たたかうユニオンへ!

私たちは本土に生きる!沖縄・奄美出身労働者はたたかうユニオンに入ろう!在本土沖縄労働者会議

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2230ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

この記事に

開く コメント(0)

     
三上寛 夢は夜ひらく

「夢は夜ひらく」作曲家の曽根幸明氏死去


「圭子の夢は夜ひらく」作曲家の曽根幸明氏死去
曽根幸明氏
 作曲家の曽根幸明(そね・こうめい)氏が20日、肺炎で死去。

 83歳。藤圭子さんの「圭子の夢は夜ひらく」(1970年)や森進一さんの「銀座の女」(同)などのヒット曲を手がけた。親しみやすいキャラクターで知られ、テレビ、ラジオ番組でも活躍した。

この記事に

開く コメント(0)

一時金カット、団交拒否に救済申し立て
徳島医療福祉労組委員長 元木智之


 4月5日、徳島医療福祉労組は徳島県労働委員会に不当労働行為の救済申し立てを行いました。翌日、地元紙にも取り上げられました。
 折しも今年は国鉄分割・民営化から30年。JRは破綻が明らかになり、動労総連合の闘いが花開いています。また沖縄米軍基地反対を貫く星野文昭さんへの無期懲役から30年で、星野さん奪還が重なる年です。
 申し立ては①「評価制度」絶対反対の闘いに対する手束病院グループの株式会社・介護施設「昭誠館」による賞与4回分計32万4千円カット、②「マイナンバー提出」拒否による不利益扱い、③団交拒否に対してです。
 経営者側は、賞与カットの明確な理由を「経営権だから」と開示を拒否。団交に対しても「手束会長と『昭誠館』は関係ない」と3行のふざけた回答書のみです。森友学園問題での安倍の答弁「私と籠池は関係ない」と同じです。『前進』を「熟読」している手束経営陣はボロボロです。
 地元の星野救援会会員や合同・一般労組全国協、広島連帯ユニオンの仲間の力を借り、委員長と書記長で申立書を作りました。団結が力になっていくのを感じました。
 労働者を賃金で分断する評価制度は、職場の安全・団結、労働の誇りを破壊します。私たちは、全産別の評価制度反対闘争と連帯し、職場・地域の団結拡大、拠点建設にうって出ます。動労総連合建設、星野さん奪還をたぐりよせます。
 復興大臣・今村のフクシマへの「裁判でもやれるもんならやってみろ!」発言に怒りがわきます。労働者が失うものは鉄鎖以外にない。失うのを恐れているのは資本家たちだ! ゼネストをやって安倍を打倒しよう!

この記事に

開く コメント(0)


今村復興相暴言許さない!
国は原発避難の全責任とれ!

(写真 被曝と帰還の強制に反対し、常磐線開通阻止へストに立った動労水戸【4月1日 福島県浪江町】)

 今村雅弘・復興担当大臣は4月4日、福島第一原発事故に伴う「自主避難者」に対し、あまりにも無責任な、信じられないほどの暴言を吐いた。この日に行われた記者会見で、記者から「『自主避難者』に対する国の責任をどう感じているのか」「国が率先して責任をとらなければ、路頭に迷う家族がでてくる。その責任をどうとるのか」と問われた今村は、まるで他人事のように「国がどうだこうだではない」「それは本人の責任」と言い放った。
 今村は3月12日のNHKの番組でも避難者に対し「ふるさとを捨てるというのは簡単。戻って頑張っていくという気持ちを持ってもらいたい」と放言し、避難者の心を泥靴で踏みにじった。
 何が〝本人の責任〟だ! 何が〝ふるさとを捨てるのは簡単〟だ! 避難せざるを得ない原因はすべて、歴代自民党政府と電力会社が「国策」として、無謀にも日本中に原発をつくってきたことにあるのだ。しかも原発推進は核武装を目的としたものだ。その破綻の結果として、史上最悪の福島第一原発事故が起こった。今年3月17日、福島県から群馬県などに避難した人たちが国と東電に損害賠償を求めた訴訟の判決でも、前橋地裁は国と東電の事故責任を明確に認めたのだ。

帰還政策進める小池知事も同罪

 避難者の生活を守る責任を放棄したのは小池百合子・東京都知事も同じだ。3月24日の記者会見で小池は「福島県が帰還を基本にしていることを念頭におかなくてはならない」と述べ、記者からの「避難者への経済的な支援の予定があるか」との質問に対して何も語らなかった。小池も避難者に寄り添うこともなく、見捨てようというのだ。
 今村や小池は、安倍政権の帰還強制・福島圧殺政策を体現している。この連中には、生まれ育った大切なふるさとを後にし、家族がばらばらになり、二重・三重生活で家計に苦しむ避難者の過酷な現実に向き合おうという姿勢などひとかけらもない。3・11当時、5歳の男児と妊娠中のお連れ合いとともに「自主避難」した男性は、これを厳しく断罪している。「なぜ『自主避難』せざるを得ないのか。それは放射能の許容範囲を事故前の20倍に引き上げたせいだ。避難者に寄り添うと言いながら、復興庁は6年間私たちに寄り添ってくれなかった」
 安倍のような〝大金持ちの資本家階級さえ生き残れれば労働者や農民・漁民はどうなってもいい〟という、とことん腐敗しきった姿を許すことはできない。「子どもと家族を守る」と人間として誇りを持って避難を選択している人たち、逆に福島で生活する道を選択せざるを得ない人たち、そして労働者民衆とその家族が生活と健康を守り生きるために、こんな連中を打ち倒し、労働者民衆の団結に基づいた新たな社会をつくろう。
 そのためにも、避難者切り捨てと原発再稼働、朝鮮侵略戦争の切迫と闘う北島邦彦さんを押し立て、東京都・区で働く労働者とともに、7月都議選に必ず勝利しよう。

      

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1


豊洲移転は撤回せよ!
11市場の民営化に絶対反対!

4・21築地デモへ

 7月都議選で「豊洲移転撤回! 小池知事は11市場の民営化をやめろ!」を掲げて闘いましょう。4月21日には全国労働組合交流センターの呼びかける第4回築地デモが行われます。築地市場で働く都労連・都庁職(東京都庁職員労働組合)の労働者、仲卸をはじめ民間業者の怒りと団結し、デモに集まろう。
 豊洲移転問題をめぐって小池知事は正体をむき出しにし始めました。4月1日には「市場のあり方戦略本部」を設置し、3日に第1回会合がもたれました。「11市場の将来のあり方を議論し、総合的な判断につなげる」(小池知事)とごまかしていますが、その狙いは豊洲移転と11市場の全面民営化以外の何ものでもありません。豊洲で生じる巨額の赤字によって「市場会計全体が破綻する」と脅し、11市場丸ごとの民営化に向けて動き出したのです。
 市場問題プロジェクトチーム座長の小島敏郎は8日、仲卸業者らに築地市場を現在地で再整備する私案を説明しました。小池はこの案も「比較検討」した上で、「民営化以外に経営上の事業の継続性はない」という結論を出そうとしています。
 地下水調査でどれだけ汚染が検出されようとも専門家会議の御用学者は「誤差の範囲内」「地下水は飲み水に使わないから安全」として「豊洲は安全」と結論づけています。原発事故後に御用学者が「直ちに影響はない」と繰り返したこととまったく同じです。
 小池知事が狙う豊洲移転と11市場民営化は、都労連・都庁職解体の攻撃です。市場労働者の大首切りがもたらされ、市場にかかわる農漁民、卸、仲卸から中小商店で働くすべての人が歴史的に培ってきた社会的共同性と生活を破壊し、食の安全を破壊する暴挙です。

雇用と安全壊す

 なぜ民営化に反対するのか。「民営化と競争で社会は良くなる」と宣伝され強行された30年前の国鉄分割・民営化は大破産しました。分割・民営化の最大の狙いは国鉄の労働組合つぶしでした。全員解雇・選別再雇用方式によって〝民営化反対で闘う労働組合員は新会社に行けない〟と脅される中、200人が自殺に追い込まれ、20万人が職場を追われました。
 民営化と外注化の結果、安全が崩壊し、乗員・乗客の命を奪う事故が続発しています。さらにJRは「選択と集中」を掲げ、住民の生活にとってなくてはならない鉄道路線を切り捨て、地方を破壊し、分社化・転籍強要・非正規職化に突き進んでいます。
 日本共産党はこのような公共部門の民営化とまったく闘わず屈服し小池都政を支持しています。
 韓国・民主労総は「公共部門民営化阻止」「競争をやめてともに生きよう」とゼネラルストライキで闘い、100万人の民衆総決起を組織し、パククネを倒しました。
 国鉄闘争と固く団結し都労連労働者を先頭に「民営化反対」の闘いを巻き起こし、新しい労働者の政党をつくりましょう。都議選決戦は、その最大の決戦です。

-----------------------------------------------------------
命を奪う豊洲市場白紙撤回!
4・21築地デモ
 4月21日(金)正午デモ出発
 (午前11時30分集合)
 明石町区民館 (東京都中央区明石町14―2)
 主催 全国労働組合交流センター

この記事に

開く コメント(0)

全2230ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事