全体表示

[ リスト ]

<09/08/01>

 今年の5月、新聞か何かで、迎賓館赤坂離宮の一般参観のお知らせを見かけました。
 http://www8.cao.go.jp/geihinkan/

 毎年夏に10日間開催されるものですが、去年まで大改修を行っていたので、今年は3年ぶりの公開。
 1日の参観者数が決められているので、ハガキに行きたい日を書いて申し込みます。

 土日は倍率高そうだったけれど、運良く当選し、本日行ってきました♪最寄は、JR四ツ谷駅。


 普段は門が閉ざされており、

イメージ 1

 こんなに遠くにしか見えませんが、

イメージ 2

 今日は西門から入ります。

イメージ 3

 荷物のセキュリティチェックを受け、参観バッジをもらい、いざ迎賓館へ。

イメージ 4

 おおっ!

イメージ 5

 間近で見ると、

イメージ 6

 屋根の上に、

イメージ 7

 鎧兜を発見。

イメージ 8

 さらに両端には、何の鳥?その後ろは地球でしょうか。

イメージ 9

 正面の門も、

イメージ 10

 豪華!

イメージ 11

 それでは、中へ。
 改修直後なのでとても綺麗で、まるで海外の一流ホテルにいるようでした。

イメージ 12

 館内の写真撮影は禁止なので、パンフレットから拝借しました。
 各部屋では、ボランティアの方が説明してくれます。

 まずは、彩鸞の間。表敬訪問の来客の控えの間として使われたり、晩餐会の招待客が国賓に謁見したり、条約の調印式や、国賓とのテレビインタビュー等に使われているそう。

イメージ 13

 インペリアル様式だったか、ナポレオンがエジプトを征服した頃の様式なので、モチーフにスフィンクスらしきものが使われていたりします。

 その一方、ヨーロッパの宮殿ならライオン&鎧とするところを、ライオン&甲冑のモチーフ。
 どうやら陸軍の象徴だそうで、妙なところに日本らしさが隠れています。


 続いて、花鳥の間。晩餐会が催される場所。

イメージ 14

 周囲の壁にはシオジ材が板張りしてあり、若干暗めの印象。木材を使っているのが日本らしさ?
 テレビ東京「美の巨人たち」でも取り上げられた、浪川惣助の七宝焼が見事でした。


 中央階段。

イメージ 15

 さらに、朝日の間。国賓用のサロンで、表敬訪問や首脳会談等が行われます。
 全体的に洋風ですが、壁には京都西陣の金崋山織の織物。

イメージ 16

 最後に、羽衣の間。元々舞踏会場として設計されたので、正面の中二階にはオーケストラ・ボックスが。
 現在はレセプションや会議場として使用されています。

イメージ 17

 謡曲「羽衣」のテーマをフランス人に依頼し、描かれた天井画。
 曲面画法を使い、イタリアの教会で見たような空に続くような空間が広がっています。
 舞踏会場なので、楽器が描かれているのも面白いです。

 シャンデリアは迎賓館内でも豪華なもので、説明の方曰くヴェルサイユ宮殿のものより質はいい、とのこと。シャンデリアにも楽器がモチーフに使われていて、探してみると面白いです。

 個人的には、この部屋が一番気にいりました。和のモチーフを無理に入れていないのがいいですね。


 庭も拝見できました。

イメージ 18

 来客の際には館内に飾られる盆栽も、一挙公開。

イメージ 19

 明治42年に東宮御所として建設されたこの建物は、日本唯一のネオ・バロック様式。
 当時の設計者は「ヨーロッパ風」を目指して頑張ったのでしょうね。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

迎賓館赤坂離宮の見出しにアッァァ・・・
突然、お邪魔させていただきました。
未だに、中に入ったこともありませんでしたので興味深々で伺いました。国賓を御持て成しをするところですから、おいそれとは一般の私たちには無縁の場所と思っていました。
しかし、中を貴方さまのお陰で拝見できました^^:
有難うございました。
黙って帰るのもと思い、足跡を残させていただきました。
お暇なときにでも覗きにきてください。つまらないことばかり綴っております。 削除

2009/10/23(金) 午前 9:17 [ peco ] 返信する

pecoさん>ご訪問&コメント有難うございました!

毎年5月頃公示、8月頃公開なので、来年はチャレンジしてみて下さい♪この写真よりも実物の方が10倍素敵です☆

2009/10/23(金) 午前 10:35 みわ 返信する

顔アイコン

意外と、ヨーロッパのお城のホールは写真より意外と本物はショボかったりするのですが、迎賓館赤坂離宮は日本人の技術の凄さが伝わってきますね!

2009/10/24(土) 午後 4:55 [ 沼田博志 ] 返信する

chiyodeiさん>日本人ならではなのか、細部が本当に細かい!
浪川惣助の七宝焼など予備知識を仕入れてから行くと、見応えたっぷりだと思います。

2009/10/24(土) 午後 7:52 みわ 返信する

アバター

凄いです。びっくりしました。
期間限定で参観出来るのですね。
一見の価値があります。

2011/1/28(金) 午前 11:48 かけさん 返信する

かけさん☆

私も初めて行ったので、びっくりでした!
5月に応募の告知があり、当選すると8月に参観できます。

告知の期間が短い&当選倍率が高いので、運次第ですが、東京に来られる機会があればぜひ♪

2011/1/28(金) 午後 7:37 みわ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事