全体表示

[ リスト ]

<14/4/19>
 
まずは、こちらをどうぞ↓
埼玉から巡る、秩父三十四所観音巡礼
http://blogs.yahoo.co.jp/tarere3/47500577.html
 
 
12年に1度の、午年の総開帳かと思ったら、
札所開基が文暦元年。この歳の干支が甲午(きのえ うま)。開基から13回目の甲午歳となり、12年に一度というより、60年に一度の特別な開帳年となります。
という凄い年に、埼玉北部転勤♪
 
 
イメージ 1
 
総開帳は、3/1より11/18まで。

秩父三十四所の札所は、全て秩父周辺(秩父市・横瀬町・小鹿野町・皆野町)にあり、
本庄から秩父は車で1時間で行けてしまうので…

11月までに、のんびりと、1番から順番に巡ろう♪
ということになりました。
イメージ 2
 
記念すべき、第1番札所・四萬部寺
 
イメージ 3
 
西国・坂東を共にした、「日本&世界のパワースポットを巡ったパンダ・ちびたれ」の他に…
日本唯一?秩父三十四所を巡る、大たれ家の「ちびしまねっこ」も一緒です☆
 
イメージ 4
 
秩父霊場は、文歴元年(1234年)2月18日午年に、性空上人ら十三者の神仏・皇族・高僧が、この地の魔を破って巡礼したのが始まり。

四萬部寺は、西国27番・書写山円教寺の性空上人が、自分の死を覚って弟子の幻通に、
「武蔵国秩父に、行基菩薩の刻んだ聖観音がある。私はもう行くことができないので、お前が行って諸人を化度し、霊跡の再発を進めよ」
と遺命したことに始まる。

※西国27番円教寺 http://blogs.yahoo.co.jp/tarere3/37926755.html

幻通は、上人との約束を守って秩父に来て、四万部の経典を読経し、経塚を築いた。(988年)
 
奈良のスーパーお坊さん・行基が、秩父まで来たのも凄いけれど、
上司の命令で転勤?してきた、兵庫の性空上人の弟子も凄いですね〜。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
ご本尊は、行基作と伝えられている聖観音。
12年に1度、直接お顔を拝めるのは、とっても有難いこと。
 
イメージ 8
 
関東三大施餓鬼の一つ、施餓鬼堂もありました。
 
イメージ 9
 
さて、納経所で、秩父三十四所の納経帳(御朱印を押してもらう冊子)を購入します。
赤や青、和紙のもの…6種類くらいありましたが、赤の和紙のものを選びました。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
三十代で、西国・坂東・秩父と百観音制覇してしまうので、
白装束を着てお遍路するのは、定年退職後の四国八十八所の楽しみに取っておきましょう〜。
 
イメージ 12
 
 
ところで。
西国・坂東と違い、秩父は食べるところが少ないです。
必ず事前にチェックしていきましょう。
 
1番札所の後に行ったのは、「二八そば ひらい」。(秩父市山田2675-20)
 
イメージ 13
 
そばの材料に、こだわりあり!
 
イメージ 14
 
もりそば600円。(写真は大盛り+200円)
つるんとした喉越しで、美味しかったです♪
 
イメージ 15
 
 
2番・真福寺につづく☆
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事