ねこ酔い日記

永遠の0、素晴らしいかったです。

トップページ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

菅直人をコロせ

イメージ 1

官邸機能せず(上)「開かずの扉」のその奥は…

2011.4.10 00:29産経ニュース


首相官邸に「開かずの扉」がある。5階の首相・菅直人の執務室。3月11日の東日本大震災発生後しばらくは早朝から深夜まで怒号が響いていたが、震災から1カ月を迎える最近はトンと静かになった。中の様子はどうなっているのか。

  • 官僚の足遠のく
「やっと精神的な安定期に入った」「気力がうせているのではないか」−。そんな臆測が乱れ飛ぶ。各国外交官も政府関係者に「首相は本当に大丈夫なのか」と真顔で問い合わせてくるという。
 なぜ扉が開かないのか。理由は一つ。よほどの緊急時でない限り、誰もノックしようとしないからだ。官僚であろうが、政務三役であろうが、誰かれかまわず怒鳴り散らす。ある官僚は東京電力福島第1原子力発電所の事故の最新状況の報告に入ったところ、菅から頭ごなしにこう言われた。

  • 「そんな話は聞いていないぞ!」
 日本の官僚は「首相がすでに知っている話を報告したら恥だ」と教育されてきた。マスコミに政策をスクープされることを嫌う最大の理由はここにある。ところが菅には通用しない。
 官僚の訪問は絶えた。4月に入り、官僚が首相執務室を訪ねたのは7日まででわずか8組。ある官僚は吐き捨てるように言った。
 「民主党政権であろうと大連立であろうと何でもいい。とにかく首相だけは代わってほしい。もう官邸を見るのも嫌だ…」
 さすがの菅もまずいと思ったらしい。3月26日、前国土交通相・馬淵澄夫を首相補佐官に起用したあおりで首相補佐官を外された衆院議員、寺田学の机を首相秘書官室に置かせ、「開かずの扉」の“開閉係”を命じた。34歳の寺田は64歳の菅と親子ほど年が離れているせいか、腹も立たない。腰が軽く頭の回転が早いところも気に入っているようで妻・伸子と並ぶ「精神安定剤」となっている。

 もう1人、頻繁に首相と会っている男がいる。内閣情報官・植松信一。官邸の裏通路を使い首相執務室に出入りするので新聞などの「首相動静」に載ることはないが、週に2〜3回は報告に入っているという。
 植松の報告で菅がもっとも神経をとがらせているのは政界の「菅降ろし」の動き。次に気になるのは内外メディアが自らをどう報じているかだという。
 ある官僚は執務室に山積された新聞や雑誌の切り抜きを見て愕(がく)然(ぜん)とした。記者団のぶら下がり取材に応じないどころか、災害対策基本法に基づく中央防災会議さえ開こうとせず、執務室に籠もって一人で新聞や雑誌を読みふけっていたとは…。そこに未曽有の国難にどう立ち向かおうかという発想はない。
  • 「現場見てないだろ」
 「どんなことがあっても原発の異常を食い止めるんだ。みんな覚悟はできているだろうな!」
 3月11日午後4時25分すぎ。東電福島第1原発の異常を伝え聞いた菅は、首相官邸地階の危機管理センターから執務室に移ると、官房長官・枝野幸男ら官邸スタッフを前にこう命じた。鬼のような形相に一人はこう感じた。「死者が出ることを覚悟しているな…」
 東工大応用物理学科卒で「ものすごく原子力に強い」と自負する菅はさっそく執務室にホワイトボードを持ち込み、原子炉の格納容器への海水注入などを次々に指示。午後10時に経済産業省原子力安全・保安院から炉心溶融の可能性を指摘されると菅は12日午前1時半に炉内の蒸気を排出するベントを急ぐよう指示した。

ところが、東電の反応は鈍かった。しびれを切らした菅は午前6時14分、陸上自衛隊のヘリに乗り込み第1原発の視察を強行。「こっちは人命を考えてやっているんだ。早め早めにやらなきゃダメだ」と東電副社長・武藤栄に詰め寄った。
 「東電の見通しは甘い。どうなってるんだ!」
 菅の意気込みはますます空回りし、秘書官らに当たり散らした。保安院幹部らの説明にも「お前たちは現場を見てないだろ!」。面識もない官僚に突然電話で指示を出し「何かあったらお前らのせいだぞ」と責任をなすりつけた。
 そして東電が第1原発からの撤退を検討していることを聞きつけると15日午前4時15分、東電社長の清水正孝を官邸に呼びつけた。
 菅「清水さんだったらどうしますか?」
 清水「残ります…」
菅は言質を取ったとばかりに5時35分に東京・内幸町の東電本社に乗り込み、「撤退などありえない。撤退したら東電は百パーセント潰れる」と恫(どう)喝(かつ)した。
 感情まかせの行動にしか見えないが、菅は「原発問題は官邸主導でやれる」と確信したようだ。政府と東電の統合連絡本部を設け、東電本店に経産相・海江田万里と首相補佐官・細野豪志を常駐させた。主要官庁の閣僚不在により政府機能はますます失われた。
  • 説明に逆ギレ
 「助けてくれないか!」
 3月16日夜、元防衛政務官、長島昭久の携帯電話に細野の悲痛な声が響いた。
 長島「何を?」
 細野「『何を』なんて次元じゃないんですよ…」
 菅は自衛隊にヘリからの放水を指示したが、自衛隊は放射線量を気にしてなかなか応じない。地上からの放水のオペレーションも自衛隊、警察、消防の調整がつかないという。
 その間も菅からは「早く放水させろ」と矢のような催促が続き、細野はすっかり参っていた。
 原子力災害対策特別措置法を適用すれば、首相はいろいろな指示が出せる−。これを説明すべく2人は17日に菅と面会した。
菅は逆ギレした。ところが菅の「指示」とは口頭で個別の官僚に命じただけ。これでは官僚組織は動かない。長島らは慌てて指揮系統を自衛隊に一元化させる関係閣僚への「指示書」を作成させた。これがその後の放水作業につながった。
 それでも菅は納得しなかった。18日に官邸を訪ねた元連合会長で内閣特別顧問・笹森清にこんな不満を漏らしている。
 「現場の意思疎通がうまくいっていないんだ…」
  • 「セカンドオピニオン」
 菅の官僚機構と東電への不信は深まるばかり。東工大教授で原子炉工学研究所長の有富正憲らを次々と内閣官房参与として官邸に迎えたことは証左だといえる。
 その数はすでに6人。「セカンドオピニオン」を背後に付け、菅はますます高飛車になった。東京電力や原子力安全・保安院などが自らの指示に抵抗すると「俺の知ってる東工大の先生と議論してからこい」と言い放った。
 ところが、3月末になると菅はすっかり淡泊になった。細野が日課となった東電福島第1原発の状況を報告しても「そうかあ…」「それでいい」−。どうやら事態の長期化が避けられないことを悟り、気合を持続できなくなったようだ。
 菅は4月1日の記者会見で「専門家の力を総結集しているが、まだ十分安定化したというところまでは立ち至っておりません」と長期化をあっさり認めた。
 淡泊になったのは理由がある。東日本大震災の発生後、菅の頭は原発でいっぱいだったが、ようやくガソリンや物資供給など被災者支援が後手に回っていたことに気づいたようだ。
  • 政務3役も無言
 実は首相官邸の指示がなくても各省庁は阪神・淡路大震災を先例にさまざまな被災者支援や復旧策をひそかに準備していた。ところが政務三役の「政治主導」が障害となった。
 ある局長級官僚は「官邸も動かないが、政務三役も何も言ってこない」といらだちを隠さない。民主党政権になり政務三役に無断で仕事をやってはいけないという「不文律」ができた。「勝手なことをやりやがって」と叱責されるのを覚悟の上で官僚機構は黙々と対策を練ったが、実行のめどは立たない。政治不在がいかに恐ろしいか。官僚らは思い知った。   
  • 自衛隊に多大な負担
 自衛隊も官邸の機能不全の被害者だといえる。
 「遺体の搬送や埋葬まで自衛隊が背負わされているんだぞ!」
 3月23日、防衛相・北沢俊美は厚生労働省に怒鳴り込んだ。自衛隊の本来任務は行方不明者の捜索だが、遺体を発見すれば市町村に渡す。ところが市町村は被災で動けず葬儀業者も見つからない。やむなく遺体安置所から埋葬地までの遺体搬送や埋葬までも自衛隊が請け負った。救援物資輸送やがれき撤去などの任務にも影響が及んでいた。
 北沢は3月18日に枝野に調整を求めたが、官邸の最終的な返答は「関係省庁でよく協議してほしい」。そこで北沢は埋葬を所管する厚労省との直談判を試みたのだ。
 厚労相・細川律夫も「確かに自衛隊ばかりにお願いするわけにはいかないな」と応じ「官邸抜き」の調整が始まった。結局、事務レベルの関係省庁連絡会議が開かれたのは4月1日。運輸行政を担う国土交通省の協力を得て民間業者による遺体搬送態勢が整ったのは4月5日だった。
 「政治家だけじゃなくてあらゆる者を総動員させるべきだ。要は役人をどう使うかなんだ」
 国民新党代表・亀井静香は2日、こう忠告したが、菅はのんきに返答した。
 「まあ役人を使えるのは一に亀井さん、二に私、三に仙谷さんだな…」(敬称略)

5Kを除外しろ

イメージ 1

東日本大震災の早期復興を理由として浮上した民主党と自民党との「大連立」構想をめぐり、
自民の県内国会議員の間では「5Kの除外が前提」と慎重論が根強い。「5K」とは
子ども手当、農家への戸別補償、高校無償化、高速道路無料化の「4K」と、菅直人首相のことだ。

自民は民主党がマニフェスト(政権公約)に掲げた4施策を「ばらまき4K」と批判。
抜本的に見直して財源を復興策に充てることを投げ掛けてきた。

 自民党県連会長の菅
義偉元総務相(衆院2区)は「失政(4K)と、その 執行者(菅首相)を放置したままでの連立などあり得ない」と断言。
「菅首相のリーダーシップへの疑義は、民主党内から出ているありさまだ。
野党は復興や原発対策に全面協力しているのだから、民主はまずは自分たちの 党内をまとめてほしい。
連立協議はそれからの話だ」と指摘した。

横浜市連会長の松本純元官房副長官(比例南関東)も「大連立は目的であって 手段ではない。
時の政府・与党から目的や、達成のための手段が示されない
状況下では判断のしようもない。『4KプラスK』のうちで、
復興に必要 とされるのは一つもないと思う」と手厳しい。
「『首相は自民から』『期限と目的を区切る』といった前提が不可欠」とのハードルも示した。

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104060003/

菅(すが)さん、上手いことを言いますね。
元々「3K」などと悪い意味で使いますが、
まさに5Kですね。(`´メ)

開く トラックバック(1)

存在感を高める自衛隊-震災危機で

 がれきが散乱する陸前高田市では現在、迷彩服にOD(オリーブドラブ)色のヘルメット姿の自衛隊員数十人が、今回の地震と津波による犠牲者の捜索にあ たっている。沖合では自衛隊のヘリコプターが空から海上の遺体捜索を行う一方、付近の各避難所では、自衛隊員が給水活動や、被災者の衣服の洗濯まで行って いる。

 こうした活動は、24万人の自衛隊員のうち約10万6000人が救援活動に従事する戦後最大規模の自衛隊任務の一環だ。

 自衛隊はいま、正念場を迎えている。自衛隊が一層目立った国際的役割を見据えるなか、今回の任務が成功とみなされれば(これまでのところ、おおかた 成功とみなされているが)、自衛隊の活動活発化を受け入れる素地の拡大につながりうる。逆に、復興の遅れやその他の諸問題により任務が不調に終われば、自衛隊の評判を落とすことになりかねない。

 第2次大戦後に設けられた自衛隊は、戦争を放棄する憲法によって、任務を厳しく制限されている。自衛隊員は、イラクでの学校建設をはじめ、いくつか の国際的任務に参加してきたとはいえ、その活動は自衛や災害救助に限定されており、日本国民の多くは、国内外での自衛隊の活動拡大を依然警戒している。

 日本では軍隊に関する複雑な感情が根強いため、自衛隊員は制服姿で人前に出ることを控えてきた。政府は依然、「陸軍」や「海軍」といった用語の使用を避けている。防衛庁が防衛省に格上げになったのはつい4年前にすぎない。

 しかし、3月11日の地震と津波に伴い、自衛隊は、東北太平洋側沿岸部の大部分で主要災害対応機関として、いつになく人目に触れる役を割り当てられている。

 テレビでは、制服姿の隊員ががれきを棒でかき分けて遺体捜索にあたる様子をはじめ、自衛隊の活躍ぶりが映し出されている。自衛隊のヘリコプターは福島第1原発への放水を支援し、隊員は避難所での補給物資管理を支援してきた。

 ワシントンにある戦略国際問題研究所(CSIS)の日本専門家、マイケル・グリーン氏は自衛隊について、今回の危機に際し「大活躍をしてきた唯一の組織」と述べている。政府の対応については賛否両論がある一方、原発事業者である東京電力の経営陣に至っては批判一色だ。

 自衛隊が短期的救援活動の枠を超えた取り組みを持続するだけの人員と専門知識を持ち合わせているかどうかは不明だ。折木良一統合幕僚長は先週、隊員の活動は極限に近いと語った。

  防衛省の報道官によると、自衛隊員の士気は依然高いとはいえ、隊員といえども人間であり、疲労の色は隠せないという。自衛隊は目下、早期に配備された隊員が任務を外れて休息をとれるよう、シフト制導入を検討している。

 政府筋は、自衛隊員を災害救援活動にあたらせることがそもそも妥当かどうかについて議論してきた。救援活動で隊員を手いっぱいにさせることは、潜在的に国を無防備状態にするおそれや、国防に必要な資源を使い果たしてしまうおそれがあるためだ。

 自衛隊はこれまで、日本が災害に見舞われるたびに存在感を高めてきた。1995年の阪神・淡路大震災の後、政府は、災害時に自衛隊がより迅速に出動できるよう、自衛隊を補強する措置をとり、自衛隊の信頼性を高めた。

 ここ最近、北朝鮮や中国がもたらす仮想脅威に対する懸念が高まるなか、自衛隊の役割をめぐる議論が活発化してきた。その一方で、米国は、アジアの安全保障維持への協力面の負担増を日本に求めてきた。

 しかし、アフガニスタンやイラクでの非戦闘任務面での米国支援をはじめ、日本が海外任務への自衛隊参加を拡大し始めるにつれ、とりわけ第2次大戦中に日本軍の侵攻を受けた近隣諸国では、日本の野心に対する警戒感も強まっている。

 日本専門家のグリーン氏は、災害救援活動が成功すれば、自衛隊は、米軍との協力拡大を含め、役割拡大を要求しやすくなるとみている。

 少なくともこれまでのところ、津波の被害を受けた地域では、自衛隊への支持が高まりつつあるようだ。

 陸前高田市の高校生、タカハシ・ユウマさん(17)は、何人かの友人が自衛隊入隊を考えていると語る。タカハシさんは、「これまで、自衛隊は戦争のためだけにあると思っていたが、いまでは、自衛隊員は国民を助けるためにいるのだと分かった」と話している。
 
 
 

イメージ 2

  • 2011年4月4日 10時25分nef*****さん
  • 削除/違反報告私もそう思う7,541私はそう思わない111
  • “訳あり”な日本のマスコミはあまり大きく扱わないが、多くの国民は、地味だが本当に心強く強力な自衛隊や在日米軍の活動、活躍に強く好印象を持って受け止めています。あくまでも「訳あり」な日本のマスコミの姿勢とはうらはらに、ですが…w。
  • 2011年4月4日 10時39分alc*****さん
  • 削除/違反報告私もそう思う2,700私はそう思わない20
  • >復興の遅れやその他の諸問題により任務が不調に終われば、自衛隊の評判を落とすことになりかねない。

    復興の遅れなんて自衛隊の責任じゃなくて、政府の責任でしょ??
    なんで、自衛隊の評判を落とすことになるのか意味わからない。

    自衛隊の皆様の活動に感謝です。
  • 2011年4月4日 11時14分sak*****さん
  • 削除/違反報告私もそう思う2,101私はそう思わない40
  • 記事にする中で行き違いがあったかもしれないが
    「これまで、自衛隊は戦争のためだけにあると思っていた」
    こんな発言をする高校生が一握りでもいるのなら、
    日本の戦後教育は完全に失敗したとしか言えない。
イメージ 1

開く トラックバック(1)

被災地の様子


NHKラジオ 被災者「菅の視察はすごい迷惑だった」
4月2日NHK正午のニュースの 133秒〜28
http://www.nhk.or.jp/r-news/


男「まあ一応来てくれたってところは、まあうれしかったですけど」 ←明らかにうれしくない声調
女「菅総理にお願いしたんだけど、がんばりますとの答でした。どのくらいがんばってく れるのか、どのくらい期待したらいいんだか」

女「到着することによって、『会場をきれいにしてください』とか、これはちょっと。
『車を整理してください』とか、何でここの、いま大変なときにそんな体裁をつくらなきゃならない
のかなと思って。ちょっとこれは意外でした」

 
イメージ 1
 
 
 
昨日、4月2日のNHKラジオは聞かなかったのだが、
実はNHKテレビでもやった。(東北地方限定か)
 
おばさん1「今更来てもらっても。3週間も立っているのに」
おばさん2「頑張りますって、どのくらい頑張ってくれるんだか」
(バランスを取る為に肯定的な意見を入れる配慮は一切なし)
テレビではこの2人だけだったが、充分笑えた。
NHKもよくこのまま放送したものだ。
実際はもっと険悪な雰囲気だったのかも知れない。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
余談だが、昨日やっとうちの施設に役場の職員が来て、避難民を公営の施設に移してくれる話が出た。
 
 

民主党は役に立たない

3日くらい前に県都に東京都から「ガソリン列車」が来た。
一日2往復するという。有り難いことだ。
個人的には石原都知事はあまり好きではなかったが、今回の活躍はスゴイと思う。
また大嫌いな河野洋平、太郎親子だが、被災地への医師の派遣に尽力している。
では「弱者の味方」のはずの民主党議員は何をしているのか。
何か役に立つことをしているのか?
聞こえて来るのはおバカ発言ばかりで、もう嫌になる。
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
普通は「ライフラインは3日」と言われている。
まあ3日間自力で生き延びれば、あとは電気やガス、水道など復旧し、通信設備も復旧すると思われている。
しかしうちの施設は一週間近い日々を自力で生き抜いた。
行政はまったく麻痺。
自衛隊は現地に入っているのだが「シビリアン・コントロール」なので、役場の要請がなければ動けないのだ。
この役場のトップが落ち込んでいて、あまり役に立たないらしい。
トップが無能では人命に係わる。
これは日本国全体がそうだ。
もうすべて自衛隊にお任せした方がずっと効率が良いと思う。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
今は自衛隊に指揮権を。
落ち着いたら、選挙をして自民党を与党に。
それしかこの窮地を生き延びる道が思い浮かびません。
 
 
画像はmixi「コードネームは6−4−3さんの日記」より拝借

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事