全体表示

[ リスト ]

飛鳥

<09/3/22>

 大阪にいるうちにぜひ行きたかったのが、奈良の飛鳥。http://www.asuka-park.go.jp/
 西国巡礼で岡寺などには来たけれど、ゆっくり回るのは今回が初めて。



★亀石

 何のために造られたのかは謎のまま。
 この亀が西を向くと大洪水になるそう。ガメラみたいに回るのでしょうか!?
イメージ 1


★石舞台古墳

 石舞台駐車場に隣接する「夢市茶屋」でお昼。
イメージ 2

 古代米御膳1050円。古代米をはじめ奈良の野菜盛りだくさんで、この値段。どれも美味♪
イメージ 3

 こういう景色は久しぶり〜。もう少し暖かければ、外でお弁当を広げても良さそう。
イメージ 4

 これが有名な石舞台古墳。巨石を39個積み上げた、日本最大級の石室古墳。
イメージ 5

 写真中央のたれぱんだと比べると、こんなに大きい。
イメージ 6

 それでは中へ。
イメージ 7

 蘇我馬子の墓だという説もあるこの古墳。
 1つ1つの石は、エジプトのピラミッドで使われている石より大きい!
 おまけにこの巨石、どうやって積み上げたのだろう…。1400年の間崩れなかったとは凄いですよね。
イメージ 8

 菜の花畑と、石舞台古墳。1400年前もこんな景色だったのでしょうか。
イメージ 9

 桃の花が咲いていました。
イメージ 10

イメージ 11

 2月に南部の梅を、さっき吉野の近くで桜を見てきたけれど、桃も濃いピンクが綺麗です。
イメージ 12


★飛鳥寺

 西国巡礼のおかげですっかりお寺ファンになった私が一番行きたかったのは、飛鳥寺。
 588年に蘇我馬子が発願し、596年に創建された日本最初のお寺なのです。
 
イメージ 13

 かつては大伽藍でしたが、火災により焼失し、江戸時代に再建。
イメージ 14

 それでは中へ。
イメージ 15

 609年4月8日、飛鳥大仏開眼。それから1400年。
イメージ 16

 記念の散華を頂きました。今年の4月7日までもらえるそう。
イメージ 17

 日本に仏教が入ってきた時、擁護派の蘇我馬子&聖徳太子と、反対派の物部守屋は対立しました。戦いへと発展し、激戦の最中、蘇我馬子は聖徳太子とともに勝利の暁には飛鳥に大寺の建立をすると祈願しました。勝利した彼らが凱旋した翌年に、この近いに着手しました。

 日本にはまだ寺院建築の技術がなかったので、百済から寺院建築のプロジェクトチームを招請。この頃の朝鮮半島で流行っていた伽藍配置を参考に検討し、瓦作りからスタート。そして、本尊は朝鮮半島で憧れでもあった中国・随様式の仏像を金銅製で作ることに決定。

 その時作られた仏像が、数度の補修はあるものの、そのままの位置・そのままの姿で目の前にありました。岡寺で見て感動した、飛鳥様式の大仏。その元祖。
イメージ 18

 記念の年ということで、住職さんが色々と説明してくれました。
 「こうして記念すべき年に訪れたのも、何かのご縁。みなさんが座っていた場所に、聖徳太子も座っていたのです。そしてこの散華をお渡しするのは、次回は100年後。自分達はその時にはこの世にいないと思うけれど、ぜひご子孫が来て下されば…」と聞いて、じーんと感動してしまいました。

 1200年の京都・1300年の奈良・1400年の飛鳥。飛鳥は都(県庁所在地)ではなくなってしまったけれど、昔のまま残っているのは日本くらいです。その頃ヨーロッパではようやく東ローマ(ビザンツ)帝国ができたくらいです。日本は凄いなぁ。
イメージ 19


★安倍文殊院

 飛鳥から桜井市へ、車で10分くらい。
 もう1つ行きたかったのが、安倍文殊院。http://www.abemonjuin.or.jp/
イメージ 20

 天橋立の切戸文殊とともに、日本三文殊のひとつ。もう1つは山形の亀岡文殊だそう。
 http://blogs.yahoo.co.jp/tarere3/37120916.html
イメージ 21

 内陣拝観は700円。お抹茶付き。
イメージ 22

 三文殊の中で、唯一ここだけ文殊菩薩とご対面できます。獅子に乗った文殊菩薩は凛々しく、見応えがありました。
イメージ 23

 文殊菩薩は卯年生まれの守り神。他の年の守り神の仏様も祀られていました。
 それぞれの守り神については、そのうち「たれ旅こらむ」で書きます。

 ところでこの安倍文殊院。三文殊だけではなく、もっと凄い由来が!
イメージ 24

 「天の原ふりさけみれば春日なる三笠の山に出でし月かも」の百人一首で有名な、安倍仲麿。
 そして陰陽師といえばこの人、安倍晴明。
 彼らの出生地なのです!

 安倍晴明が生まれて以来「あらゆる願いを叶えるご祈祷の寺」として信仰されています。
 ちなみに東大寺と同じ華厳宗なので、葬式などは行いません。祈祷を主としています。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

懐かしい!遠足で行ったっけ!カメ石!・・
飛鳥大仏に隣接する家の改装の図面を知り合いの人に頼まれて一度行ったことがありますが・・・あの周辺は風致地区指定があり、使用していい色まで指定されているため、内部空間の改装だけにしました!

2009/3/27(金) 午後 5:09 [ 沼田博志 ] 返信する

顔アイコン

安倍文殊院、昔会社でウオーキングが流行っていたとき桜井〜吉野まで1日60km歩かされたときの通過ポイントでした!少しダイエットできたと思っていたら、最後に皆で橿原神宮駅前で酒盛りしたら、体重が元に戻っていました・・・?

2009/3/27(金) 午後 5:14 [ 沼田博志 ] 返信する

chiyodeiさん>子供の頃はこの辺にお住いだったんですか?
遠足で世界遺産に行けるなんて、恵まれた環境ですね〜。

京都ではコンビニの外装の色が指定されていると聞いたけれど、飛鳥もそうなんですね。確かに、他と調和が取れていると見ていて和みます。

桜井〜吉野ってかなり距離ありますよね!飛鳥地域だけでも、歩くと半日がかりなのに…。ダイエットってそんなものですよね。また次回頑張ればOK!?

2009/3/27(金) 午後 10:16 みわ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事