全体表示

[ リスト ]

<09/05/09>

 カキを食べに銚子に行ったついでに、http://blogs.yahoo.co.jp/tarere3/42076936.html
 第27番・円福寺へ。http://www.tcs-net.ne.jp/~enpukuji/

 青い空に朱色が映える仁王門。
イメージ 1

 境内では、子供たちが楽しそうに遊んでいました。
 私も昔は神社の境内で遊んだものだけど、こんな光景は今では珍しくなりましたね。
イメージ 2

 境内左手に見える五重塔。妙に新しいなぁ…と思ったら、
イメージ 3

 4日前に造られたばかりでした!
イメージ 4

 奈良・京都で1300年ものの五重塔を見てきたから、なんだか新鮮。
 1300年前も、完成したばかりの五重塔はこんな風に色鮮やかだったのでしょうね。

 それでは、観音堂へ。
 銚子は米軍機の爆撃に遭い、観音堂が再建されたのは昭和46年だとか。
イメージ 5

 ご本尊の十一面観音菩薩(飯沼観音)は、728年に海中から出現したそう。
イメージ 6

 毎夜のように海中から金色の光がさし銚子の海を照らすので、人々が怪しんでいたところ、漁師の清六と長蔵の夢の中に観音が現れて、網を海に入れて引き上げよ、とのこと。その夢に従うと、60cmほどの観音が瑪瑙石を脇にはさんで上がってきたそう。スリムな観音様でした。

 のちに弘法大師が巡錫し、本尊を開眼した際、下総の守護・千葉氏の系統を引く海上長者という豪族が、大師と本尊に帰依し、壮大な伽藍を建立したのだとか。

 壮大な伽藍は姿を消し、今では観音堂と本堂が、徒歩5分の距離に分かれています。
イメージ 7

 同じ真言宗でも、西国とはやはりお印が違うんですね。
イメージ 8

 ところで今日気がついたのですが、右側のご詠歌は、前のページのお寺のものでした…。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事