こちらは美杉町太郎生です。

三重県の県境にある集落、美杉町太郎生に住む『太郎生人』をご紹介!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

コンバンワヽ(○・▽・○)ノ゛
 
昨日は、太郎生で『子供みこし』が開催されました。
 
正午、太郎生中に太鼓の音が響きます。
お神輿は3つあって、上、中、下太郎生をそれぞれ練り歩くので、太郎生中の家の前を大体通ってくれると思います。
 
 
イメージ 1太鼓の音が近づいてきたら、太郎生の人は、『奉納』をするために、みんな外に出てお神輿を待ちます。
 
太郎生中の子供たちと、国津神社の氏子さんがお神輿を引いてやってきましたヾ(・∀・`o)ノ
 
小学生から赤ちゃんまで、バッチリお祭りの装いをしていて、とっても可愛い!(ノ≧▽≦)ノ
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
神輿の後ろのほうに、お賽銭箱を持ったチビッ子がいるので、奉納を入れます。
 
奉納金額はお気持ちで…(●´U`●)
 
奉納が終わったら、上、中、下太郎生の3か所でお昼の振舞がされているので、神輿の後ろをついていきます。
 
 
 
 
イメージ 3
 
振舞場所は毎年変わるので、神輿の後ろについて行って会場まで行くのが一番手っ取り早いです。
 
でも、神輿は1時間ほど山道を練り歩くので、ついていくのが結構大変!
 
国津神社でも振る舞いがされていますので、そちらに直接行ってもOKですよ。
 
←写真は中太郎生の北出で行われた振舞風景です。
 
 
 
 
イメージ 4
振舞を食べたら、神輿と一緒に国津神社に移動します。
 
→国津神社は3つのお神輿が集結していて、すごい人です。
 
3つの神輿が集まったら、国津神社の長い階段を上っていきます。
 
ここで、一緒に登らずにちょっと待つのがおススメ。
 
 
 
イメージ 5なぜかというと…
 
←神輿を先導していてくれた太郎生青年消防団や警察の方が整列して、国津神社の方からお礼の挨拶を受ける様子がみれるからです。
 
ビシッとした消防団の皆さん
カッコいいですよ・:*(〃∇〃人)*:・
 
 
イメージ 6
 
 
消防団の整列を見た後に、国津神社に登ります。
 
神社では、小学生が舞を踊ってます。
綺麗ですね(*´艸`)
 
しか〜し、ここでチェックしていただきたいのは舞子の後ろで、心配そうに見守っている踊りの先生!
 
写真に写る先生に矢印してます。
着物をきていらっしゃるのですぐに分かります。
 
イメージ 7
 
子供たちが舞う姿をビタっとみてます。
心配なんでしょうね [壁|●´_っ`●)チラッ
 
国津神社でも、おでんの振舞があります。
 
お昼の振舞もいただき、さらに、おでんも食べると、お腹一杯!
 
 
 
イメージ 8
 
氏子代表から締めの挨拶があって、祭りは終了です。
 
でも、これで帰っちゃダメですよ!
 
しばらく待っていると
神輿が解体されて、おさめる様子が見れます。
 
皆さんも、太郎生らしい『子供みこし』を細部まで楽しんでみてくださいね!
 
 
 
 
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事