ここから本文です
最高のカスタムVSR-10を目指して

書庫全体表示

2019年6月19日水曜日
VSR-10純正ストックに、滑り止め加工してみました。
加工後に、真鍮ブラシで慣らしてからコーティングしてあります。
イメージ 1

作業途中
イメージ 2

釘と針金と半田ごて
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

イメージ 9
イメージ 10

イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14

見た目の美しさはもう一歩ですが、軽く握っていても滑らず、ザラザラ感が掌に気持ちいい!
イメージ 15

参考までに、KTW WINCHESTER M70 Super Gradeのチェッカリング。
イメージ 16

アメリカンウォールナットに手彫りのチェッカリング。
グリップエンドとストック先端は、縞紫檀材です。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19

平成18年に発売された初期モデル。金属部分が黒クロームメッキ仕上げ。
イメージ 20

アウターバレルはアルミ削り出しで、先端まで綺麗なテーパーがついています。
イメージ 21
平成27年に発売されたモデルから、マット仕上げ・セミプルバレルに変更されています。
箱出しで、驚きの射程距離と命中精度があります。
試射した的を製品に添付していたのは、KTWのM70シリーズだけではないでしょうか。真似させていただいています。

2019年6月20日木曜日
制振材貼り付け
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25

断面がネチョネチョですので、アルミテープでカバーします。
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28

ストック後部の内側 密閉してしまう所は貼りっぱなし。
イメージ 29

2019年6月23日日曜日
ウレタンスポンジとニトリルゴム板。ストック後部にも詰めています。
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32

No.030のアッパーを載せました。
マガジンリリースボタンに直径3mmのジルコニアでワンポイントを入れました。
イメージ 33
イメージ 35
イメージ 34
耐久性があるかテストしてみます。
イメージ 36
イメージ 37

リリースボタンをペーパーで表面加工し、リューターで穴を開け、弾力の残る接着剤で固定しています。
イメージ 38

のっぺりとした印象の純正ストックですが、少しは表情がついたでしょうか。
イメージ 39

  • 滑り止め加工でよりタクティカルな印象が強くなりましたね!リリースボタンのワンポイントも遊び心があって良いです。
    KTWのライフル、カッコいいですね。性能はいかがでしょうか。
    やはりライフルはこうでなくては。
    早くも2本目のライフルが、何となく欲しい今日この頃です。

    [ moggadeet ]

    2019/6/24(月) 午後 5:57

    返信する
  • 顔アイコン

    > moggadeetさん
    いつもありがとうございます。
    KTWのM70シリーズは、ノーマルでも非常に高い実射性能があります。柔らかいスプリングで軽量なピストンを動かしていますので、軽い発射音でスプリングも鳴ります。見た目や重量感とのギャップがあるかもしれませんが、エアコキでは普通のことなんでしょうね。ボルトエンド部に、トリガーとボルトハンドルをロックするセーフティが組み込まれています。コッキング時にボルトが前進し切らないとハンドルが下りない機能も再現されています。極小の鋼球やバネが組まれていて、分解には覚悟が必要です。KTWの高価な銃は、メーカーに送ってメンテナンスしてもらうものなんでしょうね。

    [ tas***** ]

    2019/6/25(火) 午前 2:33

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事