ここから本文です
鉄ちゃん復活への道のブログ
ひたすら連写でボツ画像を量産しいていきます(爆)

書庫全体表示

引き続き昭和40年代の南海電鉄の画像を掲載したいと思います。
今回は電車で昭和29年製造の南海初のカルダン駆動車で優等列車用の11001系です。
初期型は後期型の湘南顔ではなく貫通式のフロントマスクでした。

南海電鉄11001系 特急「四国号」 貝塚駅
イメージ 1
11001系のトップナンバー11001号車が先頭の編成が記録できていて良かったです。

この記事に

  • 顔アイコン

    こんばんは。南海四国号=湘南顔しか見た事有りません。貫通型が走っていたなんて、驚きです。今見ても十分通用するスタイルですね・・・(*^^)v 削除

    [ akathuki51 ]

    2015/4/22(水) 午後 10:30

    返信する
  • 顔アイコン

    おはようございます!湘南顔の方が古く感じますが。。貫通顔は渋いですね。側面の小窓の行列がとても良い感じですが当時はサッシが眩しい感じですね。前パンの姿が凛々しいです。

    [ giuliette5557 ]

    2015/4/23(木) 午前 7:22

    返信する
  • 顔アイコン

    akathuki51さん
    こんばんは。
    高野線のズームカーにはこの貫通型はなかったし、余り目立ちませんでしたね。
    スタイルは私も良いと思います、よく撮っていたものです。

    [ C5520 ]

    2015/4/27(月) 午前 0:29

    返信する
  • 顔アイコン

    giuliette5557さん
    こんばんは。
    2ドアで20m級の優等列車用はそんなに多くないので新鮮ですね。
    この時代で下降式の1枚窓は先進的だったろうと思います。

    [ C5520 ]

    2015/4/27(月) 午前 0:37

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事