精神障がい者の解放をめざして…心病める人へのメッセージと討論の場

「精神障害がい者収容所列島」からの真の解放に向けて!そして原発・医療観察法の廃止を!

全体表示

[ リスト ]

七瀬@ついに政府が、公言「保安処分」!「社会防衛論」!

この理屈、精神障害者に対しても完全に応用が効きますね。性犯罪、麻薬・覚せい剤関係だと、世論も支持してしまう危険性は大変高いと思います。医療観察法の5年後の「改正」には「保安処分」「社会防衛論」が正式に盛り込みかねられないとさえ思います。

性犯罪や麻薬・覚せい剤関係の犯罪数は、そもそも増加しているのでしょうか。

また、医療観察法同様「再犯(累犯)予測」はそもそも可能なのでしょうか。

小平の集会に、麻薬治療をご専門にしておられる、クリニックのPSWの方がパネラーとしてこられ「治療にこられた方を警察に通報したりは絶対しない」とおっしゃっておられましたが、今後はそうも行かなくなるのではないでしょうか?

性犯罪に関しては、インポテンツにする薬を筋肉注射するやり方を取っている国の例も聞いたことがあります。

以下、法務大臣の記者会見からです。なお『』は七瀬がつけました。

  なお記者会見の全文はhttp://www.moj.go.jp/SPEECH/POINT/sp060711-01.htmlをご参照ください。

例えば,麻薬・覚せい罪関係,性犯罪者関係は,周りの環境,周辺住民との関係もあって,希望しても入れないとか,その施設にいる時間が制約され,平均半年,長くて1年ぐらいしかいられない,そういうようなものを補って,公的な支援センターを作るべきだということで,検討を始めています。そういう人
の関係で,刑執行終了後の『累犯の可能性』の強い人たちに対する,何らかの『保安処分』が検討できないかといった,ほかにも幾つかありますけれども,課題について,諮問をするわけです
『保安処分』的な性犯罪に対する教育ですとか,麻薬・覚せい剤に対する治療,あるいは血液検査を何年間は受けなさいとか,そういう刑終了後の処分については,これは新しい考えになると思います。
『「社会をそういう者から防衛』するのだと。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事