【紀州犬】犬と歩けば棒にあたる!【一期一会】

『今そこにいる犬を観る』 しつけ方法を学ぶよりも、犬という生き物への理解が大切。

全体表示

[ リスト ]

2017年1月14日(土) つくば市高崎自然の森公園にてお散歩会を開催しました。

■参加犬
1.アメリ (イングリッシュ・セッター、2歳♀) 【初参加】
2.ノエル (ボーダー・コリー、2歳6ヵ月、♀) 【初参加】
3.末三 (雑種犬、推定3歳、♂)
4.こはる (柴犬、7歳、♀)
5.モモ (ポメラニアン、8歳、♀)
6.蒔至 (パピヨン、10歳、♂)
合計6頭 (♂2頭・♀4頭)

見学参加1組(ボーダーコリー、1歳2ヵ月、♀)の飼い主様


ノエル(ボーダーコリー)
イメージ 1

イメージ 2


末三(雑種犬)
イメージ 3

イメージ 4


こはる(柴犬)
イメージ 5

イメージ 6


モモ(ポメラニアン)
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
モモが懐までご挨拶に来てくれました♪(嬉)


蒔至(パピヨン)
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12


アメリ(イングリッシュ・ポインター)
イメージ 13
今回の主役犬
アメリは保護犬で、とてもシャイな性格


■内気(内向的、シャイ)な性格を克服するには?

世の中には内気(内向的、シャイ)な犬がいます。

一般に内気な犬は、警戒心が強く、物事に慎重で、他人・他犬・モノ・環境などに対して距離を置きたがる行動を見せます。

「怖がりな犬」「臆病な犬」と表現するのも間違いでないのですが、内気な犬が出来上がるのは気質による先天的要素と併せて、経験不足による後天的要素もあるかと思います。

同じ怖がりや臆病の犬でも、内気な犬(内向的な犬)と恐怖体験および嫌悪体験から臆病になった犬とでは線引きが必要でしょう。

これは私の経験に基づく感覚的な話となりますが、恐怖体験および嫌悪体験によって怖がる様子を見せる犬は、何か心の壁を感じます。

例えば、吠えたり、唸ったり、身構えたり、目つきも穏やかではありません。

もしも人がアプローチを仕掛けようものなら、それらの刺激となる存在に対して反発的な空気とか敵意などが漂います。(心がざわざわしている)

ところが内気な犬には反発的な空気も敵意も壁も無く、まるで心が雲のように逃げていく感じです。そして距離を置いて様子を伺うその眼差しには、ある種の好奇心も漂います。


イメージ 14

さて、初参加となるアメリは、そんな内気な性格の犬です。

アメリは早々に現地入りし、集合場所となる駐車場周辺の森を散策していました。

その散策中に、私はアメリに対してファーストアプローチ&コンタクトを取り、飼い主さんと共にパーフェクト・フィット・ハーネスのフィッティングを行い、無事に装着完了。

そうしてるうちに、駐車場には他の参加犬たちが次第に集まってきたのですが、その様子を察したアメリは駐車場方面に戻ろうとはしませんでした。

その為、アメリ&飼い主さんはブリーフィングに参加せず森の中に待機し、皆と距離を取るべく時差を設けて後追いスタートをすることに。

アメリの飼い主さんは参加経験が何度もあり、いつもお散歩会を有効活用して頂いております。この日は保護犬アメリの社会化取り組みとしての参加です。

コースも把握されているので、自由度の高い取り組み(行動選択)が可能となります。

そのような訳で、他の参加者がアメリの事はよく知らない状態でスタートすることになるのかと言うとそうではなく、私から皆さんに状況説明を行っております。

ですから、後にグループに追いついたアメリが現れても、全員が暗黙の了解でアメリへの余計な干渉を避けます。

こうした共通認識の意思統一のもと、堅実に成功体験を積めることがお散歩会の活用メリットの1つです。

イメージ 15
この場面は後半の休憩エリアです
内気なアメリもすっかり自らの姿を晒しています


アメリは他犬と姿が見えない距離からスタートしましたが、中盤の休憩エリアに差し掛かる頃には姿を確認できる程まで距離が縮まっていました。

このように距離を縮めるプロセスにおける人側の管理は、先行グループを後追いする為のコース選択です。

そして先行グループに対して距離を縮めるのは、あくまでもアメリ自身の行動選択に委ねます。このような自主的プロセスを経ることによって、犬の自立心を育むことが可能となります。

但し、距離を縮める行動によって犬自身の情動が不安定になるような場合は、人が適時サポートして距離(状況)を修正します。これが環境管理です。


イメージ 16
気が付くと、蒔至、アメリ、モモが横並びに休息中♪


イメージ 17
そして蒔至はアメリに興味がある様子


中盤に差し掛かる頃、アメリがグループに追い付いた時に飼い主さんと私は面白いことに気付きました。

アメリは私を発見すると、「あっ、この人知ってる!」という感じの反応を見せました。この日、スタート前にアメリとコンタクトを取っていた参加者は唯一私だけでした。

アメリは後追いの散歩を進める中で、先行する犬たちの存在、そして私の存在も、道中に残された匂いから察していたと容易に考えられます。

でも、私と犬グループの関係性については、集合時にいなかったアメリは全く知る由もないと思います。

そして追い付いたアメリは、私が犬グループの一行である様子を目にした訳ですが、そこからアメリの犬グループを観る目が変わったように思われました。

つまり、知ってる人である私が接点となり、グループを認識したということです。これも参加者全員の共通認識による行動から、グループの一体感が生じるからこその認識であると考えられます。

実際、お散歩会に参加する常連犬たちの中には、お散歩会の状況とそれ以外の状況を分別して、行動を変えている犬もいます。

例えば、普段は他犬に対して警戒や嫌悪している個体も、お散歩会の場では安心して過ごせたりもします。

こうして集合前に、アメリにとって無害な知人となっていた私は、犬グループとの接点になり、アメリに一定の安心感をもたらす手助けになったかのようでした。

ちなみに私とアメリがファーストコンタクトを取る際も、実は一定の安心を担保する為の接点がありました。それは飼い主さんの存在です。

私は初対面の犬にコンタクトを取る際、その犬に対して直接的なアプローチは一切行いません。

まずファーストアプローチはその犬の飼い主に対して行い、そして飼い主と会話をします。

こうして飼い主が他人の私を受け入れてコンタクトする様子を犬に観せます。そうすることで犬は一定の安心感を得る訳で、これが犬に対するファーストアプローチのプロセスとして大事なポイントとなります。

特に内気な犬に対しては、随所で丁寧な気配りが不可欠です。でも、何も特別に難しいことをする訳ではなく、余計な動き、余計な声出し、余計なアプローチを仕掛けないことに尽きるかと思います。

そして気が付くと終盤のとアメリは、みんなに近いところを歩いていたりしました。(素晴らしい!)

イメージ 18

ちなみに犬の社会化取り組みは「今日」という日が上手く出来たとしても、「その翌日からは大丈夫!」とはなりません。

また翌日以降も、その日、その日を1から丁寧に取り組むこが大切で、ゆるぎない地盤は地道な作業によって次第に出来上がっていくものであります。


参加された皆様、楽しいひと時をありがとうござました!


この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

こんばんは!アメリの母です。
お散歩会では大変お世話になりました。アメリが初めて参加した記念すべき「お散歩会」
記事の主役に取り上げていただき、大感激です。 この時アメリは我が家にやって来てまだ1か月半ほど。 今思えば時期尚早であったのでは・・・と思うほどです。
スタート時の様子ではお散歩会に合流することは最後までできないかもと思いながら、遠くから皆さんを見ていました。 けれど、タローの主さんの配慮、そして参加者の皆さんの理解のある対応のおかげで徐々に距離を縮めることができました。 よい経験をさせていただき、本当にありがとうございます。

2017/5/29(月) 午後 9:27 [ kaf***** ] 返信する

顔アイコン

(つづきです)
内気な犬のことを「まるで心が雲のように逃げていく感じ」と表現されていること。 まさにその通りですね!
そして、あの時の小さな小さな好奇心も感じていただけて嬉しいです。 あの時のアメリは観察眼と嗅覚を使って、皆さんの情報を収集しようと一生懸命でした。
そのようなアメリの様子を私も観察することができて、犬の能力のすばらしさに感動しました。
これからも、その時その時の犬の様子をしっかり観察し、良いサポートができるような飼い主を目指したいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2017/5/29(月) 午後 9:28 [ kaf***** ] 返信する

>アメリの母さん

そうか、まだ1ヶ月半ほどだったのですね! 時期尚早とも言えなくもないですが、トラウマ抱えている訳ではないのと、レベルに応じた成功体験が出来たので良かったのではないでしょうか。(^^)

シャイな性格は気質要素もあると思うので根底から変わるものではないと考えています(経験論ですが)。僕が注目しているのはシャイのレベルを下げれるかどうかではなく、度々示す好奇心を伸ばせるかどうかという部分です。興味の対象にコンタクトを取る為のプロセスを上手に組み立て、そして好奇心を満たす経験を積むという作業を継続的に行えば、それなりに化ける期待感がありますね〜(^^)先が楽しみです!

2017/6/4(日) 午後 6:04 taronusi 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事