全体表示

[ リスト ]

<08年11月15日〜16日 城崎温泉&天橋立>

★大阪から城崎温泉に行くと決めたら

 西国三十三所巡りは、関西旅行でもあります。京都・奈良・和歌山・兵庫・滋賀・岐阜と広範囲にあるので、ちゃんと計画を立てないと効率良く周れません。そして昔の人も、お寺を巡礼するついでに観光地に寄り息抜きしたようで、色々なガイドブックもあるのだとか。

 日帰りだと巡礼だけで終わってしまうことが多いので、成相寺と松尾寺のご本尊ご開帳に合わせて11月に天橋立周辺を旅行することを計画。天橋立周辺に泊まるか、城崎温泉まで足を伸ばすか迷っていたところ、「11月6日からかに漁解禁」情報ゲット。城崎温泉では津居山がにが食べられると判明し、城崎温泉に泊まることにしたのでした。

 宿を探したのが10月31日。11月15日に空室があった宿は2軒だけで、HPを見て良さそうだった1軒にお願いしました。これが大当たりでした!


1日目:

 出石で蕎麦&コウノトリの郷公園 http://blogs.yahoo.co.jp/tarere3/37102156.html



2日目:

★津居山フィッシャーマンズビレッジ

 天橋立に行く前に、少しだけ北上して(車で10分)津居山フィッシャーマンズビレッジへ。津居山港漁協の直営店なので、普通のお店より新鮮&安い…はず。
イメージ 1

 昨日のタグに「第二大和丸」と書いてあったので、その船を探したけれど、港にいたのはイカ釣り船ばかり。
イメージ 2

イメージ 3

 津居山かにのおかげさま。
イメージ 4

 店頭には、
イメージ 5

 活カニが並びます。
イメージ 6

 とれたての活かに。もちろん、全部青タグ付き。
イメージ 7

 店内には、かにだらけの大きな水槽が。かに以外も売っていますよ。
イメージ 8

 冷凍ロシア産の茹でがには良く見かけるけれど、とれたてのかにを茹でたものは初めて見ました。
 茹でがには、かに料理の中で一番難しい調理法だそう。塩加減でしょっぱくなり過ぎたりするから。
イメージ 9

 ちょっと食べにくいかな?と思ったけれど、主婦歴数十年なら大丈夫でしょうと、実家へお歳暮代わりに送りました。翌日には着いて「早速食べた」とメールが。美味しかったようです♪

 2日目はあいにくの雨模様。この時は、かろうじて曇り。
 山と田んぼが広がる景色を見つつ、一路東へ。三原峠を越えると、兵庫県豊岡市から京都府京丹後市に入ります。
イメージ 10

 久美浜湾が見えてきたので、ちょっと休憩。
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13


★天橋立&智恩寺

 日本海側から山側に入り、丹後半島の根元を東へ突っ切り、津居山から1時間半で天橋立周辺。
 http://www.amanohashidate.jp/

 まずは、西国28番・成相寺 http://blogs.yahoo.co.jp/tarere3/37100861.html

 宮津湾沿いに走り、対岸へ。

 車を停めるのに、ベストは智恩寺の駐車場(600円)ですが満車。近くの土産物屋の駐車場は1000円とぼったくり。天橋立駅前の駐車場は無料だけど満車。徒歩10分ほど戻り、500円の駐車場に停めました。

 天橋立駅。大阪・梅田からここまで阪急バスが出ています。2500円ぐらいだったかな。
イメージ 14

 駅前の、知恵の輪。
イメージ 15


 どうして知恵の輪かというと、近くに「三人寄れば文殊の知恵」で有名な智恩寺があるから。
 http://www.monjudo-chionji.jp/
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 文殊堂が見えてきました。
イメージ 19

 ご本尊は、文殊菩薩。
 この切戸文殊、奈良県桜井市・安部院の安倍文殊、京都・金戒光明寺(または、山形県・大聖寺の亀岡文殊)が、日本三文殊。
イメージ 20

 境内には、「文樹」も。
イメージ 21

 成相寺からは「斜め一文字」の天橋立。ここからは「横一文字」の天橋立が見られます。
イメージ 22


★舞鶴へ

 天橋立から、一路東へ。
 由良川(北近畿タンゴ鉄道丹後神崎〜丹後由良の間)にかかる、KTR由良川橋梁。
 大正13年(1924年)に完成してから、大規模な改修を施すことなく活躍する現役の橋梁。
イメージ 23

 北近畿タンゴ鉄道の車両がここを通る時に、乗客に風景を見てもらう為に一時停止するそう。
 古びた一両編成の車両と古びた橋梁の、哀愁漂う風景は、カメラマン&鉄道マニア必見。

 西舞鶴、東舞鶴と超えて、西国29番・松尾寺 http://blogs.yahoo.co.jp/tarere3/37101348.html

★大阪へ

 帰りは、舞鶴東ICから舞鶴若狭自動車道。綾部ジャンクションで京都縦貫自動車道へ。
 全線開通すれば京都市内西側まで行けるのですが、京丹波わちICまでしか完成しておらず、途中で国道27号へ。

 途中、道の駅「和(なごみ)」で休憩。
 地元の野菜なども売っていて、活気のある道の駅。
イメージ 24

 丹波と言えば、黒豆。そこで頼んだ、黒豆うどん630円。
 黒豆が入っているだけかと思ったら、うどんに黒豆が練りこんでありました。
 道の駅のレストランにしては美味しい。
イメージ 25

 出石のそば・城崎(津居山)のかに・丹波の黒豆。
 コウノトリ・日本三景の天橋立・日本三文殊の智恩寺・美人&珍しい観音様。

 食事も観光も温泉も、盛りだくさんな北近畿旅行でした♪

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事