ここから本文です
10年以上前に買って埋もれているCD(1万枚くらい)の記録です。ロック・フォークetc・・・(最近の音楽は全くわかりません)

書庫全体表示


イメージ 1
クロスフィンガーズ/ザ・サニー/ソニックブルー/Sympathy For Our Youth
(1999.4.25 Abend Label/HIGH FIDELITY HOME RECORDS)
今日聴いたのは、クロスフィンガーズ、ザ・サニー、ソニックブルーの3バンドによる「裏ギターポップ系バンドによる大胆・繊細・虹色オムニバス」(帯のキャッチより)『Sympathy For Our Youth』。1999年のリリースです。
3組3曲ずつ9曲収録されています。

3組ともUKギターポップに影響を受けた高音ヴォーカル系とは異なる日本語の歌にこだわったバンドでメロディーなんかはフォークや歌謡曲のテイストも感じられます。
これ、抒情フォークやニューミュージック好きな人でも気に入ると思いますよ。

1 ブローチ:クロスフィンガーズ
4 アメリカン・ラブソング:クロスフィンガーズ
7 アーケード:クロスフィンガーズ
words & music:Isao Ninomiya
ギターがギターポップな以外は超良質フォーク・ポップス。天野滋さんを思い出させる叙情的でポップなメロディー・センスはかなりのもの。思わす口ずさみたくなるサビ
Г覆鵑はグルーヴィーな四畳半フォーク。ええわ〜
Isao Ninomiya:vocal,guitar
Masateru Tkami:guitar,chorus
Yukishige Norimoto:bass,chorus
Syoji Hasegawa:drums chorus

2 あの岬で会いましょう:ザ・サニー
6 LANDSCAPE MUSIC FIGHTER:ザ・サニー
9 ビューティフル・ムーン:ザ・サニー
words & music:Hideki Sakai
他の2バンドに倣ったのか、フォーク調の3曲を披露。
は岬めぐりのギターポップ編か?は70年代のフォーク系ミュージシャンが歌うテレビ・ドラマ主題歌風。
Naoki Hayashi:lead guitar,chorus
Hideki Sakai:vocal,guitar
Takashi Yamaguchi:bass,chorus
Kimimasa Hata:drums,chorus

3 あなたあての告白:ソニックブルー
5 赤い花:ソニックブルー
8 Hey Jane:ソニックブルー
words & music:Makoto Yamashita
イ呂舛腓辰搬膓弔焚陵悒侫ークな哀愁メロディック・ギターとクールでリリカルなヴォーカルとUKギターを1曲に仕上げた職人芸光る佳曲。あえてマニアックさを排したことでこのアルバムのコンセプトを見事に体現してます。
Makoto Yamashita:vocal,guitar
Kimimasa Hata:vocal,guitar
Masaki Touma:bass,chorus
Makoto Tokuyama:drums,chorus

メルヘンなジャケットも温かみがあって、個人的にはかなり好きな世界。
(まったく根拠のない私的なイメージですが)1973〜1976年のメジャー・フォーク・シーンを想起させるオススメ盤!

produced by SONIC BLUE,THE SUNNY,CROSS FINGERS,Yuriko Matsunaga & Hisako Matsunaga

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事