全体表示

[ リスト ]

<09/10/18>

 9回目の今回は、茨城県の26番清瀧寺・25番大御堂と回ってきました。
 25番大御堂から紹介します。http://www.bandou.gr.jp/25.htm

 筑波山を目指して行くと、筑波山神社と隣接して、この大御堂があります。
 ちなみに境内には無料の駐車場があるので、土産物屋の駐車場に停める必要はありません。
イメージ 1

 728年に徳一法師が訪れて伽藍を建て、その後、弘法大師が真言密教の道場とし、知足院中禅寺と命名。

 ところで、筑波山は男体・女体の二つの峰を持ち、古来イザナギ・イザナミの二神が祀られ、それぞれ千手観音・十一面観音の権化として崇拝されてきた。そのため、明治までは筑波山神社と知足院中禅寺とは同体だった。

 廃仏毀釈により知足院中禅寺は取り壊され、昭和5年に大御堂が再建されたものの、昭和13年に山津波に遭い、現在の本堂は昭和36年の再建。


 というわけで、小さな本堂が一つあるだけですが、本堂内に祀られたご本尊の十一面千手観音菩薩が凄い。昭和13年の山津波の際、一度は土砂に埋没したが無傷で掘り出されたそう。開扉されているので窓ガラス越しに、穏やかなお顔を拝む事ができます。
イメージ 2

 木々だけが、昔のまま。
イメージ 3

 隣接する、筑波山神社へもお参りしましょう。http://www.tsukubasanjinja.jp/
イメージ 4

 徳川家光が寄進した橋。
イメージ 5

 神社には珍しく、仁王門。
イメージ 6

 …かと思ったら、片方はヤマトタケルでした。
イメージ 7

イメージ 8

 大きな鈴が特徴的な古社。
 ご神体は筑波山で、男体山をイザナギノミコト、女体山をイザナミノミコトとして祀っています。
イメージ 9

イメージ 10

 筑波山詳細→ http://blogs.yahoo.co.jp/tarere3/42055647.html

 つづく。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事