全体表示

[ リスト ]

<09/05/02>

 鶴岡八幡宮から、のーんびり徒歩25分。(鎌倉駅からだと徒歩18分だそう。)
 小町大路を南下し、県道311号に出て少し歩くと、見事なつつじが見えてきました。
イメージ 1

 これが、安養院田代寺(田代観音)。
イメージ 2

 安養院と田代寺が合併して、今のお寺に。
イメージ 3

 まずは田代寺について。源頼朝の家臣・田代信綱が、東大寺の僧が中国から持ち帰った千手観音画像を得て、戦場での危難をまぬがれ武功を得たそう。帰依の印に千手観音像を造立し、画像を胎内に納め、1192年に比企ヶ谷に田代寺を創建。

 安養院は、頼朝の妻・北条政子が、夫の菩提を弔おうと、1225年に笹目ヶ谷に建立した長楽寺がおこり。

 鎌倉幕府滅亡の際に長楽寺は焼失し、名越の善導寺と合併して安養院ができ、江戸時代に再度焼失した後に田代寺と合併したそう。

 だから本堂には、千手観音像の前に阿弥陀如来と、2体の本尊が祀られています。
イメージ 4

 本堂の裏に、宝きょう印塔が2つ。左が政子の墓。右が浄土宗の教学を大成した良忠の弟子で、名越派の祖で安養院の住持だった尊観上人の墓とされています。

 その近くに、手枕で寝ている可愛らしい身代わり地蔵が。
イメージ 5

 この後タクシーで、4番長谷寺へ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事