全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

いやぁ旅行中、半そでで走ったりしてたもんだからグローブをしていた手は白くて、半そで部分が真っ黒に日焼けした、わたくしでございます。子ども達からは「なんで先生、腕だけ黒いの??」と直球くらいまくってます。んなわけで、みなさんこんばんは!!




2日目の新潟日記からスタートですね♪この前、記したように2日目はお墓掃除のおばちゃんに朝5時からモーニングコールされてました。そんなわけで、朝早くから身支度をし、6時半には出発の用意が出来ていたわけなんです。と…
その時、ひとつ思いました。(せっかく、目の前海だし泳いでから走ってもいいんじゃね??)と思い立ち、高校生以来約6年ぶりに海水浴というのをしてしましました!!
もう、そうなったら4,5歳の子どもでもそこまではしゃがないんじゃないの??ってくらいにテンションが騰がってしまい、ほら、昔、稲中卓球部のトリオが手を広げて走ってくシーンがあるじゃないですか。あんな状態で海面まで走って飛び込んでいました。いい年こいた、0,1tもあるおっきい人が、まるで獲物を全身全霊で捕らえるような勢いです。周りのキャンパーの3組も遠慮して、出てきません。というか、出れません。




でも、気持ちいいっすね!海水浴は!ほら、わたくしなんかトドさながら、体脂肪が非常に多いわけでございますので、海に入ると浮くわけですよ。もう、ドラえもんみたいな♪





……、いやいやどざえもんみたいなね。朝7時前の海面を浮いてました。ちょっと、怖いですよね…
30分くらい海水浴を楽しんで、というか浮いていて、さぁ、出発です!!でもその前に、シャワーで海水を洗い流さなければならないわけで… きれいな肌はシャワーから!!というわけのわからない文句に踊らされ、100円玉2枚ほど使い温水シャワーで海水を洗い流してさぁ、出発です!!





前の日記にも記したんですが、いくら雪が多い地域だって言ったって、暑いんです。クソ暑いんです。できることなら、クーラーの効いた電車でいっきに青森まで行きたい。そいで、風邪ひいてもいいから涼しいとこ、寒いとこにずーっといたい。もう、バイクでキャンプ張るより後先考えず、全財産惜しみなく注いで、どっかのホテルに泊まってルームサービスでも注文してバクバク、シェフのスイーツを食いたい、そんな気分です。
でも、そこはやっぱし現実。ケチケチ貧乏旅行なんで前に行くしかありません。




基本的には国道7号線をひたすら北上すれば秋田県につくようなので、とりあえず7号線を北上し続けました!!
ここら辺は、ひたすら走っていたためあまり記憶があいまいですが、山形と秋田付近の海沿いの道がとても気持ちよかったです。でも…




北に行くにつれ、お空が黒くなっていくんです。というか、あれ降ってんじゃね??みたいな…
まぁ、憂鬱になる前に道の駅で休憩でもしようかなと、秋田県にかほ市にある象潟という道の駅へ入りました。すると、そこで偉いもをみてしまったんです。もうなんていうかエロスを超えた芸術というか…
まぁ、婦女子に何を言われるかわかりませんが、言っちゃいます。言っちゃいますよ。
あのですね、仕事柄でかわいい言い方をしますと、でっかいオチンチンがデデンと祭られていたわけですよ。しかも、男性の方ならわかると思いますが、先っぽのとこまでリアルに再現してありました。なぜか削れているというか、触られすぎちゃって若干さきっぽ削れちゃってるよ… 意味が、わから、ない…




そこで、元気よく射精し… いやいや、ゆっくり休憩をし、(断じてオ○ニ〜はしていない!!)出発したんですが、その後2時間ほど走り、海沿いのサークルKでおしゃれにスパゲッティをほおばりましたが…
直後に降られました。もう、すんごい降ってた感じです。北から下りてきて見えたV−MAXのライダーに、北のほうは降っているか聞いてみると笑顔で降ってますよ!なんて言われ、僕のテンションは右肩下がりでした。




でね、やっぱナイスアドバイスだったようで、すんごいですよ。オイオイ、誰がこんなに降らせろっていったよ。みたいな…
多分、山北町から300キロくらいなのかな?記憶が定かでないんですが、秋田県の大潟村ってとこに3時前に到着し、テントを張ることにしました。ここの南の公園キャンプ場ってとこが結構、評判がいいみたいなので、そこにしようか、町営のオートキャンプ場にしようかと、迷いながら、オートキャンプ場も見に行ってきました。今まで、オートキャンプ場で泊まってはずれはなかったんでね!が…
行ってみるとファミリー向けのコテージ併設のキャンプ場で、海沿いはいいんですが一区画4,500円も取りやがるって抜かすんですよ。しかも、極めつけの一言がこれ、「今日は海もおおしけですし、やめたほうがいいですよ。」その一言を聞き心の中では(泊まるとこがなくてここに来たんだべが、こんちくしょ〜)と思いながらも、カッパを着ていたとはいえびしょびしょの体で、満面の笑みで「ですよね〜」なんて、言いながらキャンプ場を後にしたわけなんです。




結局、そこから5キロほど離れた南の公園キャンプ場で泊まることにしたんです。4時近くで雨も小降りになり、屋根のあるテーブル付近でテントを張り泊まったと言うわけです。チャンチャン♪




そうそう、言い忘れましたがこの大潟村、
日本最大の干拓地。村の全域が、かつて日本の湖で二番目の面積を誇った八郎潟の干拓による土地である。
みたいで、アメリカみたいに区画みたいな感じでひとつの通りの道がずーっと真っ直ぐなんです。どれくらいと言うと、やく10キロ程…
一般道のストレートを10キロも走ったのは初めてで15分も掛かるもんなんで、どんだけ走らせるつもりやねん!!7号線から村役場に出勤する人間、遅刻したらこれは偉いことになるぞ!!と心の中で意味不明に叫んでおりました。




話し戻りますけど、南の公園キャンプ場、緑いっぱいでかなり気持ちいいとこでしたよ〜 都会派のぼくちゃんにトイレはちょっと強烈でしたが…
そんな、こんなで次回は3日目の模様を気が向いたらあげたいと思います!!


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事