【紀州犬】犬と歩けば棒にあたる!【一期一会】

『今そこにいる犬を観る』 しつけ方法を学ぶよりも、犬という生き物への理解が大切。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


世界最速の犬種とは

犬の走るスピードに関する情報は、昔から動物図鑑などでもグレイハウンドが引き合いに出され、トップスピードで時速70キロで走るとされています。

グレイハウンドといえばエジプト原産のサイトハウンドで、完全なるスプリンター型の猟犬である。

またその俊足を活かしてドッグレースなどでも使われている犬種です。

時速70キロ… もちろん短距離でしか維持できないスピードですが、速いですね。

国道を走る自動車と併走できちゃいますね。(笑)

しかし、この時速70キロという情報はあくまでも最速犬種の最高速度での話しであり、一般的な犬を語るには現実味がない話である。

我々が知りたい「犬の走るスピード」が巷の一般的な犬とは言うものの、犬種も体格も様々なのでこれまた一概には語れないという問題もあります。

そんな中、ある貴重なデータを見つけました!


犬の50m走

「DOG EVENT CLUB」という国内の団体があるのですが、同クラブのイベントとして国内各地にてドッグスポーツが行なわれています。

その競技種目の柱となるのが「ドッグタイムレース」

この競技は犬の50m走のタイムを競うもので、国内で見られる多くの犬種が参加しております。

そして、50m走の貴重な記録がこちらです。↓↓

【2009年度の各会場における大会記録】 http://www2.doglife.info/sports/dtr_ranking/index.html


更に犬種別で記録をまとめたものがこちらです。↓↓

【2010年度の犬種別記録】 http://www.doglife.info/dogsports/ranking_race.php?Year=2010&Mode=1


国内の50m走に関して言えば、最速犬種はウィペット。

イギリス原産のサイトハウンドで、最高速では時速65キロも出せるとの図鑑情報があります。

ウィペットは国内では家庭犬として広く親しまれており、巷でも見掛ける機会は多いです。

さて、ドッグタイムレースの貴重な公式記録は有り難いのですが、記録タイムだけでは今回のテーマである肝心の「時速」が解りません。(汗)

そんな訳で私が電卓を手に取り、速度計算をしてみました。


犬の走る速度

以下の時速は50m走のタイムより計算。 犬種については犬種別トップクラスのタイム目安です。

4.0秒 → 45.4km/h (約45km/h) ウィペット

4.5秒 → 39.9km/h (約40km/h) ボーダー・コリー、イタリアン・グレー・ハンウンド

5.0秒 → 36.1km/h (約36km/h) 甲斐犬、中・大型雑種犬、M・ピンシャー、ラブラドール・R

5.5秒 → 32.9km/h (約33km/h) 柴犬、ゴールデン・レトリバー、ジャック・ラッセル・テリア

6.0秒 → 30.0km/h (約30km/h) ビーグル、W・コーギー、小型雑種犬、G・シェパード

6.5秒 → 27.7km/h (約28km/h) チワワ、M・ダックス

7.0秒 → 25.8km/h (約26km/h) グレート・デン、サモエド、パグ、ヨークシャー・テリア

7.5秒 → 24.0km/h (約24km/h)

8.0秒 → 22.5km/h (約23km/h) シー・ズー

8.5秒 → 21.2km/h (約21km/h)

9.0秒 → 19.9km/h (約20km/h) マルチーズ

9.5秒 → 18.9km/h (約19km/h)

10.0秒 → 18.0km/h (約18km/h) ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア


以上の時速データはあくまでも50m走におけるものですが、猟犬や牧洋犬が本気モードになればトップスピードは上記の記録以上を叩き出すと思います。

それから、個人的には紀州犬のデータが欲しいところですが、野山を駆けるスピードならばトップクラスであることは間違いないでしょう。 


人間の走るスピードは時速何キロ?

ちなみに人間の50走タイムと時速の参考は以下の通りです。

「平成20年度 運動能力調査」文部省データより【50m走平均】

19歳男子(毎日運動してる人)7.22秒 → 24.9km/h (約25km/h)
19歳男子(全く運動しない人)7.60秒 → 23.8km/h (約24km/h)
 
19歳女子(毎日運動してる人)8.69秒 → 20.8km/h (約21km/h)
19歳女子(全く運動しない人)9.43秒 → 19.1km/h (約19km/h)


【おまけ】100m走世界記録は?

ジャマイカのウサイン・ボルト選手の2009年の記録

9.58秒 → 37.7km/h (並みの犬より速い!?)

100m10秒の時速が36.1km/hです。 世界記録とのタイム差は僅か0.42秒ですが、その時速差は1.7km/hにもなります。

ん〜 改めて世界記録を更新することは凄いものだと実感。

今回の調べにおいて、改めて犬の足の速さを認識することができました♪



【2017/06/23 追記】当記事の内容は、以下の裁判において証拠を立証する過程で調べたものです。

『フレキシブルリードの欠陥、製造物責任を巡る裁判の話』 https://blogs.yahoo.co.jp/taronusi/folder/1202917.html

閉じる コメント(20)

顔アイコン

50m程度だと42km程度で走ってますよ〜←散歩が足りて無くて尚且つ嫌いな犬がいる場合笑

でも気が乗らないと全力では走ってくれないです笑
通常は35km程ですね、メーター読みですが 削除

2010/10/25(月) 午後 8:45 [ casea ] 返信する

顔アイコン

岩山でボルトと紀州犬・甲斐犬で競争したらどうなりますかな?ボルト以外はそのまま帰って来ないっぽいですね(-_-;)
昔、阪急の福本が馬と競争して勝ちましたね♪ 削除

2010/10/25(月) 午後 9:28 [ 甲斐犬 ] 返信する

顔アイコン

caseaさん♪ おお〜 バイクでコスモを引いた記録ですね。 紀州犬のトップスピードは時速40キロ台だと思ってはいたのですが、やはりそれくらいは出せるのですね。 そして通常でも時速35キロで走れるならばなかなか速いくていい感じ♪(^^)

実は今回の記事、ある案件の相談に対する僕の見解を回答としてまとめたものなのですが、そうした意味でも時速に関する貴重な情報を頂けて助かります。 ありがとう!

2010/10/25(月) 午後 9:57 taronusi 返信する

顔アイコン

甲斐犬さん♪ 岩山でボルト選手と紀州犬、甲斐犬ですか?

岩場がステージでしたら、そりゃもう甲斐犬が1番で、遅れて紀州が2番。
そしてボルト選手は置き去りでしょう。(^^)


>ボルト以外はそのまま帰って来ないっぽいですね(-_-;)

ん〜 確かに… それはシャレにならないかも。(爆)

2010/10/25(月) 午後 10:03 taronusi 返信する

顔アイコン

興味深いデータですね。電卓片手に換算御苦労さまでした。
速い!!とは思っても、具体的な数字が示されると本当に速いのが実感できる気がします。絶対私の散歩の時は走らせては危険だ・・・と思いました(大汗)

2010/10/26(火) 午後 0:54 [ pjh*ib*r* ] 返信する

顔アイコン

走らせるとこんなに早いのに、、
一生リード付散歩のみの犬が増えるのねぇ
それも 一つの虐待じゃないのかしら
呼び戻しが出来るからって
リード無しで走れる場所ってそんなに無いし。
犬に生まれることもまた、不幸なのかしら
考えてしまいました(-"-;)

2010/10/26(火) 午後 2:27 [ ジェイ君 ] 返信する

顔アイコン

むむ〜
普段から運動してる人間よりも紀州犬のほうが速いんですね!
ボスか私が体を鍛えればキシュウを全力疾走されられるかしら・・・なんて考えてたのです〜!! 削除

2010/10/26(火) 午後 6:54 [ kei ] 返信する

顔アイコン

ネズりおは勿論のこと、先代のキャバリアにも全く追いつけなかったのを思い出します。
(因みに運動の足りてるキャバ&元陸上部ながらも運動不足な人間のコンビでしたが)

山間だと和犬は強そうですね〜。
本来の活動場所ですもんね。

蛇足ですが、50mだとスピードが乗り切る前に終わってるようですが、100mの直線コーシングだとボルゾイが優勝してました。
ウィは短距離強いですね〜。 削除

2010/10/28(木) 午前 7:29 [ ゆっきん ] 返信する

ピーの家族さん♪ この時速計算はあくまで50m走の場合ですが、概ねこのくらいのスピードは簡単に出せるということですね。
また、犬種によっては50mの距離ではトップスピードに至らないものもいると思います。 例えばウィペットが時速65キロに至るとの図鑑情報から察すると、少なく見積もっても上記の参考タイムはトップスピードに達していないことは確かだと思います。

そうですね〜 PJと走るのは楽しいけれど、スピードを上げられたらコチラの脚が付いていけませんね。(笑)

2010/10/31(日) 午前 9:06 taronusi 返信する

顔アイコン

50mを全速力で走ったら何秒か?!
何て・・・そのような大会があるなんて知らなかったのでビックリしています!
うちの茶央が走ったら、どれくらいの記録が出せるんでしょう?
その前に、ひとりでまっすぐゴールまで目指せるか!が先ですねぇ。

2010/10/31(日) 午後 1:43 茶央さん 返信する

ジェイ君ままさん♪ 確かに。犬にとっては走れないことはある意味虐待かも知れませんね。
犬のポテンシャルを引き出す意味では、ドッグスポーツを楽しんだり、野山に出掛けるのが1番!(^3^)/

そしてジェイ君の凧上げは、顎まで鍛える全身強化!(笑)
いやマジで、パピヨンのポテンシャルの高さには驚かされます。(ρд・;)

2010/11/2(火) 午後 8:53 taronusi 返信する

顔アイコン

keiさん♪ そりゃぁ並みの人間が短距離で中型犬に勝てるはずもないでしょ〜(^^)
タローも生後半年頃には僕より遥かに速い足を持っていました。

2010/11/3(水) 午前 1:50 taronusi 返信する

顔アイコン

ゆっきんさん♪ 大抵の犬は、超小型犬であっても走るのは速いですね。 ネズミだってあんな小さな体で速く走るもんね。

>蛇足ですが、50mだとスピードが乗り切る前に終わってるようですが、100mの直線コーシングだとボルゾイが優勝してました。

よくぞ気付いてくれました。 この蛇足、とても大事ですね。 本文中でこの事に触れるはずが忘れてました。(汗)
犬種によっては、50mでは全てを出し切れていないと思います。 ウィペットの時速65キロという情報からすれば、ここからまだ伸びそうですよね。 単純に上記の秒速を2倍(100m)に換算するだけでも、速い犬と並みの犬では2〜3秒ものタイム差が生じるから、50mで1秒違うと大きいです。 時速30キロでも、1秒で8.3mも進みますからね。
ネージュとリオ、どちらもスプリンターですが、直線ならネージュに分があり、ハイスピードでの旋回能力はリオのほうに分がありかな。(^^)

2010/11/3(水) 午前 2:07 taronusi 返信する

顔アイコン

茶央さん♪ 50m走、面白い競技でしょ? 紀州犬は鉄砲玉なので、なかなかスポーツ競技に向かない犬種なのですが、この競技ならば紀州犬も楽しめそうですね。
でも、獲物を見つけた時の紀州犬本気のスピードは、この競技を持ってしても見ることは出来ないかも知れません。 でも、ゴール付近で猫をチラつかせればターボスイッチが入るかも!?(爆)

2010/11/3(水) 午前 2:14 taronusi 返信する

顔アイコン

こんにちは
ほんとん紀州犬のが知りたいですね

話は変わりますが
10月30日に わが町で 町主催の祭りがありました
そのに 1か月未満の子犬と触れ合うイベントがあり(もちろん紀州犬です) 抱っこしてきました

2010/11/17(水) 午後 1:00 [ tak*t*rugo ] 返信する

顔アイコン

tak*t*rugoさん♪ お久しぶりです。
この競技、タローが全盛期だったら楽しめたかな?などと思ってみたりもしました。

えっ!? 1ヶ月未満の紀州犬と触れ合うイベントですか? 離乳もしていない子犬をイベントで晒すのもどうかと思いますが、紀州犬を盛り上げようという和歌山ならではの地域性を感じます。(^^)

2010/11/20(土) 午後 10:57 taronusi 返信する

顔アイコン

スタートしてから最高スピードに達するまでの大幅なロスがあるので実際の時速はもっと速いです。 興味深い記事でした。 削除

2013/8/17(土) 午前 8:20 [ yuzafuro ] 返信する

yuzafuroさん♪ コメントありがとうございます。
そうなんです。最高速もさることながら、初速がどれほどのものなのかを知りたいですよね。
スタートに関しては出足がもたつくタイプと、ロケットスタートを切れるタイプがあるので、細かく計測出来たら面白いだろうなぁと思います。

2013/8/17(土) 午後 5:09 taronusi 返信する

顔アイコン

自分 21/h
うちのポメラニアン 21/h 削除

2015/7/7(火) 午前 4:35 [ 生後325ヶ月 ] 返信する

生後325ヶ月さん♪ 犬と同じ速度で走れるのであれば、犬との行動を存分に満喫できますね!

2015/8/22(土) 午前 8:38 taronusi 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事