【紀州犬】犬と歩けば棒にあたる!【一期一会】

『今そこにいる犬を観る』 しつけ方法を学ぶよりも、犬という生き物への理解が大切。

全体表示

[ リスト ]

お待たせ致しました。 【関東編】からの続きです。
 
 全国はどうなの?                              
 
◆平成23年度、犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況(都道府県・指定都市・中核都市別の統計)
 
さて、都道府県別(政令指定都市・中核市を除く)の数字が目立つ茨城県と千葉県ですが、何故目立つのでしょう? それは、殺処分に関する情報発信者や動物愛護団体および活動家が、東京、千葉、埼玉などに多いことから注目されやすい部分もあれば、東京から近いので取材の対象になりやすいこともあるかも知れません。 特に千葉県動物愛護センターは積極的に取材に応じて、メディアを通じて現状を世間に知って頂く努力も行っています。 
 
何はともあれ、悪い意味で注目されがちな我が茨城県が全国で見た場合に本当に最下位レベルなのか? それを確かめるべく都道府県別の数字を集計してみました。 ここで1つ前置きをしておきたいのですが、今までも上記リンクURLの資料等に基づいて都道府県別の順位が出されているものを幾度か目にはしてきましたが、その全ては別集計されている政令指定都市・中核市の殺処分頭数を考慮していないものばかりでした。 裏を返すと、都道府県別の公式数字の発表の仕方が見る者にとって判り難いことを意味します。
 
今回、犬と歩けば棒にあたるが行った一連の都道府県別・犬猫殺処分実績集計は、政令指定都市・中核市の数字も含めたものであることを改めて強調致します。 これによって従来から認知されていた都道府県別の実績とは異なり、客観的に比較を行える構成に致しました。 また、環境省統計では東京都の犬猫処分数は2,139頭になっておりますが、東京都動物愛護相談センター発表では2,190頭になっている為、今回はその数字を優先。 更に、環境省および東京動物愛護相談センターの統計には反映されていない八王子市町田市の数字もこの度は入手したので、東京都に関してはそれらも加えて再計算しました。 
 
 
【表1】
 平成23年度 全国/都道府県別の犬猫殺処分頭数 (政令指定都市中核市を含む)
 ※地方別に殺処分数の多い順にて表記。
 ※(  )右側の%表示は、各都道府県において都市部が占める処分頭数の構成比です。


日本全国・・・175,183頭  ※再集計後 

北海道・・・・・・・5,099頭 (内、札幌市 1,643頭、旭川市 416頭、函館市 786頭) 55.7%         

宮城県・・・・・・・3,550頭 (内、仙台市 688頭) 19.3%
福島県・・・・・・・3,446頭 (内、郡山市 466頭、いわき市 521頭) 28.6%
青森県・・・・・・・3,196頭 (内、青森市 502頭) 15.7%
山形県・・・・・・・2,139頭 (県内全域)
岩手県・・・・・・・2,033頭 (内、盛岡市 112頭) 5.5%
秋田県・・・・・・・1,235頭 (内、秋田市 235頭) 19.0%

茨城県・・・・・・・5,871頭 (県内全域)                                      
千葉県・・・・・・・5,226頭 (内、千葉市 147頭、船橋市 209 頭、柏市 203頭 ) 10.6%          
埼玉県・・・・・・・4,253頭 (内、さいたま市 782頭、川越市 238頭) 23.9%                 
神奈川県・・・・・3,017頭 (内、横浜市1,168頭、川崎市298頭、相模原市46頭、横須賀市156頭)55.2%
群馬県・・・・・・・2,852頭 (内、前橋市 521頭、高崎市 144頭) 23.2%
栃木県・・・・・・・2,857頭 (内、宇都宮市 665頭) 22.9%
東京都・・・・・・・2,580頭 (内、八王子市 319頭、町田市 70頭、※大島、三宅島などの諸島含む)

愛知県・・・・・・・6,665頭 (内、名古屋市3,058頭、豊橋市309頭、豊田市470頭、岡崎市347頭)62.7%
静岡県・・・・・・・4,922頭 (内、静岡市 1,154頭、浜松市 993頭) 43.6%                  
岐阜県・・・・・・・2,454頭 (内、岐阜市 526頭) 21.4%
新潟県・・・・・・・2,201頭 (内、新潟市 750頭) 34.0%
長野県・・・・・・・1,880頭 (内、長野市 72頭) 3.8%
山梨県・・・・・・・1,583頭 (県内全域)
石川県・・・・・・・1,335頭 (内、金沢市 254頭) 19.0%
福井県・・・・・・・1,113頭 (県内全域)
富山県・・・・・・・・875頭 (内、富山市 183頭) 20.0% 
兵庫県・・・・・・・7,774頭 (内、神戸市2,145頭、姫路市 375頭、西宮市 185頭、 尼崎市 369頭)39.5%
大阪府・・・・・・・7,428頭 (内、大阪市 3,620頭、堺市 437頭、高槻市 213頭、東大阪市 513頭)64.3%
三重県・・・・・・・3,651頭 (県内全域)
京都府・・・・・・・3,415頭 (内、京都市 1,634頭) 47.8%
和歌山県・・・・・3,340頭 (内、和歌山市 770頭) 23.0%
奈良県・・・・・・・2,193頭 (内、奈良市 412頭) 18.7%
滋賀県・・・・・・・1,977頭 (内、大津市 504頭) 25.4%

広島県・・・・・・・8,340頭 (内、広島市 1,396頭、福山市 1,696頭) 37.0%                 
山口県・・・・・・・5,537頭 (内、下関市 1,388頭 ) 25.0%                           
岡山県・・・・・・・3,217頭 (内、岡山市 529頭、倉敷市 1,117頭) 51.1%
島根県・・・・・・・1,950頭 (県内全域)
鳥取県・・・・・・・1,412頭 (県内全域)

愛媛県・・・・・・・5,629頭 (内、松山市 1,081頭) 19.2%                            
高知県・・・・・・・4,849頭 (内、高知市 1,581頭) 32.6%                            
香川県・・・・・・・4,584頭 (内、高松市 1,119頭) 24.4%                            
徳島県・・・・・・・3,132頭 (県内全域)
福岡県・・・・・・・7,468頭 (内、北九州市 1,860頭、福岡市 565頭、久留米市 539頭) 39.6%      
長崎県・・・・・・・6,234頭 (内長崎市 1,923頭) 30.8%                            
沖縄県・・・・・・・5,728頭 (県内全域)                                      
熊本県・・・・・・・4,568頭 (内、熊本市 45頭) 0.01%                              
鹿児島県・・・・・4,139頭 (内、鹿児島市 1,150頭) 27.7%                           
大分県・・・・・・・3,085頭 (内、
大分市 983頭
) 31.8%
宮崎県・・・・・・・2,966頭 (内、宮崎市 233頭) 7.8%
佐賀県・・・・・・・2,185頭 (県内全域) 
 
上記【表1】の見方ですが、我が茨城県は殺処分頭数が多いことで有名なので、参考基準として 緑色 のマーキングを致しました。 そして殺処分頭数が4,000頭を超える都道府県を 黄色 でマーキングしました。 
 
ご覧の通り、政令指定都市・中核都市の数字を含めると、とてつもなく数字が伸びる都道府県があります。  ちなみに処分頭数の多い少ないに関係なく、都市部の殺処分頭数構成が25%を超える都道府県は次の通りです。 北海道 55.7%、福島県 28.6%、神奈川県 55.2%、愛知県 62.7%、静岡県 43.6%、新潟県 34.0%、兵庫県 39.5%、大阪府 64.3%、滋賀県 25.4%、広島県 37.0%、山口県 25.0%、岡山県 51.1%、高知県 32.6%、福岡県 39.6%、長崎県 30.8%、鹿児島県 27.7%、大分県 31.8% いわゆる都市部における数字が30%を超える地域は都市型として分類できます。 29〜20%は分散型、19%以下は郊外型。 (※都市型・分散型・郊外型は当方独自の分類です。)
 
都市型に対して、熊本県は都市部の構成比は0.01%という極端な郊外型として分類出来ますが、これは熊本市動物愛護センターが確固たる信念を持って殺処分ゼロを目指して業務にあたっており、遺棄しようとする市民に対して水際での説得や説教をしたり、抑留期間を可能な限り設けて新たな飼い主を探すなどの努力の結果であります。 ちなみに熊本市が熊本県に占める人口割合は40.6%です。 それを処分頭数比 0.01%に留めていることがどれほど凄い事かお分かり頂けるでしょう。
   
ちなみに政令指定都市・中核都市を有せず、県単独で独走的な数字を示しているのが茨城県と沖縄県です。 特に沖縄県に関しては茨城県に対して面積が僅か37%の島です。 しかし、それらの疑問は人口を調べてみることでと納得できるものがあります。 が、それはあくまで茨城県との人口対比であって、処分頭数の多さとしては茨城県同様に課題は絶えません。
 
そして、都道府県別のトータルで処分頭数が唯一1,000頭を切っているのが富山県で、分類としては分散型になります。 全国の処分頭数が1,000頭を超えている中で、875頭というのは群を抜いています。
さて、果たしてこれは評価に値する数字なのか? その答えは後程。
 
以上、ここまでは犬猫の殺処分頭数による全国対比となりますが、この集計の目的は、都道府県別で評価をすることではないことも強調しておきます。 ここでの目的は、都道府県別の数字をより正確に把握することと、殺処分に至る地域を都市型・分散型・郊外型に分類することにあり、傾向の把握とともに対策を立てるキッカケ作りに他なりません。 ですから1〜47位までの順位といった無駄な羅列にすることなく、地方ごとに整理した次第であります。 そして、ここからが犬と歩けば棒にあたるにおける分析の本題へと移ります。
 
 
【全国編その2】へ続く  
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事