ここから本文です
林 剛司(はやし・たけし)の部屋
大学講師、訳詞家。『ローリング・ストーン』元・翻訳者。『朝日ウイークリー』にて連載「放課後ブッククラブ」執筆中。神戸⇔東京。

書庫自己紹介

すべて表示

林 剛司(はやし・たけし) 石川県金沢市生まれ。 訳詞家(Howe 2, Keel, Shadow Gallery, Explorers Club…などのアルバムの対訳) 音楽雑誌の翻訳者、英語教育関係の著作執筆     大学講師 中学3年生のときに宮村英語奨励賞(*註を参照)を受賞し、「英語をやろう」というモチベーションが上がる。 高校在学中にNHK-FM金沢放送局の音楽番組に数回ゲスト出演。16才のときに高校を休学し、EIL交換留学生として渡米(1989〜1990年)。滞米中はマサチューセッツ州サドベリーにてホームスティしながら、現地の高校に通う。滞米中、町のケーブルテレビ局で自らテレビ番組を2本製作し、出演する(日本を紹介する番組、外国語学習と文化に関する番組)。 帰国し、石川県立高すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 337万8,938語

    2019/2/17(日) 午後 11:54

    「読んだ本の語数は数えるんですか?」と尋ねられたことがありますが、私はそんな面倒くさいことはしません(^^; 語数が裏表紙などに書いてある本とか、出版社のサイトに語数が紹介されている本、ブックガイドに載っている本を読んだときだけ、ここに語数を記録しています。語数を自動的にカウントしてくれるページをウェブ上で見つけたこともあるのですが、それは使っていません。と ...すべて表示すべて表示

  • "sport"は意外と多義語

    2019/2/17(日) 午前 3:09

    文学作品を読んでいると、sportという語は意外と多義語であることに気付きます。サッと英和辞典を引いてみても「スポーツ、運動競技」以外に「たわむれ、冗談、娯楽」、生物の世界では「突然変異、変種」、「競技会、運動会」「きみ」(親しい男性への呼びかけ)、「気のいい人、頼りになる人、朗らかな人」「もてあそばれるもの」…等。 Longman Dictiona ...すべて表示すべて表示

  • 2019/3/9(土)英語音読ワー...

    2019/2/16(土) 午後 5:22

    「同時通訳の神様」とまで言われた故・國弘正雄先生は、英語の教科書を徹底的に音読する「只管朗読」を提唱されました。多くの英語学習成功者達も音読が有効であることを証明してくれています。このワークショップでは、國弘正雄先生や脳科学者の言説を紹介しながら、「身につく」音読の方法を解説します。ただ、解説は最小限に留め、「中学英語の検定教科書」の音読を実際に体験していた ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事