ねこ酔い日記

永遠の0、素晴らしいかったです。

トップページ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

1992年、壇ごとひきずりおろされる菅直人 feat.スネオ

復興、首相が邪魔でも進めないと…平野大臣

読売新聞 7月14日(木)23時0分配信
 平野復興相は14日、読売新聞などとのインタビューで、菅首相の進退問題について「こういうものにエネルギーを取られる状況はできるだけ早く解消しないといけない。首相もしかるべき行動を取るのではないか」と述べ、早期退陣が必要だとの考えを表明した。

 平野氏は「国会でも『いつ辞めるか』という議論になっていること自体、異常な事態だ。首相もきちんと頭の中に入っていると思う」との見方を示した。

 東日本大震災からの復旧・復興については「首相が邪魔になるとしても進めないといけない。(2011年度)第3次補正予算案もできるだけ早く出すのが基本だ」と述べ、首相の進退にかかわらず作業を進める方針を明らかにした。

 また、7月中にまとめる復興基本方針に関し、復興財源に充てる臨時増税の税目は盛り込まれないとの見通しを示し、「8月以降の議論ではないか」と語った。
最終更新:7月14日(木)23時0分
ÆÉÇ俷ʹ
 
 
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 4
 
 
 
菅は↑の問題で東京地検に告訴されているが、
 
この献金問題は更に許しがたい大問題だ!
 

菅首相の即時退陣要求 民主若手が決起集会「菅首相では震災復興、原発収束不可能」

2011.7.15 06:57
 民主党の若手有志議員が呼び掛け人となって菅直人首相に即時退陣を求める決起集会が15日昼、国会内で開かれる。九州電力玄海原発の再稼働をめぐる政府の混乱などを受け党内では首相への不満がたまっている。参加者の広がりによっては首相の早期退陣論に拍車が掛かる可能性がある。
 集会では、首相の下で東日本大震災の復旧・復興や福島第1原発事故の早期収束は不可能として即時退陣を求める決議を行う。
 その上で、首相が退陣条件とする2011年度第2次補正予算案と公債発行特例法案、再生エネルギー特別措置法案の成立に関係なく、退陣するよう申し入れる方針。
 吉良州司元外務政務官や長島昭久元防衛政務官ら衆参両院議員11人が14日、党所属の全議員に文書で参加を呼び掛けていた。吉良氏らは13日にも首相の即時退陣を求める文書を仙谷由人官房副長官に手渡している。

イメージ 3
 
これだけ党内から突き上げられても菅が首相に居座るのは、ノーベル平和賞狙いなのか、
それとも逮捕されない様にとの工作なのか?
 
それとも伸子に「官邸は居心地が良くて動きたくない」と言われている為か。
もしかして、料亭で飯を食える為か。
 

総理大臣の秘かな愉しみ
↑実は「ノーベル平和賞」を取るまで?
 
 

笑止!暴君菅に「ノーベル平和賞」狙いのウワサ

2011.07.09 zakzak
 菅直人首相(64)が、新たな野望を抱いているとの説が、永田町でささやかれている。「脱原発・反核」でノーベル平和賞を狙っているのでは−という仰天分析だ。2009年に、オバマ米大統領が「核廃絶」への取り組みを期待されて受賞した例もあるが、閣内不一致が目立ち始めた崖っぷち宰相に、そんな可能性があるのか。

 最近、永田町では「8月6日と9日の広島、長崎『原爆の日』に、菅首相が『脱原発・反核』を宣言して、解散・総選挙に打って出るのでは」といった話題が多い。7日の参院予算委員会でも質問を受け、菅首相は「万難を排して式典に参加したい」といい、解散・総選挙を否定しなかった。

 さらに、民主党ベテラン秘書は「実は、ノーベル平和賞狙いでは?」といい、こう続ける。

 「唯一の被爆国で、世界第3位の経済大国で、重大な原発事故の当事国となった日本のリーダーが、全世界に向けて『脱原発・反核』を宣言し、『自然再生エネルギーへの国家的大転換』を訴えればインパクトは大きい。すでに側近らが推薦状提出の準備をしているかもしれない」

 平和賞は、世界各国から推薦を受けた候補の中から、ノルウェーのノーベル委員会が選考する。過去に、マザー・テレサやダライ・ラマ14世なども受賞している。「歴史に名を残したいとの思いが異常なまでに強い」(民主党中堅)とされる菅首相なら、垂涎の的だろう。

 前出のオバマ大統領は09年4月、プラハで「核廃絶と軍縮」を宣言したのが受賞の決め手となったが、菅首相が2匹目ドジョウをつかむことがあり得るのか。

 国際政治学者の藤井厳喜氏は「オバマ大統領の場合、ノルウェー側に『(受賞させて)核廃絶・軍縮の流れを作りたい』『米国に約束を守らせたい』という思惑があった。ところが、受賞後にオバマ大統領が兵器輸出を大幅に増やしたため、いまでは批判が多い。再び、現役政治家への受賞は考えにくい。しかも、菅首相は外交的成果がない。これで受賞するなら、ノーベル賞自体がインチキだと思った方がいい」と厳しい。

 ただ、選挙プランナーの三浦博史氏は「菅首相は政権延命のためなら、ソフトバンクの孫正義社長の入閣でも、大阪府の橋下徹知事との連携模索でも、何でも仕掛けてくると思った方がいい。もはや『脱原発』は唯一の命綱。受賞の可能性がゼロに近くても、ノーベル平和賞を狙ってくることはあり得る」と話す。

 もう、いい加減にしてほしいと思うのは、記者だけではないだろう。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
ただの噂だとしても、不愉快な話です。
しかし、このバカなら考えそうなことだ。

松本復興相、宮城県知事と会談
http:// himado. in/5530 8


松本龍 (政治家)
実家は養祖父の代からのゼネコン・松本組。自身も顧問を務める。
部落解放同盟副委員長であり、人権擁護法案の推進派である。日韓議員連盟常任幹事。国鉄労働組合のJR採用差別闘争に連帯している。

「知恵出さないと助けない」=松本復興相、岩手、宮城で発言

時事通信 7月4日(月)0時55分配信
 松本龍復興担当相は3日、東日本大震災の被災地の岩手、宮城両県を就任後初めて訪問し、両県知事と会談したが、配慮に欠けるとの指摘を受けかねない発言を相次いで行った。
 達増拓也岩手県知事に同相は、「(国は)知恵を出したところは助け、知恵を出さないところは助けない、そのくらいの気持ちを持って(ほしい)」と話し、復興に向け、被災地側が具体的な提案を行うよう注文した。
 このほか、「九州の人間だから東北の何市がどこの県か分からん」とも述べ、政府の事務方が「しょっちゅう(被災地に)入っているのに、何をおっしゃる」とフォローする場面も。
 その後の村井嘉浩宮城県知事との会談で同相は、宮城県が漁港の集約化を国に要望していることについて、「3分の1とか5分の1に集約すると言っているけど、県の中でコンセンサス得ろよ。そうしないとわれわれ何もしないぞ」と述べ、県内での合意形成を急ぐよう求めた。会談の場に知事が同相より遅れて入ったことについても、「お客さんが来る時は自分が入ってから呼べ」と話した。
 
 

菅狂気の人事 無能に大役 松本復興相って何なのさ (日刊ゲンダイ) 自分より能力のある人を“消去” 
http://www.asyura2.com/11/senkyo115/msg/645.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 6 月 26 日 00:01:35: igsppGRN/E9PQ
菅狂気の人事 無能に大役 松本復興相って何なのさ
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-3308.html
2011/6/25 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ
早々に消えた亀井、仙谷
菅首相が24日に固めた復興担当相の人事に驚きの声が上がっている。復興対策は菅内閣の最重要課題だ。霞が関ににらみが利き、野党を黙らせ、被災地の声も吸い上げられる。そんな「仕事師」の抜擢が期待されたのに、フタを開けてみれば、松本防災相という“小物”の起用。菅は「燃え尽きる覚悟で取り組む」と言っているが、やはりこの首相ではダメだ。
復興相に決まった松本は24日午後、「しっかり被災者のために、全身全霊で頑張りますと(首相に)伝えた」と話したが、これほどおかしな人事はない。大新聞やテレビは、〈松本防災相は政府の緊急災害対策本部副本部長として被災者支援をやってきた〉〈菅首相は政策の一貫性から適任と判断した〉などと報じている。
だが、その手腕は全く評価されていない。「松本さんは人はいいんだけど、仕事となると……」(民主党関係者)と言われてしまうのだ。 (tarisman注 いい人だ?
震災から100日以上たっても、被災者の暮らしは散々である。義援金や賠償金は行き渡らず、がれきの撤去も終わらない。仮設住宅の整備はスローペースで、完成したのも欠陥ばかり。ハエやダニの大量発生にも悩まされている。「部落解放の父」と呼ばれた松本治一郎の孫で、土建業「松本組」の御曹司だが、「復興対策にうってつけ」という声は聞かれない。本人も、力のなさを自覚しているのか、23日の記者会見で「復興相は首相がやればいい」と言っていた。先頭に立つタイプではないのだ。
政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏がこう言った。
「大震災からの復旧復興は明らかに遅れていました。復興基本法の成立は、これまでの不手際を反省し、震災対策を立て直すキッカケになる。絶好のチャンスなのです。それなのに、なぜ復興対策の人心を一新して臨まないのか。松本さんが適任だというなら、もっと早く復興対策に専念させ、すべて任せればよかったのです。基本法の成立を待つ必要はありません。菅首相の人事は、いつもワケが分からない」
自分より能力のある人を“消去”
もともと復興相は自民党の谷垣総裁に打診したポストである。与党内でも、国民新党の亀井代表や仙谷官房副長官ら“大物”の名前が取り沙汰されてきた。それだけに理解不能の人事である。

「原発事故と同じですよ。菅さんは、自分が先頭に立ち、国民に頑張りをアピールしたい。それが延命につながるとの考えです。亀井さんや仙谷さんは、人やカネの使い方を心得ています(tarisman注 ブラックな方面でだろ。怒復興相を任せれば、役人をフル稼働し、それなりの成果を上げるでしょう。だから菅さんは起用しなかった。自分抜きで復興が進んでしまうのを恐れたのです。能力があったり、スタンドプレーが得意だったりする候補者を消去していった結果、被災者支援をやっている松本さんに戻ってきた格好です」(官邸事情通)

菅が出しゃばるのなら、その後の経過も原発事故と同じ。迷走続きで成果が出ないのは、火を見るよりも明らかである。
 
 
 
 
 
131 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 2011/06/29(水) 13:21:23.59 ID:0DOiA0YH0
民主のバックボーンはこういう部落ヤクザ労働組合左翼なのはわかってたけど隠してたろ
なんで急にこういうやつ等が表に出てきたんだ?隠せなくなっただけか?

こいつら平気で人を脅迫や殺人とかするんやろ?

 

136 名無しさん@涙目です。(大阪府) 2011/06/29(水) 13:22:48.92 ID:zUfAM+ux0
>>131
もう日本終了だからじゃねえか?

 

153 バクゥ(広西チワン族自治区) 2011/06/29(水) 13:26:14.81 ID:auIzxAU6O
>>131>>136
『どんなことがあろうと、民主党に不利な報道をしない』というマスゴミの方針が固まったからじゃなかろうか。
現に福岡の大山議員ネコババ騒動はマスゴミ総スルー状態だし。

 
177 名無しさん@涙目です。(愛知県) 2011/06/29(水) 13:32:54.05 ID:aMy/QF7t0
部落関係者なら何があってもマスコミはヘタレて叩かないわさ
それを狙った人事かね


181 名無しさん@涙目です。(和歌山県) 2011/06/29(水) 13:33:38.65 ID:DfzYAiUt0
国会議員所得ランキング2008、1位は8.4億円
1位の松本龍氏は年収8.4億円
http://money.jp.msn.com/banking/yucasee/01/index.aspx
 ↑
もしかして麻生さんより金持ちなんじゃね?すごす

 

183 名無しさん@涙目です。(dion軍) 2011/06/29(水) 13:34:05.85 ID:TDbfoyf00
会見もテレビ画面で見ててもブルっちまうほどコワい

 

186 名無しさん@涙目です。(神奈川県) 2011/06/29(水) 13:34:08.59 ID:2pjkZqIE0
民主信者の皆さんこいつの実家はゼネコンですよ
リケンガーって言わないの?
民主の利権はきれいな利権ですか?

 

245.  Posted by     投稿日:2011年07月01日 00:14
もう
本当にいい加減にしてほしい。
こんなのが大臣なんてふざけるのもいい加減にしてよ。国民のだれもこんなのを望んでないっつーの。
金持って欲が肥大化しただけの不良中年なんかポンコツでしょ。
「試しに民主にやらせてみよう。」で日本終了かよ。
次こそは頼むよ。持ち直すには傷が深いけど。みんな目が覚めただろ?
 
 

追加
↓↓↓

513 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/07/04(月) 09:47:45.42 ID:77GSQKIt
宇都隆史
@***** 松本龍大臣、こんなことを言うなんて…唖然としました…
毎日復興と闘っている知事に先に来て待っていろと恫喝するなんて…
私達が谷垣総裁と現地入りした時も知事は忙しそうにバタバタと後から入ってきた。
谷垣総裁は真っ先に労いの言葉をかけました。
1時間前
twitter.com/TakashiUto/status/87657822627692544

谷垣禎一総裁 地震被災地訪問(仙台市)
http://www.youtube.com/watch?v=4nnVhLAteN4

冒頭、宮城県庁の応接室にて
知事が駆け込んできて、谷垣総裁も席を立ち歩み寄って迎える
谷垣総裁「早朝からうかがいましてどうも、」
村井知事「お忙しいところをわざわざありがとうございます!」
知事、強く握手して深くお辞儀
谷垣総裁「とんでもないです、大変なご被害で心からお見舞い申し上げます」
と同じく深くお辞儀
村井知事「ありがとうございます。県民、力を合わせてですね、頑張っております」
谷垣総裁「はい(共感深く)、いやもう知事さん先頭に立たれて本当にご苦労様です」
知事、恐縮したようにまた深く一礼
谷垣総裁「我々も、出来る限りのことをやろうと―どうぞ(県にも)頑張って頂いて」
村井知事「ありがとうございます、ぜひよろしくおねがいします!」
二人互いに深くお辞儀

〜宮城県知事訪問の巻き〜

自民党・谷垣総裁 
http://www.youtube.com/watch?v=4nnVhLAteN4

民主党・松本復興担当大臣(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=VtUqWdbjnTk

「すっから菅総理」のスタンドプレー

飯島 勲 「リーダーの掟」

イメージ 1

なぜ不信任案が出されたのか

6月2日、菅内閣への不信任決議案が否決された。被災地から「なぜこのタイミングで政争をするのか」と批判の声が上がったが、私は直ちに菅内閣が退陣することが、東北の復興にとって近道であると信じている。被災地と永田町にこれだけの温度差が出てしまうのは、菅直人総理の繰り出すスタンドプレーが原因だ。
国家備蓄としてガソリンがあるにもかかわらず、
被災地には届かない。タンクローリーが手配できない海江田万里経済産業大臣の指導力不足として、以前、この問題を本連載で指摘したが、結局被災地へガソリンを届けたのは、野党自民党の二階俊博衆議院議員だった。二階議員は業界団体に迅速に連絡を取り、経産省と被災地を結んだのだ。このことは、複数の関係者から証言を得ているが、二階議員はその成果について表立って誇るようなことをしていない。菅直人総理も、このような姿勢をとれば、官僚はこの人のために命をささげようと決意するものだ。しかし、自分の延命ばかりが気になって、部下の手柄を取り、怒鳴り散らすようでは人心は離れていく。浜岡原発停止、総理視察、太陽光発電など、PRに執念を燃やせば、その場の評価を得られる。ただ、政まつりごと事は一歩も進むことはできない。この数カ月間、そんな菅総理の実像を永田町や霞が関は嫌というほど見せられてきた。だから不信任決議案を出したのだ
http://president.jp.reuters.com/uploads/2011/06/09/ts_20110704_iijima1.jpg
写真を拡大
最悪のカイワレ事件は、なぜか菅総理の美談に……。(写真=PANA)
菅総理は、1996年に厚生大臣に就任し、薬害エイズ、カイワレ大根問題を通して広くマスコミに注目されるようになった。菅総理にとって唯一の「栄光の時代」について、今回私は真実を明らかにしたい。スタンドプレーの原型が、まさにこのときにできあがったのだ。
薬害エイズ訴訟は、95年にまだ十代の少年だった川田龍平さん(現参議院議員)が原告団の一人として実名を公表してからマスメディアでも注目が高まった。当時は自社さ連立政権で、対応にあたったのは日本社会党(現・社民党)の森井忠良厚生大臣だった。
森井大臣はこの事件を厚生省創設以来の危機ととらえて、どこかへ消えてしまった薬害エイズに関する資料を探し、毎日少しでも時間があると省内を歩いて回っていた。大臣の真摯な姿勢に打たれ、ヘタをすれば自分たちを不利な立場に追い込みかねない官僚たちも次第に協力するようになった。
当時、荒賀泰太薬務局長は、仕事を終え、退庁を示すランプをつけた後で局内を探し回っていた。
さらにその資料の捜索に、全省のノンキャリアが動きだした。官僚の働きについて、キャリア官僚ばかりが注目されがちだが、実務を担当するノンキャリアの実力は侮れない。ノンキャリアの人事には、大臣も事務次官も官房長も口を出せない慣習になっていて、その裁量はノンキャリアの“ボス”に任されている。どんなに優秀なキャリア官僚でも、ノンキャリアをバカにするような態度をとれば、仕事ができない部下を集められ、出世レースから脱落してしまうのだ。ノンキャリアの支えがあって初めて、日本の行政機構は機能する。
95年末には厚生省のノンキャリアの“ボス”の指示により、全省が一斉に薬害エイズ資料を血眼になって探し始めたのだ。森井大臣と荒賀局長の執念がノンキャリアを動かしたのだ。
しかし、年が明けた96年1月11日、村山総理の退陣を受けて橋本内閣が発足。森井大臣は退任し、菅厚生大臣が誕生する。
大臣が代わっても、資料捜索は続いていた。2月に入り、とうとう官僚の一人が“郡司ファイル”を見つけた。背表紙にボールペンの手書きで「エイズ」と記されていたのを、当時のニュース映像で見た人も多いかもしれない。発見場所は、薬務局から遠く離れた保健医療局の地下の倉庫の資料棚の裏。古い木造の建物から現在の合同庁舎5号館に引っ越しする際に、棚の裏に置き忘れられていたらしい。
このファイルは薬害事件発生当時の生物製剤課長・郡司篤晃氏が私的にまとめていたメモで、ファイルにはナンバリングもなく、公文書でないことは明らかだった。発見当時の多田宏事務次官と山口剛彦官房長(2008年、元厚生事務次官宅連続襲撃事件で死亡)は、資料の分析の必要性があるとみて、官房会議にかけようと、新しく就任した菅大臣に報告に行った。
しかし、菅大臣は資料を取り上げ、内容を分析することもなく、記者会見で「官僚がずっと隠していたものが、私が就任したから見つかった」とファイルを公表した。もし、ずっと隠したいのなら、菅大臣に報告をする必要はない。菅大臣が官僚を裏切り、スタンドプレーに走ったのは明白だ。
 
以来「総理にふさわしい人」として菅大臣はマスコミの寵児となった。一方でファイル探しに汗を流した前大臣は無能呼ばわりされ、キャリアとノンキャリの壁を超えて探し回った官僚たちは情報隠ぺいの犯人扱い。菅大臣はこのときから他人の手柄を横取りし、自らが発表するという手法を確立していたのだ。
厚生大臣時代を振り返るとき、もう一つ忘れてならないのが、カイワレ大根の風評被害事件だろう。
薬害エイズで人気絶頂となった菅大臣をO-157の食中毒問題が襲った。果断な発表は支持率アップにつながると、2匹目のドジョウを狙い「O-157の原因としてカイワレ大根の可能性が否定できない」と記者会見した。
あっという間に全国のスーパーからカイワレ大根が消え、カイワレ栽培農家は大騒ぎとなった。特に大阪の農園経営者は、厚生大臣ではなく、菅個人を訴えると激怒した。
あわてた菅大臣が思いついたのがカイワレを食べるパフォーマンスだった。しかし、関東地方の店先にはカイワレは一パックも残っていない。全国中を探し回り、ようやく数パックのカイワレが見つかった。あわててノンキャリアを買いに走らせたが、このときの交通費などが6万円かかっている。無論、国民の血税からの支出だ。
大臣がカイワレをドレッシングもかけずに涙目でむしゃむしゃと食べたところで、風評被害が収まるはずもなく、カイワレ農家は国を提訴した。
パフォーマンスの効果は、農園経営者の訴訟の被告を菅個人から厚生省に変更させた程度にとどまった。菅大臣にはそれでよかったのだろう。
最高裁は04年12月、国に賠償総額2290万円の支払いを命じる判決を言い渡した。菅は、カイワレに関して、合計で2296万円の損害を国に負わせたことになる。自殺者まで出したカイワレ事件。驚くべきことに最高裁で敗訴が確定しているにもかかわらず、本人はこれを成功体験ととらえているらしい。目立つことさえすればマスコミに賞賛される。それを感覚として知っているのだ。
菅大臣退任後、厚生省官僚のどん底まで落ちたモチベーションの問題は少しずつ改善されたが、ひとつ困った置き土産があった。クレーマー化した市民運動団体の来訪だ。本当に困っているのであれば、全力で助けるのだが、国を叩くことだけが目的の集団が押し寄せてくると手のつけようがない。
私自身が対応していて感じたのは、問題のある市民運動家には
(1)すぐ言い返す、
(2)すぐあげつらう、
(3)すぐ怒鳴る――という3つの共通点があることだ。第三者が何か指摘すると、相手が口をはさめないほどのスピードで反論する。些細な矛盾を血眼になって探す。相手が納得しないと声を荒らげて怒鳴り散らす。相手をやり込めることが目的では問題も解決のしようがなかった。
震災後の菅総理を見ていて、市民運動家の3カ条に付け加える必要があると考えた。それは、上手く立ち回れなくなると、 「すぐ誤魔化す」だ。

※すべて雑誌掲載当時
イメージ 2
画像は

ねぇ知ってたぁ?

さまより。

開く トラックバック(2)

イメージ 1
 
「菅総理政治主導の隠された大罪」より
 
民主党政権よ、
この過ちの責任を取れ! 
 
〜前半略〜
 
その報告がなされたのは、震災翌日の12日のことだった。
報告が届いたのは、200名以上もの防衛省スタッフや自衛隊幹部たちでごった返す、防衛省A棟11回のシチュエーションルームだった。
それによって部屋の空気は一気に緊迫感を増した。
陸海空の自衛隊の「燃料」に不安を抱えたことなど一度としてなかったからだ。
自衛隊の「燃料」は、その任務の重要性から、常に安定的な供給を維持すべく、燃料元売企業から、
「直納」されているのだ。
それを報告したのは、陸海空自衛隊の「需品課」の幹部達だった。
いつもは地味な存在である「需品課」。
しかし、今回の震災で活躍した自衛隊の中で、実は「隠れたヒーロー」だったのである。
「需品課」は、震災発生直後から「燃料」の「残量」をじっと見つめていた。
彼らが見れば、備蓄量が何日持つか、一発で答えを出せる。
全国に点在する燃料タンクの残量をすべて・・・
それも時間単位で把握できるプロフェッショナルたちだ。
安全保障の要は、燃料備蓄量で決まるとも言われている。
「需品課」の存在は実は極めて大きい。
しかし、陸海空の「需品課」は震災の翌日に、
燃料の備蓄が「危機的な状況にある」
との報告をシチュエーションルームに上げていたのである。
「需品課」の指摘は、次の3点にのぼった。
一つは「軽油」だ。
人命救助や支援物資運搬の陸上部隊を運ぶ車両には欠かせない燃料である。
二つ目は「航空燃料」。
これは深刻だった。航空自衛隊は「あと一日」でヘリコプターなどの燃料がなくなる事態にまで追い込まれたのだ。
海上自衛隊の航空部隊でも、全国的に備蓄が減る中で、青森県の大湊基地では、半分以下にまで落ち込んだ。
そして三番目の「危機」は、タンクがある基地で、
燃料を入れるドラム缶と、タンクローリーが悲劇的に不足したことだった。
震災直後、自衛隊は、交通が遮断された孤立地域へ突入し、人命救助を行い、避難民へ物資を持ち込まなくてはならなかった。
しかし、それらの活動の為には車両や航空機が必要である。
つまり自分たちの燃料補給も維持しなければならない。
〜略〜
陸上自衛隊の霞目航空基地(仙台市)や、航空自衛隊の松島基地など、タンクそのものが被災し
使用不可となった基地も確かにあった。
しかし、理由はそれだけではなかったのである。
防衛省シチュエーションルームは、各自衛隊の
「需品課」から信じがたい言葉を聞くこととなった。
「燃料元売企業が、供給を止めている」
防衛省幹部はすぐに、燃料元売企業に連絡を入れた。
「直納」態勢にあるはずのところ、供給を何故止めるのか?
ある燃料元売企業の幹部は、こうハッキリと答えた。
「経済産業省からの、事務連絡による業務指導で、燃料の供給は統制された。
よって自衛隊への直納は中止せよ、と」
「なぜ統制を?」
企業幹部は困惑しながら言った。
「被災地へ集中配給するため・・・そう聞いています」
「それを経済産業省が?」
防衛省幹部がさらに聞く。
いえ、官邸の意向だと・・・
〜略〜
その報告は、すぐに防衛省シチュエーションルームに上がった。
防衛省幹部たちはすぐに想像できた。
官邸は、東北での燃料不足を見込み、政治主導を見せつけようとしたのだ。
つまり、すべては政治が決めるので、待っておけと。
だが、そのやり方が思いつきであったため、人命救助や被災者を救うために緊急展開中の
自衛隊までも巻き込むことになってしまったのである。
「余りにも愚かな・・・」
防衛省幹部の一人が嘆いた。
防衛省は、危機感を高めた。このままでは自衛隊は動けなくなる。
特に、航空自衛隊は、あと1日でヘリコプターや輸送機が飛べなくなるのだ。
そうなれば人命救助もままならなくまる。
被災民たちはどうなるのか。
防衛省は、各自衛隊に燃料元売企業へ再び照会させた。
すると、さらに驚くべきことがわかった。
官邸からの指示で、燃料供給は経産省で一括してさばこうとしていたのだ。
しかし生存限界期限では、そんなことをやっている時間はない。
エマージェンシーの何たるかを知らない官邸は、
政治主導をはき違えていたのである。
各自衛隊は様々なチャンネルを使い、交渉を開始した。
交渉のテクニックは「多種多様」に及んだ。
そして最後には北沢俊美防衛大臣の英断により、
燃料供給が復活したのだった。
〜略〜
資源エネルギー庁は、一般消費者利用も含めた
ガソリンスタンドへの配給について、小誌取材班にこう語った。
「緊急重点ガソリンスタンドとして、常に在庫を備えたガソリンスタンドを、東北207ヵ所、関東187ヵ所
に設定。各自治体や自衛隊・救急車への供給に
便利な場所がある、という基準のもとで設定しました」
資源エネルギー庁はいかに被災者のために働いていたか、胸を張る。
しかし、経産省が仕切ったとする、
それらガソリンスタンドへ燃料を運ぶよう要請された組織こそ、自衛隊なのだ。
肝心のその自衛隊が、燃料枯渇に陥ってしまっていた
民主党政権がこだわった政治主導・・・これが、その実態なのだ。
 
〜週間文春 6月16日号〜
 
イメージ 2

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事