全体表示

[ リスト ]

川崎大師 '07

<07/01/13>

 2003年の元旦以来、4年ぶりに川崎大師に行きました。関東の初詣のベスト10にランクインする川崎大師。厄除けと言えばここ!というくらい有名なところです。
 http://www.kawasakidaishi.com/

 東京方面からなら品川で、神奈川方面からなら横浜で、京急本線特快に乗り換え、京急川崎で大師線に乗り換え、川崎大師駅下車。横浜から30分です。
イメージ 1

 駅前から続く参道沿いには土産物屋さんが並びますが、川崎大師と言えばくず餅(川崎大師付近では久寿餅と書きます)とだるまと咳止め飴。とんとこ、とんとこ…飴を切る威勢のいい音が響いて聞いているだけでも楽しいです。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 境内に入り、まずは厄除けの護摩の申し込み。申し込み書を書いて5000円を渡すと、お札引き換え券がもらえます。人数制限があるのかわからないけれど、早めに申し込みましょう。
イメージ 7

 手を洗ってから本堂でお参り。愛用している厄除けの札を買ってから御神籤を引いたら、大吉でした。2003年に来た時も札を買ってから引いたら大吉が出たので、ご利益即効です。護摩の時間まで余裕があったので、境内をフラフラと散歩しました。成田山から移された不動明王や、聖徳太子の像など、本堂の弘法大師以外にも色々と祀られています。

 10分前に、本堂の脇の護摩待ちの列へ。少し遅かったようで、列の前半が本堂に入ったところで満員になってしまったので、指定時間より20分程待たされました。
イメージ 8

 ようやく中へ入ると、お坊さんが仏の前にお札を並べて念仏を唱えているのを、順路に沿って歩きながら静聴し、仏のすぐ前を歩いて願いを託し、そのまま出口へ…というものでした。厄除けの護摩って、お坊さんの後ろにでも座ってお祓いを受けるのかと思っていました。お祓いを受けるのはお札だけなのですね。

 お札授与所に行くと、ちょうどお札ができたところでした。護摩開始時間から40分後にお札が出来上がるので、ちょうど良いタイミングだったようです。これを無事にバンコクに持ち帰り飾っておけば、今年も安泰間違い無し。

 お昼に屋台のやきそばでも食べようかと悩みましたが、結局参道入口のラーメン屋さん。九州出身という事で九州ラーメンは美味しかったです。一時帰国中は好きな豚骨ラーメンを思う存分食べようと思っていたので、最初からラッキーでした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事