ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索
イメージ 23

今日は水量多いなあ


<メンバー>

<山域、形態>
鈴鹿、沢登り

<コース>
宮妻峡P(9:10)〜中ノ谷(9:35)〜県境稜線(14:20)〜水沢峠(15:00)
〜宮妻峡P(16:20)

<天気>
曇り

 相変わらず天気の悪い週末が続く・・・。土曜日は初級沢の予定だが生憎の天気予報。小雨だけどそれでも良い方参加してください。と決行連絡したところ、なんと体験参加含めて3名の参加があった。みんなの意欲の高さに俄然張り切る。

 朝の宮妻峡はまだ雨は降っていない。今日は初顔合わせの体験さんもいるのでいつものように法面で懸垂下降の練習。体験さんは装備もすべて揃え、ロープワークも事前学習済で何とも頼もしい。

イメージ 1
いつもの様に懸垂下降練習

 準備が出来たら林道を歩いて中ノ谷へ。堰堤を超えて現れる最初の滝はロープワークの練習を兼ねて左から登る。水量が多いので対岸へ渡らず、直上する。

イメージ 2
最初の滝

イメージ 3
ロープワークの練習を兼ねて

 その後は堰堤を超え、長いゴーロ歩き。カズラ谷と同じように増水の痕跡はあったが、被害は思ったよりも大きくない。

イメージ 4
堰堤を超えて

イメージ 5
快調まるちゃん

 Ca650mの二俣を右に進むとこの谷の核心部に入ってくる。斜瀑を超えくの字滝を過ぎると10mの溝状滝が現れる。

イメージ 6
明るい谷は気持ちいい

イメージ 7
くの字滝を超えると

イメージ 8
落ちないように頑張って

 ここは取り付きの釜の通過がポイントだ。切り込み隊長に指名したなべちゃんは長い手足を上手く使って超えていく。滝の登りも危なげない。

イメージ 9
核心の前で記念撮影

イメージ 10
切り込み隊長はなべちゃん

イメージ 11
上手く登れました

 今後の為になべちゃんには後続のフォローもお願いする。滝上は少し水深があるので、半身水につかりながらのボディービレイでガタガタ震えていた。もう少し上に行けば水に入らなくても出来たのに。ポジショニングも勉強だよ。

イメージ 12
体験さんも流石です

 その後も面白い小滝が現れるので楽しく遡行。今日は水量が多いのでシャワーを思い切り楽しむ。

イメージ 13
まるちゃん、上手いね

イメージ 14
バンドを横切る

イメージ 15
曲者の岩間滝

イメージ 16
なべちゃん、フォローの仕方も勉強だよ

 最後の白い滝はメンバーの勉強の為、ハーケンを打って登るが回収を頼んだハーケンはいとも簡単に抜けてしまった。まだまだ修業が足らないなあ。

イメージ 17
白い滝はロープを出して直登

 白い滝を超えると流れも伏流し、ガレ場の登りになってくるので適当に登り易そうな支谷に入る。県境稜線にたどり着く直前に岩の積み木を積んだようなどこを触っても崩れそうな小尾根にぶつかってしまい、少しひやっとしたが何とか通過。

イメージ 18
キノコを見つけてご満悦

イメージ 19
左の支谷に入る

イメージ 20
稜線が見えた

 後は鎌尾根から水沢峠経由で宮妻峡まで。稜線はガスガスだったけど最後まで雨に降られる事なく楽しく沢登りが出来た。

イメージ 21
キノコ岩

イメージ 22
水沢峠へ

 悪天にも拘らず「沢がやりたい」と集まってくれるメンバーとの遡行はとても楽しい。みんなにもっと経験を積んでもらい、もっと大きな沢へ行きたいなあ。

 参加の皆さんお疲れ様でした。

イメージ 1
八峰を縦走をするクライマー

 転進、中止が続いた今年の遠征。秋分の日の三連休はやっと天候に恵まれて剱岳北方稜線を歩くことが出来ました。次は八峰縦走に行きたいな

<2018年9月の山歩き>




北ア 剱岳北方稜線① 2018.09.22の記録
北ア 剱岳北方稜線② 2018.09.23の記録
北ア 剱岳北方稜線③ 2018.09.24の記録

.

イメージ 19

百間滝


<メンバー>

<山域、形態>
鈴鹿、沢登り

<コース>
鈴鹿スカイライン表道登山口(7:55)〜百間滝下(9:25)〜百間滝上(9:50)
〜表道合流(11:50)〜展望レストラン(12:3013:10)〜表道
〜鈴鹿スカイライン表道登山口(1400)

<天気>
晴れ

 本来なら前穂北尾根に挑戦の予定だったが、土曜日が雨予報であえなく中止。日曜日は何とか晴れそうなので鈴鹿の日帰り沢へ転進(泣)。

 ちょうどTBっちチームが御在所にカレーうどんを食べに行くという事なので輪r割れも合流すべく東多古知谷に行く事に。

 表道登山道を少し歩き、堰堤を超えて入渓。途中の登山道にはタマゴダケがいっぱいだった。

イメージ 1
入渓

 岩ゴロゴロの小滝を超えて進むと短いゴルジュの先に20m滝。ここはロープワークの練習がてらセカンド確保の説明&実践をする。

イメージ 2
いきなり大岩を超える

イメージ 3
ゴルジュがお出迎え

イメージ 4
20m滝はウォーミングアップがてらロープワークの練習

 つづく百間滝は巻き道のルート探索、左岸の尾根を大きく回りこんで滝上にでる。

イメージ 5
百間滝

 短い谷なのであまり早く登ってしまうと、ロープウェイ駅で待ちぼうけを食うのでたっぷり遊んで時間稼ぎ。まずはロープで確保した状態で落ち口を覗きに行く。

イメージ 6
落ち口を覗く1

イメージ 7
落ち口を覗く2

 結構な高度感。ここは大滝登攀の入門編らしいけど、自分が登ってる所は想像つかないなあ。

イメージ 8
登れるかな?

 百間滝上のナメを超えたら次は二股にかかる10m滝。普段は巻くのだけど今日はロープを出して登って遊ぶ。シャワー全開でなかなか面白い。

イメージ 9
岩々を超えて

イメージ 10
普段は巻く10m滝

イメージ 11
今回は登ってみる

イメージ 12
全員で登る

 その後は連続して現れる小滝を登り詰め、表道に合流したらレストランが新しくなったロープウェイ駅へ。ゆっくり遊びながら遡行したので4時間もかかってしまった。

イメージ 13
滝がどんどん出て来る

イメージ 14
なべちゃん頑張れ

イメージ 15
中だるみの無い面白さ

イメージ 16
新しくなった御在所RW

 RW駅にTBっちチームはまだ到着していないようだ。おかしいなと思って携帯を確認すると体調不良で御在所までたどり着けず、撤退との事・・。御在所に登れないって何なん?

 仕方が無いので沢チームだけでカレーうどんを楽しむ事に。おしゃれな山ボーイ&ガールや観光客の中に沢装束の我々は少々浮いた感じだったが、自分的にはギリギリOK。展望の良い席で本谷を見下ろしながら食べるカレーうどんは美味しかった。

イメージ 17
展望が良いレストラン

イメージ 18
名物カレーうどん(ちょっとかじっちゃいました)

 後は、表道をスタコラ歩いてスカイラインまで。収穫しようと思っていたタマゴタケはすでに誰かに取られていた。くっそー。

 急遽の計画変更にも関わらず6人の仲間で楽しく遡行出来た東多古知谷。アプローチも短く、下山も楽。滝登りが楽しめ、百間滝という観光スポットもあるというとても使い勝手のいい谷だ。メンバーの一人が「困った時の東多古知だね」と言っていたがまさにその通り。

 これからも困った時は東多古知に行くことになるだろう。参加の皆さんありがとうございました。

台風24号通過中

今年は台風の当たり年、何個上陸すれば気が済むんだろう・・

現在、台風24号がおそらく上空を通過中。
気圧は何と965hPa 

自宅はマンションの5階だけどこんな数字見たこと無いなあ。

イメージ 1
何、この数字!

雨や風の峠は越えたようです。明日、会社が酷い事になってないといいんだけど。

イメージ 2
峠は越えたかな?

それから、沢が埋まったり、林道が崩れてないといいんだけど。

 

イメージ 11

今日はここで引き返します

<メンバー>

<山域、形態>
大峰、沢登り

<コース>
泊地(7:30)〜引き返し地点Ca1140(8:309:30))〜泊地(10:30)
〜登山道〜琵琶滝滝見台(12:0012:20)〜下多古林道終点(12:45)

<天気>
晴れ

 夜は寒かったようだがとりあえず全員無事。起きて早々に焚火を再点火し暖をとるメンバーたち。ゆっくりと朝食を摂ったら上流まで少し足を延ばす事にする。

イメージ 1
泊地の朝

 谷は昨日と同じく穏やかな流れ。「木の葉入らずの淵」という、ぜひ由来を知りたい名前の釜を超え、滝が落ちる釜まで1時間程で遡行終了、引き返す事にする。時間的も余裕があるので、沢下降に備え懸垂下降の練習もやってみる。

イメージ 2
遡行開始

イメージ 3
癒し渓が続く

イメージ 4
木の葉入らずの淵

イメージ 5
ここで引き返します

イメージ 10
これくらいで勘弁しといてやるか

 テン場に戻りテントを撤収したら、極力沢には入らず杣道を使って降りて行く。大釜の所はせっかくなので懸垂下降の実践。Jこちゃん上手く出来ました。

イメージ 6
大釜まで戻ってきた

イメージ 7
Jこちゃん、初懸垂

 後は登山道を下るだけ。途中、琵琶滝の滝見台で昼食をとっても13時前には駐車地に到着。本当にお手軽な沢泊だった。

イメージ 8
滝見台から琵琶滝

イメージ 9
帰りは登山道で楽々

 余裕があるので入之波温泉に立ち寄って先週、温泉に入れなかったリベンジを果たす。あとは渋滞が始まる前に愛知まで。

 終わってみれば気持ちのいい天気の下、楽しい沢泊だった。一方で、貴重な晴れの週末をこんな易しい沢に使ってしまって勿体無い、という気持ちも無いでは無い。しかし、今回初沢泊のメンバーも楽しかったと言ってくれているのでそれはそれで良しとしよう。

 参加の皆さんお疲れ様でした。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事