全体表示

[ リスト ]

近江八幡

 大阪に来た時に「関西各地をドライブしよう〜」と思って買った、まっぷる「ベストドライブ京阪神」。西国巡礼を始めてから、気がつけばこの本に載っているルートの大半を制覇していました。いつもお寺ばかりで周辺の観光をしていないので、今日はのんびり観光する為に事前に予習をしていきました。

 名神から、近江富士。どの辺で見たのだっけ…。
イメージ 1

 途中、黒丸PAで休憩。女子トイレはぬいぐるみなどが置かれて可愛かったので、思わず撮影。
イメージ 2

 黒丸PAのコンビニにて。滋賀といえば、彦根城のひこにゃん。
 元々は普通の白ネコだったけれど、殿様を雷から救ったので、兜をもらって城に住み着くようになったそう。
イメージ 3

 八日市ICで下りて、琵琶湖方面へ。
 田園の中を東海道新幹線が横切る風景は、まるで実家近くのよう。
イメージ 4

 兵庫もそうですが滋賀は、和歌山のように高い山ではなく中ぐらいの山が多いので、全体的にの〜んびりした景色が広がります。
イメージ 5

 ここで、西国32番・観音正寺へ。http://blogs.yahoo.co.jp/tarere3/37636364.html

 もう1冊愛用しているのが「西国三十三カ所ウォーキング」。それを見て初めて、この辺に安土城があったことを知りました。安土城は完成して3年で焼失してしまったので、今は城址が残るのみ。スペイン・セビリア万国博覧会に出展された、幻の安土城の5・6階部分の原寸復元を見ることができる「安土城天主信長の館」などがあるよう。

 でも、我が家は2人とも城には興味がないので、素通りして安土駅へ。
イメージ 6

イメージ 7

 安土桃山と言えば、織田信長。
イメージ 8

イメージ 9

 NHK大河ドラマ「利家とまつ」ははまったので、愛知の清洲城は行ったのだけど…。
 信長が安土に来たのは、清洲の前?後?
イメージ 10

イメージ 11

 地下道入り口兼土産物屋さん。お城の何かを模しているのかな?
イメージ 12

 安土駅を後にし、琵琶湖の方へ。
 まずは、西国31番・長命寺。http://blogs.yahoo.co.jp/tarere3/37635899.html

 近江八幡といえばこれ、日牟禮(ひむれ)八幡宮。http://www5d.biglobe.ne.jp/~him8man/
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 八幡様といえば、応神天皇。
 元々は成務天皇が武内宿禰に命じて、この地に大嶋大神を祀ったのが始まり。
 一条天皇の勅願により、991年に八幡山に社を建て、宇佐八幡宮を勧請して上の八幡宮を祀ったそう。
イメージ 16

 八幡宮の近くにある、クラブハリエ。http://clubharie.jp/
 バウムクーヘンが有名なお店で、梅田の阪神百貨店ではいつも大行列。
 神戸発のお店かと思ったら、本店はここなんですね。
イメージ 17

 さて、近江八幡の街を探検。
イメージ 18

 近江八幡は、近江商人の町。近江商人とは近江で商いを行う商人ではなく、近江を本宅・本店とし、他国へ行商した商人の総称だそう。織田信長の楽市楽座の自由商業主義のもと、活発に活動を続けた商人たちは、南ははるか安南(ベトナム)やシャム(タイ)まで行ったそう!

 白雲館。八幡東学校を復元したもの。
イメージ 19

 近江八幡といえば、「メンターム」の近江兄弟社。
イメージ 20

イメージ 21

 ところで、女性なら必需品のリップクリーム。「メンターム」と「メンソレータム」があり、どっちがどっち?と思ったことはありませんか?

『近江兄弟社の以前の主力商品はメンタームではなくメンソレータムであった。メンソレータムは、アメリカ合衆国の「メンソレータム社」の製品であり、近江兄弟社が日本国内の販売権を持ち日本国内向けに販売、その後製造も手がけるようになった。しかし1974年に近江兄弟社は倒産し、メンソレータムの販売権も返上した(その後翌年の1975年にメンソレータムの販売権はロート製薬が取得、さらに1988年にはメンソレータム社本体もロート製薬に買収された)。

 近江兄弟社は、その後大鵬薬品工業の資本参加で再興をはかったが、そのときにはもうメンソレータムの商品名を使うことができなくなっていた。そのため、メンソレータムの製造設備を利用し、現存の「メンソレータム」とは多少は処方が異なるがほぼ類似した「メンターム」を製造販売した。この「メンターム」を、自社の主力ブランドとして育て、今に至っている。なお、メンソレータムもメンタームも医薬部外品である。』(from Wikipedia)

 なのだって。

 新町通り。碁盤目に区画された街並みに残る商家や白壁の土蔵群。
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 京都の街並みを見慣れているとまぁまぁですが、東京から来たら感激するのでしょうね。

 気がつけば15時前。旅行中はお昼を食べ損ねてしまうことがよくあるのですが、偶然通しで営業中のカフェを発見。それも近江牛が食べられそう。
イメージ 25

 近江牛の牛丼800円。牛丼のお肉は固くなったりしょっぱかったりする事もあるけれど、ここのは美味しい!近江牛だからか適度に脂がのって柔らかく、味付けも丁度いい。カフェにしてはハイレベルな1品。近江八幡に来たらぜひぜひ立ち寄ってみて。
イメージ 26

 八幡掘。琵琶湖から続くお堀で、たまに観光ボートが行き交います。
イメージ 27

イメージ 28

 地方の街を訪れるのなら、日本史を知っていると楽しそうです。
 安土を訪れたのだから、次は京都・伏見桃山に行こうと思っています。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

初めまして。
関連記事から来ました。

記念に足跡残していきます。
ペタリ。

2010/9/25(土) 午前 0:21 [ haruyama_arch ] 返信する

haruyama_archさん☆

いらっしゃいませ!
近江八幡は、いい街ですよね〜♪

2010/9/25(土) 午後 1:27 みわ 返信する

顔アイコン

近江八幡には行かなかったけど、こういう風景なのね〜
今度、気候がいい時に行こうっと!
安土はほんと、何にもないところだけど、のんびりとした街だったね 削除

2011/1/17(月) 午前 0:13 [ ラーダ ] 返信する

ラーダさん☆

今見直してみると、千葉県の佐原もこんな感じだった気がする。
確か、川越も小京都と呼ばれているんだよね?
あちこち見比べてみると楽しいかも(*^_^*)

2011/1/17(月) 午後 6:27 みわ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事