全体表示

[ リスト ]

04年12月湯西川温泉2

<04年12月25日〜26日 湯西川温泉2回目>

★準備編

 10月31日のこと。「今年の年末年始はどうする〜?」「また湯西川でも行く〜?」「じゃあ、ネットで調べてみよう」「あ、ここ安いよ」というのんびりした会話の結果、また湯西川温泉の「本家伴久萬久」に行くことになりました。

 9月に行った長野の湯田中温泉を予約した時に使った、日本旅行「旬感満彩」を利用。今回は15500円でした。JTBよりも安いです。それにしても、ネットですぐに予約できるなんて便利ですね。


★1日目

 25日は、浅草駅から12時発のきぬ119号で鬼怒川温泉へ。鬼怒川温泉駅前2番線から、14時9分発のバス「湯西川温泉」行き。前回と同じタイムスケジュールです。山を登るにつれ、雪が薄っすらと白く積もっていました。
イメージ 1

 今回泊まったのも十二単館ですが、前回とは異なる趣でした。3階の「桜の夢」でしたが、前回の2階の部屋よりも豪華です。
イメージ 2

 たまたまそこしか空いていなかったのかな?宿帳を書いたら、すぐに露天風呂へ。アルカリ単純泉だけど硫黄泉が含まれているのか、さらりとしつつもつるつるしています。目の前は薄っすらと雪化粧で、氷爆は作りかけでした。
イメージ 3

イメージ 4

 食事の方は、今回は大広間ではなく、4組が入れるだけのこじんまりとしたお部屋で。囲炉裏で焼く串モノは相変わらず美味しいです。十二単のおかみが挨拶に回ってきました。最近着付けをやっているせいか、十二単を着るのは大変だし重いのだろうな、なんて思ってしまいました。
イメージ 5

イメージ 6

 一つ驚いたのが、フランス人のスタッフさんがいたこと。学生さんで、しばらくここでバイトして、次は銀座のお香屋さんに行くとか。日本の文化を学ぶためにバイトしているそうですが、そういう若者もいるのかと感心しました。


★2日目

 体に優しい朝食。
イメージ 7

 26日は、全く観光せずに直帰。11時16分鬼怒川温泉発のきぬ112号で戻り、浅草駅前の回転寿司でお昼を食べて帰宅したら、15時には家に着きました。これぐらいのんびりしているのもいいですね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事