全体表示

[ リスト ]

 テレビで「醍醐の女人堂の開扉は11月3日まで」とあったので、急遽行ってきました。
 巡礼7回目の今回は、京都近辺のお寺です。


 まずは醍醐寺。http://www.daigoji.or.jp/
 最寄り駅は、地下鉄東西線の醍醐駅。駅前は、新興住宅街が広がっていました。
イメージ 1

イメージ 2

 駅から歩いて20分ぐらい。駅からバスも出ているよう。
イメージ 3

 醍醐山そのものを境内とし、金堂などの伽藍がある下醍醐と、開山堂などがある上醍醐に分かれます。
 地図の下醍醐だけでも、かなりの広さ。
イメージ 4

 入ってすぐ左が三宝院。お庭が素敵だそう。
イメージ 5

 国宝の唐門。朝廷からの使者を迎える時だけ開かれた扉。
 大きな紋が見事です。
イメージ 6

 仁王門前。春の「秀吉の花見行列」はこの辺でやるのかな。
 桜も紅葉も綺麗そうです。
イメージ 7

 仁王門。豊臣秀頼が再建したもの。
イメージ 8

 中には素敵な伽藍が広がりますが、紅葉の時期に旦那と来ようと思います。
イメージ 9

 今回の目的は、女人堂。なので右へ。
イメージ 10

 近所の小学生が、落ち葉拾いに来ていました。なんだかのどかな光景。
イメージ 11

 女人堂へは、伽藍の横の道を抜けていきます。
イメージ 12

 途中、国宝の五重塔が少しだけ見えました。
イメージ 13

 歩いてすぐに、山道となります。右を見たら廃屋があってびっくり。
イメージ 14

 ここから上醍醐までは2.7km、60分!
イメージ 15

 伽藍から10分ほどで、女人堂入り口。
イメージ 16

 上醍醐への登山口でもあります。
イメージ 17

 女人堂。准胝観世音菩薩の分身を祀ります。
 お前立ちを拝見したけれど、暗くてよくわかりませんでした〜。
イメージ 18

 さて、ここでお寺の由来を。

 開創は874年。理源大師・聖宝が五色の雲がたなびく山に登ると、そこへ地主の神・横尾明神の化身が現れました。そばに湧く清水を飲んで化身が「あぁ、醍醐味なるかな」と言ったそう。これに感得した聖宝は霊木に准胝・如意輪の両観音を刻み、庵に安置したのが寺の起源だとか。後に、聖宝に帰依した醍醐天皇は寺を御願寺とし、伽藍を建立。

 その庵があるのが山上の上醍醐ですが、今年の8月にご本尊を祀る准胝堂が雷で全焼。現在納経は女人堂で受け付けています。
イメージ 19

 女人堂の向かいに、聖宝をはじめ色々な仏様が。
イメージ 20

 本当は、ここから上醍醐に登れます。
 来年のご本尊ご開帳までには、修復できるといいですね。
イメージ 21


 下醍醐に戻り、色々見学。
イメージ 22

 京都駅ビル内にもある、醐山料理「雨月茶屋」。http://www.ugetsuchaya.com/
 隣の駐車場には観光バスがたくさん止まっていたので、皆さんここで食事をされるのでしょう。
イメージ 23

 春と秋のみ公開される、霊宝館。
 1人で見たら旦那が可愛そうなので、今度一緒に来ます。
イメージ 24

 '09春 http://blogs.yahoo.co.jp/tarere3/39636578.html

 醍醐駅に戻り、次は番外・元慶寺へ。つづく。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事