ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 20

メインの15m滝


<メンバー>

<山域、形態>
比良、沢登り

<コース>
明王院奥林道ゲート(8:55)〜口ノ深谷入渓(9:30)〜口ノ深谷遡行
〜登山道(14:20)〜御殿山(14:50)〜明王院奥の林道ゲート(16:00)

<天気>
晴れ

 10月に入っても沢シーズンは続く。今回のコースは6月になべちゃんデビューにして入口の滝で門前払いを食った因縁の口ノ深谷。さて、どうなる事やら。
 
 急遽の企画にも関わらず沢好きメンバーが4人集まり遡行開始。もう水温が低いのでなるべく濡れないコースを取らなくてはいけないでもこれが結構難しい。

イメージ 1
濡れないように

イメージ 2
慎重に
 
 すぐに前回は敗退した27m滝が現れる。前回は右岸のルンゼを巻こうとして敗退したのだが、今回は左岸から。じっと眺めるとロープを出さずに簡単に巻けるルートがあった。分かってしまえばなーんだという時もあるが、ドツボにハマる時もある。これが沢の面白さでもある。

イメージ 3
前回敗退の滝
 
 その次の10mは一見難しそうだが、右壁を慎重に登りパス。なかなか緊張のクライミング。その後も次々と滝が現れるがどれも上手く巻いて行く。なべちゃんもかなり余裕をもって登れるようになったなあ。1シーズンでずいぶんと成長したもんだ。

イメージ 4
手前を右から巻く

イメージ 5
緊張の登り

イメージ 6
左からだったかな?

イメージ 7
楽しいね

イメージ 8
シャワーで通過

イメージ 9
どうやって超える?

イメージ 10
ロープで確保

イメージ 11
巨大CS

イメージ 12
上手くすり抜ける

 ワイワイ楽しく遡行していくとラスボスの15m滝が現れる。右岸のバンドをトラバースし、落ち口を慎重に乗り越すと滝らしい滝は終わり。少し遡り登山道が横切った所で遡行終了。

イメージ 13
ワイワイと楽しく

イメージ 14
水線は厳しいかな
 
イメージ 15
ラスボス15m

イメージ 16
落ち口は慎重に
 
 下山は御殿山経由で明王院まで一気に下る。途中の登山道は台風の影響か風倒木がたくさんあった。

イメージ 17
倒木多し

イメージ 18
こりゃ酷いなあ

 何とか下山予定時刻までにゴールにたどり着き一安心。沢シーズンも終盤にはいってきたけど楽しい遡行になった。

イメージ 19
明王院でゴール

参加の皆さんありがとうございました。

  • 顔アイコン

    この頃って明王院の蛭は
    おとなしくしてますか?
    3枚目の前回撤退の滝は10数年前に、うちの山会の女性が滑って肋骨にヒビが入ったことを
    思い出しました。

    nanachichipapa

    2018/12/20(木) 午前 11:47

    返信する
  • 顔アイコン

    > nanachichipapaさん
    もうおとなしかったでしょうか?見かけませんでしたね。
    比良は鈴鹿に比べて少ないように思えます。

    たろー

    2018/12/24(月) 午後 0:04

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事