全体表示

[ リスト ]

目次はこちら↓
16年8月湯西川温泉6&日光2


輪王寺を出ると、日光東照宮の表参道に出ました。

イメージ 2

イメージ 1

大河ドラマ「真田丸」でも、豊臣の時代から徳川の時代へ動いている最中ですね。
天下を治め、関東の地を見守る、家康に会いに行きましょう。

イメージ 3

鳥居をくぐって左側に、五重塔があります。

イメージ 4

東京スカイツリーの耐震システムは、五重塔の心柱構造を応用して設計されたんですね!

イメージ 5

表門を抜けると、

イメージ 6

左側に、神厩舎があります。

イメージ 7

猿の彫刻も修復中だそうで、三猿(見ざる、言わざる、聞かざる)だけ、レプリカが展示されていました。

イメージ 8

イメージ 9

陽明門も改修中です。

イメージ 10

陽明門の周囲の装飾も見事です。

イメージ 11

イメージ 12

陽明門の天井部分は、すでに綺麗になっていました。

イメージ 13

御朱印は、唐門の向いで受け付けています。
大混雑しているので、先に御朱印帳を預けてから、次へ。

イメージ 14

共通拝観券だと別料金なので、今までパスしていた、眠り猫を見にいきました。

イメージ 15

あれ?思っていたより小さい…

イメージ 16

そして、これも修復中なので、レプリカでした。
でも、見ればほっこりする子猫ですね♪

イメージ 17

この奥に、奥宮(家康の墓所)があります。

イメージ 18

ここから200段…!

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

拝殿の奥へ行くと…

イメージ 22

家康の墓所がありました。

家康公が天下を統一できたように、埼玉県本庄市のゆるキャラ・はにぽんも1位になれますように!

イメージ 23

下まで戻り、その後、本社をお参り。
内部撮影禁止なので、写真はありません。


2010年に来た時は修復中だった唐門が、綺麗になっていました。

イメージ 24

イメージ 25

彫刻が見事ですね!

イメージ 26

最後に、本地堂へ。
久しぶりに、鈴の音のような鳴龍の声を聞きました。

イメージ 27

徳川家康は、1616年の没後当初は久能山(静岡県)に葬られた。

しかし「一周忌が過ぎたら、日光山に小さな堂を建てて勧請し、神として祀ること。そして八州(関東)の鎮守となろう」という遺言により、翌年日光に改葬。
朝廷から「東照大権現」の神号を贈られ、神として祀られることになった。

2代将軍秀忠が造営した社殿は質素だったといわれるが、
3代将軍家光が行った寛永の大造替は「費用いっさいおかまいなし」とう家光の意向により、
全国から一流の工匠を集め技術の枠を集めたものとなり、豪華絢爛な社殿が完成した。

TKT48を始めて、高崎観光大使&いしかわ観光特使になってから思うのは…

昔の著名な殿様が、お金をかけて作ってくれた街や場所は、今観光名所として後世の役に立っていること。

前田利家が作った加賀百万石の街に兼六園、徳川斉昭が作った水戸の偕楽園、etc。


観光客を集めようとして、同じものを造ろうとしても、造る技術も無ければ予算もありません。
だから私たちは、先代が残してくれたものを大事に大事に守り、後世や外国の方に伝える義務があるのだろうな、と思います。

日光東照宮 http://www.toshogu.jp/

イメージ 30

イメージ 28


そのような想いで、伝統を守っている、日光金谷ホテルに戻りました。

日光金谷ホテルの詳細 → Coming Soon!

イメージ 29

3日目に続く。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

陽明門は、今でしか見られない壁画があるけど、見ましたか?
徳川家康の墓は、見たかったのだけど・・・はとバスツアーには組まれてなく見学できませんでした。

2016/8/27(土) 午後 6:57 竹トンボ 返信する

> 竹トンボさん

そうそう、陽明門のところに壁画がありました!

家康の墓は、普通は共通拝観券で入ると別料金なので、ツアーでは見学しないのでしょうね。でも、すごいパワーでした♪

2016/9/11(日) 午後 4:41 みわ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事