全体表示

[ リスト ]

バン・パイン離宮

 2006年6月に行ってきました。


 久しぶりのドライブ!ということで、まだ行っていなかったバン・パイン離宮に行って来ました。バンコクから1時間。

 まずはバンコクの西方を南北に走るスィー・ラット高速で北へ。Chaeng Watthana方面へ向えば、そこから先は別料金のウドーンラッタヤ高速。Thammasat Univ.方面へと向かい終着のPhayathaiに来れば、そこで国道9号にぶつかるので右折、さらに左折して国道32号へ。アユタヤの手前、「Bang Pain」の表示に従って左折して道路沿いに行くと、すぐに見えてきます。
イメージ 1

 入場料タイ人は30B・外国人は100B。ここでは有無を言わさず100B取られました。王宮と同じドレスコードが適用されるので、半袖・長ズボンor膝下スカートで行きましょう。入口近くにレンタル電気カート400Bがあるけれど、離宮内はゆっくり歩いて30分。

 1632年にプラサート・トーン王によって建造されたもので、アユタヤー王朝歴代君主が夏の離宮として使用したとか。一時は荒廃したけれど、ラーマ4世により再建されたので、建物が比較的新しいです。西洋風・中国風・タイ風と様々な建物があったり、手入れの行き届いた庭には動物の形とした植木があったりと、なかなか面白いです。残念なことに有名な水上パレスは修復中でした。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 通常、旅行会社のツアーではアユタヤ見学の後にここに来るようで、日本人観光客ばかりでした。アユタヤに行った後で余力が残っているのなら、日本からのお客さんを連れてくるといいかもしれません。

 せっかく近くに来たからと、バンサイの「Bansai art and craft village」に行きました。王室プロジェクトの王妃様主催の工房&売店が集まっているところで、タイムズスクエアの「ナラカン」で売っているような籠バッグが900Bと安いです。他に惹かれたものはなかったので、時間と体力的に余裕があるのなら覗いてみるといいかもしれません。隣にも王女様主催の似たような展示場があります。こちらはタイ雑貨を普段の生活の中でどのように使うか、という展示スペースや、近隣諸国の雑貨が展示されたスペースがありました。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

たれれ様
私もアユタヤへのツアーの行きがけに寄りました。
とても綺麗な離宮でしたね。あまりにも美しいので一日中いても
いいかなーと思ってみました。

2008/10/14(火) 午前 8:14 友人 返信する

友人さん>改めて見ると、よく手入れのされた素敵な離宮でしたね〜。ほんと、1日ごろごろしていても良さそうです。

2008/10/14(火) 午前 9:38 みわ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事