全体表示

[ リスト ]

本日のたれ旅は…
 
本庄七福神でも訪れた、普寛霊場(ふかんれいじょう)のお祭りに行ってきました。
 
イメージ 1
 
イメージ 5
 
御嶽教(おんたけきょう)は奈良県奈良市に教団本部(御嶽山大和本宮)を置く教派神道で、神道十三派の一つ。創始者は下山応助とされている。

信者は約50万人。長野県木曽郡木曽町に御嶽登拝の安全を祈願するための神殿である木曽大教殿がある。 御嶽山を信仰根本道場としている。

江戸時代に覚明行者が黒沢口登山道、普寛行者が王滝口登山道を開闢する。御嶽大神を崇拝する信仰者が集団結合して1882年に立教独立。

祭神は国常立尊、大己貴命、少彦名命の三柱の大神を奉斎主神として「御嶽大神」と奉称し、木曽御嶽山の開闢大道彦たる覚明、普寛の二霊神を崇敬神として「開山霊神」と奉称する。また天神地祇八百万神を配祀神としている。

修験道を起源としているが仏教色は薄く祭祀も神道に準じている。
(from Wikipedia)
 
イメージ 2
 
秩父に生まれた木村好八は、江戸の浅見家に養子に行って浅見左近を名乗り、八丁堀に剣術の道場を開いて多くの門弟を抱えていた。

34歳の時、故郷の秩父・三峰山観音院より日照法印が江戸をまわった帰りに左近の元を訪れ「剣より数珠を握って生きなさい」と告げられた。

出家した左近は本明院普寛と名乗り、三峰山観音院で本山派(天台宗)、両神山金剛院で当山派(真言宗)の修行を重ねた。

その後、関東一円を歩いて困窮する人々のために加持祈祷しながら、越後(新潟)の八海山へ登拝して八海山堤頭羅神王を感得。上州(群馬)上野村の三笠山で三笠山刀利天を感得。そして、秩父大滝へ意波羅山大権現を勧請し祀る。

さらに、木曽御嶽山で御嶽山座王大権現を顕現させる。
また、上州(群馬)沼田・武尊山も開闢。
これら五山を「御嶽五山」と称する。

普寛は、本庄市にて入寂。
御嶽教は全国に407カ所ほどの教会・布教所があるが、直轄霊場は本庄のみである。
(パンフレット要約)
 
「火渡りが凄い」とだけ聞いてふらりと来たので、
ここがそんなに凄いところだとは、驚きました。
 
イメージ 3
 
真言宗・天台宗という密教の流れなのか、様々な神事が行われていました。
 
イメージ 4
 
秋季大祭のスタートは、行列から。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
広場へ戻ると四隅に分かれて、祈祷が始まります。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
正面には、木曽御嶽山の神様が祀られているのでしょうか。
 
イメージ 10
 
これで、結界が張られたそうです。
 
イメージ 11
 
準備が終わったところで、福餅撒き。
 
イメージ 12
 
こんなにもらってしまいました(笑)
 
イメージ 13
 
さて、中央の薪に火をつけ始めました。
 
イメージ 14
 
広場の隅では、御嶽山本護摩が。
 
イメージ 15
 
こちらも、火が入りました。
 
イメージ 16
 
中央の薪にも、次々と火が入ります。
 
イメージ 17
 
いよいよ火は燃え盛り…
 
イメージ 18
 
イメージ 19
 
このくらい離れていても、熱さを感じるほどに。
 
イメージ 20
 
竹の棒で叩いて、鎮火させていきます。
 
イメージ 21
 
イメージ 22
 
鎮火したところで、塩を巻き…
 
イメージ 23
 
火渡り修法、開始!
イメージ 24
 
皆さん、普通に歩いているけれど、熱くないのかな…???
 
イメージ 25
 
信者の方が渡り終わったところで、一般客も火渡りに挑戦できます。
 
イメージ 26
 
大たれも挑戦しました!
 
感想を聞いたら、「前の人が歩いたところを歩いたから、熱くなかった」とのこと。
それでは修行になっていないような…。
 
火渡りをした方だけ、特別なお守りがもらえます。
 
 
火渡り修法が終わった後の塩や炭を持って帰る方もいました。
ご利益があるそうですよ。
 
イメージ 27
 
最後に、おそばを頂きました。
木曽(長野)の美味しいおそばです。
 
イメージ 28
 
お寺や神社が好きで、神社のお祭りには行く割には、お寺のお祭り…特に密教系のお祭りには行ったことがありませんでした。
 
 
子どもの頃は近所で、薪を燃やしてお団子を焼く「どんど焼き」などをやっていたけれど、
このように、地元のお母さんみんなでお赤飯を作ったり、地元のお父さんみんなで準備したり、
今回は、関東の御嶽教の方みんなが集まって頑張ったり…
 
単に「神仏行事」ではなく、「地域コミュニティの行事」にもなりうるお祭りの存在は、本当に大事だなぁ…と思いました。
 
世田谷に住んでいた時も、千葉に住んでいた時も、こういうお祭りはなかったから。
 
 
埼玉県北に来て、似たような光景の故郷・神奈川西部の良さをしみじみと感じます。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事