ここから本文です
TarotG_3のブログ
増えていく模型やギターなど・・・

禁断症状 

◆このところずっと酒瓶作ったり、色塗ったりばかりで 禁断症状が出てしまいました。
なんか作りたい病です。
 
これを始めました。
イメージ 1
▲IBGのスキャンメル重レッカーです。
サンダーモデルが発売されるまでに完成させたいです、
イメージ 2
▲工程1タイヤ作ります。
このタイヤ3部品でできていて、トレッドパターンを再現するために真ん中の部品はなんとトレッド部のスライドが6分割、サイド2分割の8分割で抜いています。
素晴らしい再現なんですが、おかげでPLだらけです・・・(汗)
ちゃんとしてる方は丁寧にPL消していくのでしょうけど、私は2個で死にました。
なのでさらっと大きな段差だけなくしてあとは目をつぶることにしました。

イメージ 3
▲エンジンですが、かなりあっさりとした部品構成でしたので、パイプ類を追加していきましょう。でも結構な勢いで省略されているのでどこまで再現できるか不明です。ここからはフレームができてからディティールは追加することにします。

さて禁断症状が出る前まで何をしていたかというと、
こちらです。
イメージ 4
▲マチルダ付属の戦車兵その1
イメージ 5
▲その2
イメージ 6
▲こちらはロシア戦車兵休息セットから・・・

そして例の美女です(-_-;)

イメージ 7
イメージ 8
▲う〜ん女性らしく肌を白めにして赤味なども入れたんですが、シャドウ部分がなくなって表情がはっきりしませんね。

このロシア兵たちとマチルダで東武コン出す予定でしたが。
オペルだけにしてこれは保留にします。気分が乗ってハンドキャリーも問題なさそうだったら出すかもしれません。

この記事に

開くトラックバック(0)

◆東武コンの準備でほとんど何もできなかった、sumicon参加中の
4式ケヌの塗装をしました。
イメージ 1
▲パケ画の色味が気に入ったので、初めて後期迷彩をやってみました。
クレオスの色見本を参考にパケ画の色味を作りました。
イメージ 2
▲実際にパッケージに塗って合わせましたよ。

イメージ 3
▲枯草色 スプリンググリーン少々+アイボリーイエロー+グレイッシュベージュ
イメージ 4
▲こんな感じ
イメージ 5
▲草色 グレイッシュグリーン+オリーブグリーン+スプリンググリーン少々
イメージ 6
▲2色目〜〜〜。写真撮り忘れて土地色塗り始めてます。
イメージ 7
▲土地色 バーンとアンバー+ジェットブラック+ナイトブルー少々
イメージ 8
▲この茶色がなかなか作れませんでしたどうしてもブラックだけで色を暗くしようとすると黒に近づいてしまいます。なのでここは補色関係のブルーを入れてみたら思ったような色味になりました。
イメージ 9
▲結構明るいんですけど、こんな色なんでしょうか?
取り合えずパケ画の色味とは近づけたつもりです。
イメージ 10
▲前期迷彩の97式新型砲塔と写しました。

この記事に

開くトラックバック(0)

東武への道

しぇいきんぐさん謹製。「電撃フリフリボウボウボー」出陣!
イメージ 1
▲怪しげな棒が出てきましたよ。

What's ??
イメージ 2
▲先端のネットに情景用の芝を入れます。
イメージ 3
▲水で溶いた木工ボンドに電極を繋げて芝を振りかけます。

イメージ 4
▲う〜ん。。ボンドの水分量がむつかしい・・・

イメージ 5
▲次は付属のステンレストレーに水溶きボンドを垂らします。
イメージ 6
▲トレーに電極を繋げてフリフリします。
写真が下手で芝がたってるのわかりませんね( ̄▽ ̄;)
イメージ 7
▲まだ、あまりうまくいきませんね〜
イメージ 8
▲ボンドが乾いたら、トレーからべりっとはがせば、お手製ジョーフィックスの出来上がり。

これは静電気を利用して情景用の芝を立たせる器具です。
海外では「ノッホのグラスマスター」というのが有名ですね。
この電撃フリフリぼうぼう棒は、しぇいきんぐさんのオリジナルです。
箱から取説までそろってるんですよ。完成度がハンパないっすよ。




この記事に

開くトラックバック(0)

◆梅雨に入りましたが、なんだか梅雨らしくない陽気ですね。
これからもっと湿度っぽくなるんでしょう。

そんな季節にいつも悩まされるのが、エアブラシの塗装時にホースにたまった水を噴射してしまうことです。

今年も一回はやっちまうだろうと思っていたらタミヤからいいものが出ました。

イメージ 1
▲エアーブラシ用フィルター
ブラシとホースの間にセットするだけです。純正なのでねじもぴったりです。
イメージ 2
▲たまった水は下についてるバルブを押せば噴出するそうです。
イメージ 3
▲ビンテージコンプレッサーとともに。。。
どれだけ効果があるかわかりませんが、近々効果がわかるはずです。


この記事に

開くトラックバック(0)

涼しくていいぞ〜!
さ〜湿度っぽくなる前にどんどん進めましょう。

オペルのほうは情景というよりも背景付きベースくらいの感じで進めたいと思います。
まずは地面の製作。
イメージ 1
▲スチレンボードに強化ガラスの割れた模様を入れましょう?インクの出なくなったボールペンで書いていきます。

イメージ 2
▲バキバキにひびが入りました??

イメージ 3
▲ガラスはやめて石畳にしましょう。グレーで色を付けました。

イメージ 4
▲いろいろなグレーを作ってランダムに塗りましょう。

イメージ 5
▲目地にスミイレしたら、出来上がり。

次、壁行きます。
イメージ 6
▲タミヤの情景シート「レンガ」です。
スチレンボードに貼りました。
ちょっと単調ですね。

イメージ 7
▲ランダムに色を載せてみました。

さて当初すっぴん出品予定だった、マチルダも進めてますよ。
イメージ 8
▲砂埃で汚してあります。
こいつらのフィギュアも進んでいます。

イメージ 9
イメージ 10

さて前回ユリアンと化してしまった、ロシア娘からのクレームで写真を取り直してみました。。
イメージ 11
▲前回よりはましに見えますよね( ̄▽ ̄;) 前回とアングルを変えて移しただけなのでさらにお化粧で美女になってもらいますよ〜
美的感覚には個人差があるのでご了承ください・・・

あっ、ブログのタイトルのピンセットについて何も書いてないですね〜
Anexという燕三条のメーカーの物です。
ホーザンのピンセットを買いたかったんですが売ってなかったんです。
イメージ 12
▲下のがANEX、上がタミヤのデカール用。
タミヤのはずっと前から使っています。デカール用だけではなく細かい部品にも使えます。
いや〜いいものはいい働きをしますね〜先日すっ飛んで行方不明だった部品が出てきたので、ANEXでつかんでみたら、どうやってもすっ飛んで行く気配がありませんでした~





この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事