ここから本文です
林 剛司(はやし・たけし)の部屋
大学講師、訳詞家。『ローリング・ストーン』元・翻訳者。『朝日ウイークリー』(朝日新聞社)にて連載「放課後ブッククラブ」執筆中。

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ジャック・ケルアック(ケロアックと表記されることもある)は、ビート世代を代表するアメリカの作家である。マサチューセッツ州Lowellに生まれた。ケルアックの足跡を辿るべく、Lowellを歩いてみた。この町が誇る作家だけあって、彼の名を冠した公園がある他、彼の生家、彼がその後移り住んだ家、彼の眠る墓などを訪れた。

1番上の画像は、ケルアックが通った高校。学校全体を撮影した画像を撮れなかったのだが、この時計は味があるので撮ってみた。

2〜3枚目の画像はケルアックの名前を冠したケルアック公園。

4枚目の画像は彼の生家。

5〜6枚目は、彼が移り住んだ家。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事