも買う側としたらモンハンのために
    PSP買ったり3DS買ったりとかするのは少々つらい(;´∀`)

    [ 積み立て氏 ]

    2012/2/12(日) 午後 11:33

    返信する
  • 顔アイコン

    BIGさん

    当時そんな意識してませんでしたね
    ちょこっと発表されていつまにか中止にって感じでしたから
    メーカー間ではゴタゴタしてたんでしょうけどね

    当時2万7千円でも買ってましたね〜
    結局は16ビットマシンでCD-ROMですから
    スト兇箸完全移植版は無理だったかもしれません(;´∀`)
    でも出てたら売れてたでしょうね〜
    サードパーティーもSFCからの参入メーカーそのままだし
    自分も結果的に32ビットのプレステになって正解だと思います
    正直ROMカセットは高すぎでしたよね(;´∀`)
    ハイスペックのゲームハードのプレステで
    CD-ROMソフトが5800円は衝撃でしたね(*゚∀゚)=3

    [ 積み立て氏 ]

    2012/2/12(日) 午後 11:43

    返信する
  • 顔アイコン

    モナカさん

    同感です!!まさにそうだったかもしれない
    任天堂はサードより自社優先する傾向が当時もありましたね
    SFCの時は上手くやってたのが不思議でしょうがない
    そういう意味では当時のソニーの方が
    サードのメーカーとしたら伸び伸びできたかもしれませんw
    PS3時代の今はその逆になってしまいましたが(^ω^;)
    そういう意味では64から任天堂の方向性が変わってしまいましたね

    でも元がSFCですからCD-ROMという光ディスクで
    どうゲームが変わったんでしょうかね〜
    16ビットだから3D表現は無理でしたでしょうなぁ〜
    そういう意味ではJRPGとか凄く面白い作品で遊べたかもですね
    ロマサガ4とか聖剣の続編とか出たかもしれませんなw

    [ 積み立て氏 ]

    2012/2/13(月) 午前 1:22

    返信する
  • 積み立てさん、おはようございます♪

    こんな事が有ったなんてΣ(゚д゚lll)
    あの頃のSFCのソフトは高かったですからねぇ〜ドラクエなんて1万超え…
    それが半値で、しかも美しく遊べるなんてソニ子ちゃん別れて正解よw

    この頃SFCは家庭に1台どころか、1人1台だったもんなw

    でもなぁwクリスタルと召喚獣と魔法のファンタジーFFだったら
    私もまだプレイしてたかも(´Д` )

    トリプルでポチッと☆

    [ めぐみ ]

    2012/2/13(月) 午前 7:21

    返信する
  • 顔アイコン

    めぐみさん、おはようございます♪

    ちょっと話題になっただけでしたからね〜
    あの時代はハードよりソフトの話題のが注目されてたかもw
    確かにSFCカセット高過ぎでしたね
    後半なんて1万2000円ぐらいするゲームもありましたから(;^o^)
    ソニ子ちゃんの本体はコストがかからない光ディスクだったから
    ゲーセンクラスのゲームが低価格で買えたのが魅力でしたね

    FCほどじゃないけどSFCは高くても結構普及してましたよね
    ある意味バブルだったんでしょうな〜

    FFはプレステになってから
    面白いのと微妙な作品とバランス悪かったですからね〜
    SFC時代のFFはハズレ無かったですもんね〜

    ポチどもです

    [ 積み立て氏 ]

    2012/2/13(月) 午前 11:45

    返信する
  • これニコ動で見たときはビックリしました。
    SFC、GBで遊んでいた世代ですけどこんな話があったとは…って感じです。
    SFC末期のサテラビューとコンビニでゲーム買うカートリッジは覚えているのですが…w

    アルカンサス君

    2012/2/13(月) 午後 11:41

    返信する
  • 顔アイコン

    アルンカサス君さん

    あ〜ゲームハード大戦の動画ですね?(^ω^;)
    SFC世代の方なら結構ファミマガ、ファミ通で見ませんでしたか?
    あ〜ありましたねサテラビュー&ローソンのカードリッジw
    あのあたりにですね任天堂がおかしな方向に行き始めたのは・・・

    [ 積み立て氏 ]

    2012/2/15(水) 午前 11:44

    返信する
  • 顔アイコン

    今では考えられない任天堂とSONYの大連立。もしこの「スーパーファミコンCD-ROMアダプタ」が発売されていれば、任天堂はずっと一人勝ち状態だったし、SONYは任天堂と一緒に64(光ディスクドライブ搭載)、ゲームキューブ、WII、WII Uを作っていた。

    [ マイケルたかお ]

    2012/5/26(土) 午後 4:51

    返信する
  • 顔アイコン

    任天堂が「スーパーファミコンCD-ROMアダプタ」を発売させた場合、ソフトはこんな感じかな?
    任天堂
    「スーパーマリオブラザーズCD」、「ゼルダの伝説CD」、「F-ZERO CD」、「メトロイドCD」、「星のカービィCD」、「スターフォックスCD」、「マーヴェラス 〜もうひとつの宝島〜(CD版)」

    サードパーティ(ソフト会社)

    「ドラゴンクエストCD」、「ファイナルファンタジーCD」、「クロノトリガー(CD版)」、「ロマシング・サガCD」、「ライブ・ア・ライブCD」、「聖剣伝説CD」、「ウルトラマンCD」、「機動戦士ガンダムCD」、「仮面ライダーCD」、「ストリートファイターCD」等など

    [ マイケルたかお ]

    2012/5/26(土) 午後 4:58

    返信する
  • 顔アイコン

    マイケル村田さん

    はじめまして補足情報ありがとうございます。
    この大連立が実現してたら今も任天堂一人勝ち状態でしたでしょうな

    SFC CD-ROMのソフトも実現していたら夢は膨らみますな〜ドラクエCDとかFFCDとかやってみたかった〜

    [ 積み立て氏 ]

    2012/5/26(土) 午後 6:24

    返信する
  • 任天堂の裏切りにはCD-ROMの存在を恐れていた以外に、ソニーがCD-ROM開発していた時のパートナーのフィリップスと提携していたのです。
    当時のE3のソニー側発表の翌日に任天堂がフィリップスとの提携発表があったことがありました。

    昨年にそのフィリップスの特許侵害で訴えられ、さらに世界的にPSプラットホームにシェアを奪われる踏んだり蹴ったりな状況になろうとは・・・

    [ kou*i2*37_*a*ao ]

    2015/7/9(木) 午後 9:06

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事