全体表示

[ リスト ]

<09/05/31>

 西国三十三所に比べてのんびり巡礼中の、坂東三十三所。
 3回目の今回は、神奈川県のお寺。5勝福寺・7光明寺・6長谷寺・8星谷寺・14弘明寺と行ってきました。

 まずは神奈川西部の小田原市にある、勝福寺(飯泉観音)へ。
 http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/Leisure/Historicsite/iizumikannon.html

 東名高速の厚木ICからおだあつ(小田原厚木道路)で20分、小田原東ICを降りてすぐ。
 街中にあるお寺です。
イメージ 1

 坂東はこじんまりとしたお寺が多いのでしょうか。
イメージ 2

 江戸時代、神田の鋳物師が作った青銅水鉢。
 色々な水鉢を見てきたけれど、これは初めて。
イメージ 3

 昔の小学校には必ずあった、勤勉の手本・二宮尊徳(金次郎)。小田原出身なのです。
 18歳の時に参詣し、旅の僧が読む「観音経」を聞いて観音信仰に目覚めたそう。
イメージ 4

 色々な観音様が勢揃い。
イメージ 5

 それでは、本堂へ。
イメージ 6

 本尊は十一面観音。753年、唐僧の鑑真和上が唐から持参し、考謙女帝に捧げられ、女帝から僧弓削道鏡に下賜されたもの。女帝の死後、道鏡は観音像とともにこの地に移り、寺を建てて像を祀ったそう。後に北条氏代々のあつい庇護を受けてきました。
イメージ 7

イメージ 8

 西国は飛鳥・奈良・平安時代の歴史を知っていると面白いけれど、坂東は鎌倉〜江戸時代の歴史を知っていると面白そう!
イメージ 9

 つづく。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事