ここから本文です
林 剛司(はやし・たけし)の部屋
大学講師、訳詞家。『ローリング・ストーン』元・翻訳者。『朝日ウイークリー』にて連載「放課後ブッククラブ」執筆中。神戸⇔東京。

書庫自己紹介

すべて表示

林 剛司(はやし・たけし) 石川県金沢市生まれ。 訳詞家(Howe 2, Keel, Shadow Gallery, Explorers Club…などのアルバムの対訳) 音楽雑誌の翻訳者、英語教育関係の著作執筆     神戸学院大学専任講師 中学3年生のときに宮村英語奨励賞(*註を参照)を受賞し、「英語をやろう」というモチベーションが上がる。 高校在学中にNHK-FM金沢放送局の音楽番組に数回ゲスト出演。16才のときに高校を休学し、EIL交換留学生として渡米(1989〜1990年)。滞米中はマサチューセッツ州サドベリーにてホームスティしながら、現地の高校に通う。滞米中、町のケーブルテレビ局で自らテレビ番組を2本製作し、出演する(日本を紹介する番組、外国語学習と文化に関する番組)。 帰国しすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • collegeとuniversit...

    2018/10/16(火) 午後 11:53

    今日は、勤務校の同僚と私とで2クラス合同授業をしました。といっても、我々が授業をしたわけではなく、我々二人の共通の友人をアメリカから招いて、英語で講演していただきました。まだお若い(30歳前の)女性で、日本で数年、英語指導助手や大学講師を務めたことがある方です。 日米の大学教育の比較についてお話しいただきました。話題が多岐にわたるので、ここでは基本 ...すべて表示すべて表示

  • 311万1669語

    2018/10/14(日) 午前 1:30

    ・Dominic Cheetham著 Bites of Britain, Tastes of Japan (YL:4.0-5.0、17,000語) ・The Great Gatsby (Macmillan Readers, Level 5, YL:3.6-4.0、12,945語) 計:29,945語  累計:311万1669語(3,111,66 ...すべて表示すべて表示

  • 昨日書いた スティーヴン・キング『シャイニング』 心に残った言葉 の続きになります。昨日紹介したのは日本語訳だけでしたので、今日はもう一度その日本語訳文を挙げ、それに対応する原文を下に挙げます。 これは、オーバールックホテルのコックのハローラン(Hellorann)という初老の黒人の男が、父を亡くしたダニー少年に語る言葉です。英語のほうは、わざと文法 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事