ここから本文です

lale

ひっそりFc2へ。こちらはしばらくこのまま放置し、いずれ削除させていただきます。

書庫全体表示

T→R?


このところ忙しすぎて、書きかけのお話ばかりがたまっていきます…。


団子屋さんのいつものバイト。

今日は一人だったから後片付けに手間取って、ずるずる残っているうちに気がついたら外はすっかり暗くなっていた。
アパートまでの道のりは、この時間になると人通りが一気に減って1人で歩くのはちょっと怖い。
あーあ参ったな、なんて思いながら店を出たら。
「今日はずいぶん遅いね。」
って、聞き慣れた声がした。

「類。どうしたの?」
「散歩?」
「こんな時間に?」
「こんな時間に。」

「牧野に会えたら明日は大学に行くことにして、会えなかったら家で寝てようかなって思って。」
にこっと笑って、“試してたなんて言って。
類はよりかかっていたガードレールからすっと立ち上がった。

「なにそれ。」
「んー、牧野占い?」

面白そうにクスクス笑ってあたしを見下ろしたあと。
「牧野に会っちゃったってことは、明日は学校か。ちっ。」
わざとらしく肩を竦めてみせる。

「そんなの占いじゃないし。……っていうか、授業があるならちゃんと行かなきゃダメでしょっ!」
「あ、怒った。牧野に会ったから明日は朝から授業に出なきゃいけないし。そのうえ牧野に怒られて。あーあ、これじゃ踏んだり蹴ったりだな。」

そう言ってまたクスクス。

「ちょっとなにそれ、ひどくない?だいたいいくら成績優秀だからって……。」

説教めいた言葉を口にしかけて。

類の頬がほんのり赤いことに気が付いた。

深く考えずに慌てて手を伸ばし、その部分に触れる。
指先に触れた肌の、ずいぶんひんやりした感触。

「つめたっ!類、いつからここにいたの?」
「んー、ちょっと前?」
「ちょっと前?」
「うそっ。こんなに冷たいもの。」

あたしの手だって決してあったかいわけじゃないのに。
類の頬はもっとずっと冷たかった。

だから思わず………。

指先だけで触れていた手を目一杯広げて、類の頬を包みこんだ。
最初に触れた右手と。
それから伸ばした左手で。
思いきり類の頬を――――包みこんでいた。

「ほら、すごく冷たい。」

触れれば触れるほど、類の頬はホントに驚くほど冷たくて。
冷え切った場所全部を温めようと少しずつ位置を変えながら両手でぺたぺたと触れているうち……。

「……あ。」

とんでもなく間近にビー玉色みたいな瞳があることに今さら気づいた。
一瞬固まって。
それから慌てて手を引っ込めようとした、瞬間。


「牧野の手ってあったかいね。」

類の頬に触れていた手の甲が、そのまままるっと大きな手に包まれる。

「こうすると、ほっぺたも手のひらも同時に温まってオトク。」

引っ込めようとしていた手のひらは、なぜかしっかり押さえつけられていて動けない。
動かせ……ない。

「オトク?」
「そう。」

「あ、あの…さ。類……。」
「ん?」

戸惑って焦って、視線をうろうろと不自然にさまよわせているのに。
類はそのまま、ただにこにこと笑うばかりで。
なんて言ったらいいのか、言葉がなんにも出てこない。
手も……離せない。

「えっと……その………。」

心も視線も、心臓も。
どんどん、どんどん、どうしようもなく落ち着かなくなってくる。
そのくせ類の目から視線を外すことはできなくて。
吸い込まれそうなその色に、いつのまにか瞬きも忘れ見入っていた。

とんでもなく長くにも、ほんの一瞬にも思えるひととき――――。


「俺はずっとこうしていたいけど。」


不意に言われたそのひとことでハッと我に返る。
同時にドクンとひときわ強く打つ胸。

でも目の前の類の瞳はとても静かな色をしていて。
そのことが、聞こえた言葉はなんてことはない言葉のあやみたいなものだってことを示しているようで。

ああ、そうか。
そうだよね。

って頷かされた途端――――。


ぶるんと小さく体が震えた。


類もそれに気づいたんだろう。
一瞬ハッとした顔をして、ちょっと目を伏せて。

「でもずっとこうしてると牧野の体温をぜんぶ奪っちゃうね。ごめん。冷え切っちゃわないうちに家まで送るよ。」

そんなことを口にして、掴んだあたしの手を自分の頬からそっと外した。



どうしてだろう。
類の頬はとても冷たかったはずなのに。
触れれば触れるほど、この手の熱がどんどん奪われていくようだったのに。

離れた今のほうが、もっと寒く思える。



だから思わず――――――










続き……さてどうしましょう。

  • 顔アイコン

    う〜ん
    いいところでっ切っちゃうのねぇ〜

    [ sassy ]

    2017/1/24(火) 午後 2:38

    返信する
  • 顔アイコン

    > 鍵コメ「空」さま
    今頃のお返事でごめんなさいー!

    ,皚△發匹辰舛蘯里討たいっ〜♥
    どっちもいい〜♥♥♥


    で、でもでもでも。
    ,辰董帖帖
    そこ、お外よ!お外なのにいいの!???
    (といいつつ先の先まで妄想して顔がにやけてます)

    [ tar*sa_*6 ]

    2017/2/1(水) 午後 5:07

    返信する
  • 顔アイコン

    > 鍵コメ「星」さま
    うふふ。
    押し倒す、二票目ありがとうございます♥
    いや、しかしここ外ですって!!!
    (って、それは“あ、いやん”な方向に考えすぎですね 汗)

    つくしちゃんが思いっきり類くんを押し倒す……姿もみたくなってきました♪

    [ tar*sa_*6 ]

    2017/2/1(水) 午後 5:09

    返信する
  • 顔アイコン

    > 鍵コメ「no」さま
    ニヤニヤしていただけて嬉しいです♡

    さてこの続き、どうなるんでしょう♪
    コメントいただいた皆様のご意見では

    _,慧櫃
    ⊆蠅鬚弔覆
    くっつく

    の模様。
    どれもアリ!ですよね(*'▽')

    [ tar*sa_*6 ]

    2017/2/1(水) 午後 5:12

    返信する
  • 顔アイコン

    > 鍵コメ「凪」さま
    この続き。
    いろいろ考えて、いろいろ妄想して。
    でもどれもどこかもの足りない気がして。
    結局寸止めストップ皆様任せ、にしちゃった(汗

    さあ、どうしましょ?
    つくしちゃんに勇気を出してもらうか。
    その前に類くんに動いてもらうか。
    ぐぬぬぬぬぬ。なやみます。

    [ tar*sa_*6 ]

    2017/2/1(水) 午後 5:14

    返信する
  • 顔アイコン

    > sassyさま
    コメントありがとうございました☆彡

    つくしちゃんがこのあとどんな行動に出るのか。
    続き、やっぱり気になります?
    たくさんご意見いただいて、さてどうしようかと悩み中。

    ……って放置してたら、類くんに「さっさと牧野を俺にくっつけてよ!」って怒られそう!!!

    [ tar*sa_*6 ]

    2017/2/1(水) 午後 5:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事