全体表示

[ リスト ]

 続いて、番外札所の元慶寺。
 番外は、三十三所には入らないけれど、徳道上人や花山法皇にゆかりのお寺のこと。
 この前の法起院・元慶寺・花山院の3つです。

 その他、満願のお礼参りの番外として、四天王寺・東大寺二月堂・高野山の奥の院・比叡山の根本中堂・長野の善光寺の、いずれか1つにお参りすればいいようです。


 元慶寺の最寄り駅は、地下鉄東西線の御陵駅。「ごりょう」ではなく「みささぎ」。
 ここは、方向音痴な人にとっては、西国巡礼最大の難所!
 駅の地図の範囲外だし、道中看板もないので、事前に地図を印刷するか、こんな本をゲットしておきましょう。
イメージ 16

 わかりやすさがウリの?たれ旅ブログ。ばっちり写真を撮ってきました!これで必ずたどり着けるはず♪

 御陵駅3番出口を出て、左へ。駅前の通りは三条通りなんですね〜。
 日ノ岡交差点を左折。
イメージ 1

 ひたすら道なりに歩き、突き当たり(三叉路)は、左側の大きな通りへ。
イメージ 2

 道なりに歩き、ここでは左へ。
イメージ 3

 JRの線路を潜ります。
イメージ 4

 地下通路を出たところ。左右どちらでも行けましたが、右へ。
イメージ 5

 わかるような、わからないような、地図。
イメージ 6

 道なりに歩き、この北花山交差点を左折。
イメージ 7

 ここでようやく案内看板が。2本目を左折、と思っていたけれど……
イメージ 8

 元慶寺は←、の看板。1本目はどこだったのだろう。
イメージ 9

 竜宮城のような門が見えてきました。
 御陵駅から、ゆっくり歩いて30分ぐらい。
イメージ 10

 こういう、こじんまりとしたお庭は大好き♪
イメージ 11

 このお寺を開いたのは僧正遍照。桓武天皇(第50代の天皇で、平安京を造った)の孫にあたり、歌人としても有名。本尊は薬師瑠璃光如来。
イメージ 12

 花山法皇は冷泉天皇の第1皇子として生まれ、17歳の若さで第65代の天皇に即位。しかし、在位2年で退位。藤原家の権力争いによるものだとか。986年に出家を決意し、元慶寺にて剃髪、花山法皇となったのでした。
イメージ 13

 花山法皇は、どんな気持ちで、西国巡礼復興の旅に出たのでしょうね。
イメージ 14


 帰りは、門を出て左へ、その後道なりに。地下通路を出て左折した場所に出てきました。
 でも、案内看板がないので、地下通路を出て右折した方がわかりやすいです。
イメージ 15

 地下鉄東西線に乗るついでに、次は、第19番革堂へ。つづく。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事