全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全449ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

たれ旅ファンのミナサン、サワディーカー!

たれ旅と言えば、タイ!
(最近このブログを見た方のために書くと、タイ駐在時(2005〜2008)にこのブログを始めたのです。)

第6回タイフェスティバル2008大阪
https://blogs.yahoo.co.jp/tarere3/35634214.html

第10回タイ・フェスティバル2009東京
https://blogs.yahoo.co.jp/tarere3/40427076.html

第12回タイ・フェスティバル2012東京
https://blogs.yahoo.co.jp/tarere3/46049925.html

第19回タイ・フェスティバル2018東京
https://blogs.yahoo.co.jp/tarere3/49502345.html

今年で20回目!
なんと、私が転勤族の妻になった1999年から開催されていたのですね。

イメージ 1

今年は、例年以上に凄い人です!

イメージ 2

イメージ 3

とりあえずビール!と、大たれ。

イメージ 4

イメージ 5

ステージからは、楽しそうな音楽が。

イメージ 6

イメージ 7

あまりの混雑ぶりに、渋谷の街のタイ料理屋で食べるか…と挫折しかけた時、
たまたま行列が途切れたお店を発見!

イメージ 8

大たれは、ビール追加。

イメージ 9

タイフェスでは必需品のレジャーシートを敷いて、いざタイランチ。
今日は、ソムタム(パパイヤのサラダ)、味付け豚の揚げたもの、カオマンガイ(茹で鶏)。

ソムタムが本場の味に近くて、辛いけれど美味しい!

イメージ 10

お昼後は、各ブースをふらり。

イメージ 11

イメージ 12

こちらは、タイシルクのデモストレーション。
懐かしい!

イメージ 13

いつも人気の、タイ食品のスーパーマーケットコーナー。

イメージ 14

前の国王のプロジェクト、OTOP(一村一品)コーナー。

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

そして、毎度おなじみ、トゥクトゥク(3輪バイク)コーナー!

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

後ろの席に装備されたスピーカーの音が凄い、2020年モデルだそうです!

イメージ 22

やっぱり、タイはいいな〜!
タイ、大好き!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

旧古河庭園のバラ、を見た後は…


「おばあちゃんの原宿」・・・巣鴨へ!

イメージ 1

イメージ 2

昭和から、ずっと変わっていない感じがいいですね!

イメージ 3

イメージ 4

ホコテンで、のんびり。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

それでは、とげぬき地蔵へ!

イメージ 8

イメージ 9

正式名称は、高岩寺。曹洞宗のお寺です。

ご本尊は「とげぬき地蔵」として霊験あらたかな、延命地蔵菩薩。

イメージ 10

そして、洗い観音。
水をかけて、自分の身体のよくなりたいところをタオル(100円)で洗います。

かつてはタワシで洗っていたけれど、観音様が削れてしまったので、タワシ禁止になったそう。

イメージ 11

商店街の入り口まで戻ると、別のお寺の奥に、気になるものを発見。

イメージ 12

江戸六地蔵の三番札所。

イメージ 13

大きな大きなお地蔵さまでした!

イメージ 14

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

たれ旅ファンの皆さま、こんにちは!

今日のたれ旅は…
バラが見頃の、旧古河庭園。

最寄駅は、山手線の駒込、京浜東北線の上中里、東京メトロ南北線の西ヶ原です。

イメージ 1

古河家の3代目当主・古河虎之助によって1919年に造設。

洋館と洋風庭園の設計は、湯島の岩崎邸庭園洋館も手がけた、ジョサイア・コンドル。
道理で、私の脳内記憶の中で、「バラって岩崎邸だっけ?」とごっちゃになっていた訳です。

イメージ 2

洋館の前には、天皇家に由来のバラも。

愛子さまのバラ。

イメージ 3

雅子さまのバラ。

イメージ 4

イメージ 5

アヤメも。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

どこから撮っても、絵になりますね!

イメージ 9

イメージ 10

ところが、正面の階段を下りると…

イメージ 11

いきなり、日本庭園!

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

これまた、どこから撮っても絵になります。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

また、洋風の世界に戻ってきました。

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

洋館は、事前予約制なのだとか。

イメージ 23

優雅に、お茶を楽しむこともできるようです。

イメージ 24


この後、近くの、「おばあちゃんの原宿」へ!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

【渋谷】渋谷の地名発祥の金王八幡宮〜代官山、の続き。


代官山駅で、地下に潜る東急東横線を見てから…

イメージ 1

イメージ 2

旧山手通り(ヒルサイドテラスがある大通り)の、代官山交番近くの、旧朝倉家住宅へ。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

中に入ると、まるで、京都のどこかに来たような感じ。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

とにかく、行けばわかる、旧朝倉家住宅の良さ。


最後に、ヒルサイトテラスの途中で発見した…

イメージ 18

古墳の上に建つ、猿楽神社。

イメージ 19

イメージ 20

探せば、まだ色々ある、渋谷〜代官山でした!

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

たれ旅ファンの皆さま、こんにちは!

今日は、渋谷警察署の向かいの、渋谷駅16b出口を出たところ…

イメージ 1

渋谷ストリームからスタートします。

イメージ 2

でも、渋谷ストリームの中には入らず、
渋谷川沿いを歩いていきます。

イメージ 3

イメージ 4

ここで、道路向かいに渡ります。

ここで、右に曲がるとすぐ、JR渋谷駅の新南口(埼京線のホーム)です。

イメージ 5

今は地下を走る、東急東横線。
かつては、ここを走っていました。

イメージ 6

イメージ 7

こちらのスペース、土日祝日は様々なイベントが開催されています。

今日は、コンテナ型の観光案内所でした。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

真っすぐ行くと、猿楽橋の陸橋にぶつかります。

ここで、左へ。

イメージ 11

交差点を渡り、六本木通り方面へと向かいます。

イメージ 12

※今、下の地図で「7分」と表示されているあたり。

イメージ 13

金王神社前の交差点で、左へ。

イメージ 14

こちらが、かつては「渋谷八幡宮」と呼ばれていた、「金王八幡宮」。

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

パンフレットの由緒によれば…
1.桓武天皇のひ孫である高望王の後裔の秩父別当平武基が、秩父妙見山に八幡宮を奉った。
2.武基の子武綱が、戦で手柄を立て武蔵の地を賜り、八幡宮を勧請。
3.重家の代に禁裏の賊を退治したことで、堀河天皇より渋谷の姓を賜り、渋谷城を構えた。
4.渋谷平三重家の子・渋谷金王丸常光は、源義朝に従い保元の乱で活躍。
5.源頼朝が、金王丸のいる当八幡宮に参籠し、平家追討の祈願をして挙兵。

という、秩父の近くの本庄から、渋谷の近くにやってきた私たちには、
親近感の沸く八幡宮でした。

イメージ 20

イメージ 21

ちなみに、金王八幡宮へは、
渋谷駅の16C出口を出て、六本木通りを直進、途中で右折
のルートが一番早いです。


でも、今回は、みんなが歩いているルートを辿ってみます。

帰りは、裏の鳥居から。

イメージ 22

道沿いに歩いていくと…

イメージ 23

大通りに出ました。
(写真は、振り返ったところ)

イメージ 24

なんと、最初に書いた
「渋谷川沿いを歩き、最初に道路にぶつかったところで、右に曲がればJR渋谷駅の新南口」
のところへ!

イメージ 25

せっかくなので、右に行ってみましょう。

イメージ 26

イメージ 27

右側が、JR渋谷駅新南口。

イメージ 28

このまま真っすぐ歩き、写真正面の猿楽橋の陸橋をくぐり、
すぐ左の階段を上がって、陸橋の上へ。

イメージ 29

イメージ 30

山手線!

イメージ 31

陸橋を渡ると、代官山に続く通り(八幡通り)です。

イメージ 32

今日は、ジムに併設の「FLUX CAFE」でランチ。

イメージ 33

パーソナルトレーニング中で、糖質(ご飯・パン・パスタ・うどん等)カットにつき、
低脂肪・高たんぱく質の、プロテインミールです。

イメージ 34

そのまま通りを歩き、代官山へ。

たまたま「代官山春花祭」が開催されていました。

イメージ 36


イメージ 35

続く。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全449ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事