ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

突入〜!!

<メンバー> 山仲間(2人)
      
<山域> 鈴鹿

<コース> 愛郷の森-渋川-愛郷の森


 白山でちょっと疲れているが、真夏の晴れの日曜日を家で過ごすのは勿体無い。そこで愛知川でプカプカ泳ごうと思い、メールをばらまくが参加者は先週に引き続いてのC君一人になってしまった。C君は最近愛知川へ行ったばかりらしいので、二人でそれなりに楽しめる渋川に出かける事にした。

 愛郷の森は夏休みとあってたくさんの子供たちとたくさんの引率の大人たちでごった返していた。いいなあ、夏休み・・。なんて思いながら沢装束に身を包み、公園の奥から入渓。


 最初は単調なゴーロ歩きの後、堰堤を二つばかり超える。少し退屈だな〜と思いだした辺りで、両壁が立ってきて雰囲気が出てくる。


 やがて現れたのは「おにぎり岩」。左側のおにぎり状の岩を超すのがポイントなのだが、今回は水線通しにこだわり、滝中を突破した。



 続いて現れたのは大きな釜を持った8m滝。直登は無理なので右岸のバンドをショルダーで超える。残置スリングを使えば簡単だが、あえて使わずに超える事にする。



 その後も出てくる小滝は全部水中突破を試みる。たいていは何とかなったが、1か所、水の勢いが強く、流芯を超えてからの手がかりが無い為、断念したところがあった。






 そしていよいよこの谷のメインイベントの3m滝。右岸は巻くのに厳しい斜度、左岸は外傾したハング岩。そして滝そのものはツルツルの手がかりなしの難物。ちょっとクライミングの課題のようで時間をたっぷりかけて楽む。

 まずは左岸のハング岩。残置ボルトにかかっているスリングをアブミ代わりに取り付くが、横移動も一苦労しそうだ。


 今日の相棒のC君は、極力自力で登るという事をモットーにしているので、残置支点のある左岸突破ははなから捨ててしまっている。でもって、やっぱり水中突破を目指す。

 流れの奥まで行くのは簡単なのだが、その奥は手がかり、足がかりが乏しく、なかなかうまく登れない。C君は両手、両足を突っ張ってじりじりとセンチ単位で体を持ち上げていく。10分以上奮闘したところで無事クリア!さすがだ。



 私は小さなクラックに挟まっているチョックストーン(小石)にフックをひっかけて強引に体を持ち上げる。芦廼瀬で使わなかったフックがこんなところで役に立った。

 後は泳ぐ淵が1か所、小滝が2か所。ともにシャワーで超える。





 滝を超えると再び林道が頭上を走るところに出る。何やら楽しそうな声が聞こえるなと思ったら家族連れがバーベキューをしていた。なんだがいい匂い。


 林道を歩いて20分ほどで愛郷の森に到着。結局2時間と少しの遡行だったが、いろいろな課題もあり、手頃で楽しめるいい谷だ。C君、お疲れ様。キャンプ場の子供の数は朝よりさらに増えていた。

  • 顔アイコン

    メインイベントの3mの滝を水中突破してしまったんですね。
    私もやってみたけどできなかったです。
    いい目標ができました、次回がんばってみます。

    [ michi ]

    2010/8/8(日) 午後 9:16

    返信する
  • 顔アイコン

    あそこは難しいですね。
    台高の沢で事故があったみたいですね。お気をつけて。

    [ べーやん ]

    2010/8/9(月) 午前 0:47

    返信する
  • 顔アイコン

    ゴーロの水量と滝の水量がえらい違いますね

    夏向きのふんだんに泳げる沢
    ここいいですね〜
    涼しい景色に傑作!

    urijii

    2010/8/9(月) 午後 0:56

    返信する
  • 顔アイコン

    水と戯れるのには、丁度良い感じですね。
    私の相方は泳げないんで、練習させるにはいいかもです。

    ヌタハラ谷の事故は残念ですね。
    本当に、気をつけなければいけないな。

    キンゴ

    2010/8/9(月) 午後 11:08

    返信する
  • 渋川には一回だけ行ったことがあります。
    この時期の沢は涼しくて気持ちがいいですね。

    鈴鹿探検人

    2010/8/11(水) 午前 6:31

    返信する
  • 顔アイコン

    michiさん、今回は水中突破にこだわってみました。でもあのハングを超えるほうが難しそうですね。

    たろー

    2010/8/11(水) 午後 11:26

    返信する
  • 顔アイコン

    べーやん、丹沢での事故といいいやな意味で沢登りが注目されているような気がします。私も気をつけなければ。

    たろー

    2010/8/11(水) 午後 11:32

    返信する
  • 顔アイコン

    urijiiさん、格好のいい写真を選んでいるので迫力ありそうに見えますが、2時間程度の短い沢です。標高も低いので水温も高め。
    遊ぶにはちょうどいいかもしれませんが。

    たろー

    2010/8/11(水) 午後 11:33

    返信する
  • 顔アイコン

    キンゴさん、短い谷なので泳ぎの練習にはいいかも。
    事故はお互いに気をつけなければいけないですね。

    たろー

    2010/8/11(水) 午後 11:38

    返信する
  • 顔アイコン

    鈴鹿探検人さん、この時期は沢じゃないとやってられないですね。
    暑いし、虫が多いし・・。

    たろー

    2010/8/11(水) 午後 11:39

    返信する
  • 顔アイコン

    殆どを水中突破されたんですね〜さすがたろーさん、凄い!
    ここは近々行く予定で楽しみです。

    [ ikko ]

    2010/9/2(木) 午後 10:02

    返信する
  • 顔アイコン

    ikkoさん、私は登り系が苦手なのでここは水線通しに行ったほうが楽でした。小粒ながら楽しめるところです。でも水量が少ないとだめなので雨が降ってからのほうがよいかも。

    たろー

    2010/9/4(土) 午後 4:32

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事