ここから本文です
林 剛司(はやし・たけし)の部屋
大学講師、訳詞家。『ローリング・ストーン』元・翻訳者。『朝日ウイークリー』(朝日新聞社)にて連載「放課後ブッククラブ」執筆中。

書庫自己紹介

すべて表示

林 剛司(はやし・たけし) 石川県金沢市生まれ。 訳詞家(Howe 2, Keel, Shadow Gallery, Explorers Club…などのアルバムの対訳) 音楽雑誌の翻訳者、英語教育関係の著作執筆     短大・大学 講師 中学3年生のときに宮村英語奨励賞(*註を参照)を受賞し、「英語をやろう」というモチベーションが上がる。 高校在学中にNHK-FM金沢放送局の音楽番組に数回ゲスト出演。16才のときに高校を休学し、EIL交換留学生として渡米(1989〜1990年)。滞米中はマサチューセッツ州サドベリーにてホームスティしながら、現地の高校に通う。滞米中、町のケーブルテレビ局で自らテレビ番組を2本製作し、出演する(日本を紹介する番組、外国語学習と文化に関する番組)。 帰国し、石すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 山内邦臣・編著『チャート式シリーズ 詳細英文解釈法』(数研出版)は私が好きな受験参考書の1冊です。受験参考書ではありますが、社会人が読んでも充分に手ごたえがある本だと思います。 初版が1981年で、第34刷が2013年とあるので、30年以上にわたるロングセラーです。高校時代にも読んだことがあるのですが、四半世紀も過ぎて失くしてしまったもので、古本屋 ...すべて表示すべて表示

  • 佐野元春・著『ビートニクス―コヨーテ、荒地を往く』の中に、佐野さんがグレゴリー・コルソ(Gregory Corso、1930−2001年)へインタビューした記述があります。グレゴリー・コルソは、アメリカの詩人・作家です。20歳の時からアレン・ギンズバーグ、ジャック・ケルアック、ウイリアム・バロウズらと交流し、「ビート・ジェネレーション」の作家として活躍した人 ...すべて表示すべて表示

  • 「英語」で人生が豊かになった

    2018/1/18(木) 午前 1:36

    「ある人に出会えたがゆえに、その人の生涯に触れることができ、その人と自分の人生が交叉したがゆえに、あまり栄光とてない僕の人生だけれど、幸せだったなあと思える、そういう人がぼくには何人かいるんです。そういう出会い、邂逅(encounter)を可能にしてくれたのは、英語というもののおかげがかなり大きかった。  (中略)外国語には人生を多面的にしてくれるメリッ ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事