全体表示

[ リスト ]

 三井寺の次は、石山寺。http://www.ishiyamadera.or.jp/

 三連休&紅葉の時期&西国・花山法皇一千年御忌&源氏物語千年紀。
 色々好条件が重なったので、付近の駐車場は一杯。車を停めるのに30分ほどかかりました。
 京阪・石山寺駅から歩くのがベスト。
イメージ 1

 東大門をくぐると、見事な紅葉が出迎えてくれます。
イメージ 2

 彦根城の「ひこにゃん」と並ぶゆるきゃら、「おおつ光ルくん」。
イメージ 3

 本堂を巡った帰りに、本人(?)に遭遇。カメラを向けたらピースサインを出してくれました♪
イメージ 4

 紅葉を愛でながらお茶を頂くこともできます。
イメージ 5

 西国のご本尊ご開帳は来年なので、今年は源氏物語一色。
イメージ 6

 境内には色々ありそう。
イメージ 7

 入山料500円。源氏物語のイベントとの共通券だと1000円。
イメージ 8

 くぐり岩。みんなくぐっていました。
イメージ 9

 本堂に向かう途中で。光が差し込んで、グラデーションが綺麗。
イメージ 10

 正面に、岩山と紅葉が!
イメージ 11

 寺名の由来である硅灰石(天然記念物)と、紅葉と、後ろに多宝塔(国宝)。
イメージ 12

 写真だとあまり迫力が伝わりませんが、今まで巡った西国のお寺の中でもNo1の光景。
イメージ 13

 さらに階段を上って、本堂へ。
イメージ 14

 開創は747年。大仏建立のため、黄金の調達を命じられた良弁僧正は、蔵王権現から近江国の滋賀へ行けとのお告げを受けた。そこで石山に来て、お告げのあった岩の上に如意輪観世音菩薩像を安置し祈願したのが始まりだそう。
イメージ 15

 ご本尊の如意輪観音菩薩のご開帳は来年。でも、300円で内陣にてお前立ち&胎内仏を拝観することができます。胎内仏は飛鳥時代のもので、仏像ファンなら必見。如来立像は聖徳太子の念持仏ではないかという説も。
イメージ 16

 舞台からも紅葉が。
イメージ 17

 本堂横「源氏の間」。紫式部が源氏物語を書いた部屋だそう。
イメージ 18

イメージ 19

 多宝塔へ向かう途中で。なんて綺麗な紅葉!
イメージ 20

 多宝塔。1194年に建立されたもので、多宝塔の中でも最も優れて美しい姿をしているそう。
イメージ 21

 背後の庭も素敵。
イメージ 22

 帰り際に、また岩山の紅葉を堪能。
イメージ 23

イメージ 24

 石山寺中興の祖、朗澄大徳ゆかりの庭園。
イメージ 25

 続いて近くの、第12番岩間寺へ。 つづく。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

石山寺は以前にもは何度も行ったことがありますが、西国巡りを行いだして、どうしても、行く機会や近くまで行きながら立ち寄れないのです。写真見せていただいて懐かしかったです。

2008/11/29(土) 午前 10:23 [ siroyama hanako ] 返信する

shiroyamaさん>石山寺は、春も初夏も綺麗そうですね〜。来年はご本尊ご開帳なので、その時に行く機会があればいいですね♪

2008/11/29(土) 午後 9:05 みわ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事