ここから本文です
林 剛司(はやし・たけし)の部屋
大学講師、訳詞家。『ローリング・ストーン』元・翻訳者。『朝日ウイークリー』にて連載「放課後ブッククラブ」執筆中。神戸⇔東京。

書庫自己紹介

すべて表示

林 剛司(はやし・たけし) 石川県金沢市生まれ。 訳詞家(Howe 2, Keel, Shadow Gallery, Explorers Club…などのアルバムの対訳) 音楽雑誌の翻訳者、英語教育関係の著作執筆     大学講師 中学3年生のときに宮村英語奨励賞(*註を参照)を受賞し、「英語をやろう」というモチベーションが上がる。 高校在学中にNHK-FM金沢放送局の音楽番組に数回ゲスト出演。16才のときに高校を休学し、EIL交換留学生として渡米(1989〜1990年)。滞米中はマサチューセッツ州サドベリーにてホームスティしながら、現地の高校に通う。滞米中、町のケーブルテレビ局で自らテレビ番組を2本製作し、出演する(日本を紹介する番組、外国語学習と文化に関する番組)。 帰国し、石川県立高すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 「辞書は(引くのではなく)読むものだ」の観点から、私にとって読んでいて楽しいのはOxford Basic American Dictionary (2010)とOxford Student's Dictionary of English (2012)の2冊。最初は高校の教員をしていた頃に、良い例文を拾おうと思って買ったのですが(そのためにも使ったが ...すべて表示すべて表示

  • 辞書の話でもしようか

    2019/1/18(金) 午前 0:44

    私は中学生の頃から、辞書を読むのが好きでした。変わった子どもでしょ(笑)なんか辞書を「分からない言葉を引くため」だけの「道具」として使うのが勿体なく感じたもので。値段は「高い」ともいえるし、しかしこれだけの情報量を有している割には「安い」とも言えますね。中学生の頃から、辞書を読んでいると語学力がアップするような気がしたのです。 大学生の頃、「英文科 ...すべて表示すべて表示

  • 手作りの「しおり」

    2019/1/16(水) 午前 11:42

    去年、東京でタクシーに乗った時に車内で本を読んでいたら、運転手さんが「あのぉ、お客さまに、妻が作ったしおりを差し上げているんですけど、お嫌でなければ受け取っていただけますか?」と遠慮がちに差し出してくださった手作りのしおり。 あまりにも素敵だったので、そのままの感想をお伝えしたら、2枚くださった!(^^)! ずっと使わせていただいています。 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事