ここから本文です
TarotG_3のブログ
増えていく模型やギターなど・・・
◆モンモデル地雷原から、転地療養のタミヤオアシスのバカンスで十分鋭気を養ったので
再びモンモデル地雷原へ突入します!

今日は車体の細部ですね〜
イメージ 1
▲付属のエッチングですがなかなかシャープでメッシュの表現も素晴らしいです。
(初めてほめたかな?)力強さも感じますよ〜

って・・・・
イメージ 2
▲あまりの力強さに、カッターでは切り出せませんでした( ̄▽ ̄;)
エッチングばさみ持っていないので古いニッパーでカット。
過去一度もカッターで切り出せなかったことはなかったので驚きました。
若干磁力があったのでステンレスのようです。

イメージ 3
▲そんでまず四角いメッシュを全部瞬着で貼り付けたんですよ。
その後お約束のメッシュが踏まれて変形したように凹ませようとしたら、
この力強いエッチングはびくともしませんでした。結局アルミ棒でかなりゴロゴロやってへこませました。丸いメッシュは焼きなましてからやりました。

イメージ 4
▲このキットはライトコードも成形品で付属します。悪くなかったので使いました。
結構自作すると地味に面倒ですしね。

さて車体の方の基本工作は終わったので砲塔に移りましょう。
イメージ 5
▲最近のインテリア別売りのキットは砲塔内部は空っぽです。砲尾のかけらもありません。アルミ砲身なので後々垂れ下がってきた時の対処ができるようにプラ棒を接着しておきました。

今回後期仕様に近い物を作るので、キットは初期タイプが再現(後期仕様も部分的にある)されているので手を入れます。
イメージ 6
クレーン用のピルツの位置が変わります。
イメージ 7
▲後ろのハッチの過度の形状が変わります。

イメージ 8
▲バネが入ってるところ(だったかな?)の長さも短くなります。

イメージ 9
▲ザウコフですが、キットにはこの段付きタイプと、段のないタイプが入っています。どっちが明確に後期仕様なのかわかりませんがこっちのタイプが後期のようです。真ん中に伸ばしランナーで追加した凸ラインは、溶接跡ではなく砂型鋳造のパーティング表現のつもりです。実車にもここにはっきりせんが出ているものとあまりないものが存在するようです。鋳造番号も入れましたが実車では確認できませんでした。
イメージ 10
▲キューポラの直接照準は、エッチングで付属していますが、リアルじゃないので伸ばしランナーで再現します。後程上のはみ出しはカットしました。

イメージ 11
▲ということで今日は地雷らしい地雷に遭遇することなくかなり進めることができました。


この記事に

開くトラックバック(0)


◆最近いろいろな地雷キットにストレスがたまる一方です(+o+)
ココはなんかサクッと作れるもので鋭気を養いたいですね。

では泥沼の東部戦線から温暖なイタリアへ再編成に行ったようなキットを作ってみましょう。
これにしてみましょう!
イメージ 1
▲先日発売されたばかりの、タミヤのシャーマン korea war です。
ではでは早速
イメージ 2
▲車体は箱組、そしてタミヤのキットには標準装備の(古いキットは除く)情景や展示台への固定のためのナットを埋める部分があります。
いつもここに穴をあけずに完成後に開けようとするので大変でしたので、今回は忘れず最初からやっておきましょう。
イメージ 3
▲車体に穴をあけて、M3のナットを入れて、不要部品扱いになっているA-10部品で蓋をします。・・・・

が・・・・・・・

イメージ 4
▲ナットがはみ出してるのでフタが接着できません〜
タミヤお前もか!。。。。。Σ(・ω・ノ)ノ!
これ標準的なM3ナットだと思うんだけどな〜

イメージ 5
▲まぁこんなのは簡単にどうにかできるので気にしな〜い。
プラ板で回りをかさ上げしました。
イメージ 6
▲シャーマンは今までそれほど数は作ったことないですが、この前面の牽引フック
他のキットはエッチング使ったり、またはディティールが適当だったりでしたが、
このキットはプラだけでいい感じにまとまります。

イメージ 7
▲問題もなくサクサクと進みます、車体下部の箱組が終わったところで、ジャスト1時間経過。部品もぴったり隙間も出ませんね〜まさにストレスフリー♪

イメージ 8
▲誘導輪、転輪にちょっと派手めなバリが出ています。

イメージ 9
▲この部分のバリを取る専用冶具も売ってますが、私はこれを使っています。
ブロ友の ゆみこん79 さんのブログで知った セラミックブレードを使います。

今はRが付いた刃を付けていて、差し込んでる方はストレートな形状です。
これが良いんですよ。カッターだと刃が入りすぎたりするんですが、セラミックブレードは、食い込むことなくあまり力もいらずに、このくらいのバリだと簡単に落とせます。
イメージ 10
▲私はそれほどちゃんとは落としませんけど、28個処理しましたが割と手の握力も失うことなく終わりました。カッターとかだとたぶん途中で持ってる手が死にます。
イメージ 11
▲ゴム付きの転輪は黒サフを塗って、車体下部にはグレーのサフを掛けて今日はおしまい。
ここまで約5時間,
え〜結構やってましたね、でもストレスなくできましたよ〜
こんな気分かな↓


この記事に

開くトラックバック(0)

◆いえい!地雷なんて怖くないぞ〜突撃します!
イメージ 1
▲ドラゴンのパンターA型地雷を踏んで、モンモデルのキングタイガー地雷も踏み、
今日はモンモデルのパンターに地雷が無いかチェックしてみました。
イメージ 2
▲キングタイガーの特大ボールマウントに驚かされましたのでココからチェック。
Φ14.29
イメージ 3
▲こちらはドラゴンG型 Φ14.21同じと言っていいでしょう。
イメージ 4
▲ドラのを合わせてみても違和感なし。キングタイガーは一目ででかいと思いましたからね。これは自然です。

続いて巷で言われてた部分
イメージ 5
▲モンモデルのキットはA型後期ということですが、車体の上面と側面の装甲の繋ぎが、互い違いになっているインターロック式と言われるタイプはA型初期ではないか?というものです。
イメージ 6
▲私の持っている デルタ出版グランドパワー5月別冊号には、A型後期でも互い違いの合わせも、直線になっているものもあるとのことです。戦時中の事ですから古い設計とあたらしい物が混在した時期もあるのでしょう。
まぁこれはそんなに気にしていませんでしたが、上記のような記述があったので良しとしましょう。

★そんなことよりちょっと気になることがあります。
それは先日発売されたアーマーモデリング誌です。
作例でモンモデルのパンターA型が出ていました。そしてモンモデルの純正コーティングデカールを使用していました。
コチラです↓
イメージ 7
大日本絵画出版 アーマーモデリング3月号より
な〜んかコーティング、目詰まりしてませんか・・・・・

ということで早速実物をチェック
イメージ 8
▲これが水転写デカールのツェンメリットコーティングです。
見た感じ剥がれの再現をしていたり、いい感じに見えますね。

では行ってみましょう。
イメージ 9
▲かなり厚手のデカールです。それで凹凸が再現できています。・・・・
が貼ってみたら台紙に付いていた時には気づかなかった凹凸が埋まってる箇所が目立ちます・・・・

イメージ 10
▲サフ掛けてみました。
う〜ん・・・なんかもうすでに泥が詰まってるのが再現されてる感じに・・・
この上に塗装を重ねていったらどうなるんでしょう・・・

ちなみにタミヤのコーティングシートはこんな感じ↓
イメージ 11
▲この写真だとまだよくわかりませんね。
ではサフを掛けた姿は・・・
イメージ 12
▲あっ・・・タミヤの勝ち・・・

水転写の手軽さはいいですが、表現がどうでしょう。
特にパンターA型は現地でコーティングをしたようなのが多く、とても荒々しさがあるのですが、なんだかこのデカールだとボヤっと締まりがない感じですね〜〜

実はキットは1つだけなんですがコーティングのデカールは2種類買ってました。
最初特定車両で作るつもりがなく、一番かっこよさそうな斜めの線が入ったパターンを買いました。その後ドラのA型がコケて、そこでやろうとした特定車両再現のために違うコーティングのデカールを買っていたんです・・・
きっと両方出番なしだな・・・・
なんか最近やるせないですね・・
コーティングはポリパテでやるか・・・・

この記事に

開くトラックバック(0)

◆今日はストラト酢から一転、モンモデルのキンタ行きます。

前回は力技で転輪の傾きを直しましたので、先に進みましょう。
イメージ 1
▲誘導輪のシャフトですが、車体に差し込む側がガバガバなのでプラペーパーを一周巻きました。これで安定しました。
イメージ 2
▲履帯の上側の形を決めるための冶具はついてるんですが、バラ部分の組み立てがやりにくいので、カステンの冶具を持ってきたら使えませんでした。大きさが違うみたいですね。
イメージ 3
▲部分連結なので割と簡単に組めました

さてここで車体上部に行ったんですが、違和感が・・・・
イメージ 4
▲右側タミヤのキットにコーティングシートを使ったもの
 左側モンモデル・・・あきらかになんかデカないですか?

イメージ 5

▲機銃のボールマウント部です。
モンモデルΦ15.32
イメージ 6
▲タミヤ Φ14.87 しかもコーティングシート付及び、ちょっとノギスがずれてる。
イメージ 7
▲ドラゴン Φ13.69 
イメージ 8
▲アハパンの35サイズの図面 Φ13.71

この部分をなんで間違えるかな?一目見ただけでデカって思いましたよ。
正面だし目立つところなのに・・・・

あ〜なんかモンモデルもだんだん胡散臭さが漂ってくるな〜
モチベがだんだん下がってきました・・・・・





この記事に

開くトラックバック(0)

ランチはすとらとす?2

◆昨日予告しました「らんちすとらとす」の時間です。

イメージ 1
まず今日のストラトは黒と白を用意しましたが、
黒いものはネックがハードメイプルですのでサスティンは効くのですが、ちょっと硬くなりますので、今日は白い方を使ってみましょう。
白い方はネックがローズウッドですので比較的柔らかく短時間で仕上がります。
本日の白は78年物のヴィンテージ※注1)です。取れたての頃は真っ白なボディーですが、熟成するうちにクリーム色がかり大変味わい深くなります。
これよりも若い物になりますと、少々大味になりますので、できれば70年代前半、無ければ79年ころまでをご用意ください。
では、召し上がれ!
イメージ 2
▲お酢をたっぷり振りかけてヘッドからお食べください。弦は気になるようでしたら、外してください・・・・・
おいしいランチは「ストラト酢」でした・・・・

イメージ 3

はい。長い余興は終わりです

コチラですね・・・ランチアストラトス
イメージ 4
恐ろしいことに2016年10月に作りはじめ放置されていました・・

デカールが死んじゃう前に再開しましょう。
イメージ 5
▲白サフを掛けた状態で放置されていましたので、昨日の昼間にレーシングホワイトの缶スプレーを吹いておきましたので、今日はデカールを貼ります。
アリタリアカラーのストラトスは、上級カーモデラーの方でしたら塗装で仕上げているようです。ボンネットのルーバーとか考えたらそれが正解な気もしますが、
溶剤系塗料はスプレーしか使わない私は、デカールでやるしかありません。
イメージ 6
▲デカールは安心のカルトグラフ製!
さ〜行きましょう!
イメージ 7
▲いきなりボンネット行きます!ここで失敗すれば塗装を選択するしかありません!
カルトグラフ製のデカールは、薄くしなやかなのに強さと美しさも合わせ持つ優秀なデカールですね。これは特にいいです。
イメージ 8
▲多少なじませたら、ルーバーの所はカッターで切り込みを入れます・・・・・
特殊加工中※注2)
イメージ 9
▲どうです。そこそこいい感じになったと思います。
イメージ 10
▲上面から攻めて行きます。

次の難所が来ました
イメージ 11
▲ボディー側面のエアインテークの部分です。さらに間抜けなことにガソリンタンクのフタ?も付けてしまったので難易度がアップ。(後でこの部分のデカールは別にあると気付きました)
イメージ 12
▲さああ、貼りますよ〜茹でたワカメじゃないですよ〜
特殊加工中
イメージ 13
▲ちょっと失敗したので右側をご覧に入れます(;'∀')そこそこなじんだでしょ
しわや空気の残ったところは綿棒でならしましょう。
白いところが見えてるって・・・・気にしない、気にしない
なぜなら雰囲気カーモデラーなので(;'∀')

イメージ 14
イメージ 15
▲結構時間がかかりましたが全部貼り終わりました。
細かいところは気にしない〜〜〜
イメージ 16
▲デカールのグリーンとパケ画のグリーンはずいぶん明るさが違いますがどっちが正解だろう?記憶だとデカールの方が近いかな?

さ〜室内の方も行きましょう。
イメージ 17
▲デカールつながりで、インパネ行きました。
やっぱデジタルよりアナログメーターに萌ますね〜
イメージ 18
▲ここまでできました。消火器やシートベルトサスのスプリングの赤がレーシーな雰囲気を出しますね。

注1)ヴィンテージ:ホンモノではございませんが20年以上前のものです。

注2)特殊加工:蒸しタオルで圧着してるだけです。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事