ここから本文です

書庫全体表示

ボートシーバスの人気の理由はやっぱり魚のサイズが大きい事。
状況が良ければ80cm、90cmが連発なんて事もあります。
そしてなんといってもお手軽であるということ。

初心者から上級者まで十分楽しめます。

ロッドについてですがどこでもオールマイティーに使える7.0f〜8.5f位の長さが無難だと思います。シーバス用ではなくてもライトジギング用エギング用など25g位のルアー対応なら使えますが、本格的に始めるなら専用ロッドをお勧めします。

固さや曲がり方等、他にも基準はありますが、とりあえずは固すぎず強すぎずミディアム、メディアムライトクラスがおすすめです。

イメージ 5




糸を巻き取る為の海水に対応したリール。
これも色んな種類があって選定に悩みますが、ロッドと同じく「少しだけ体験」という場合は、入門セットで。長く続けてみたい場合は、1〜2万円前後の物から選べばいいのではないでしょうか。
負荷が掛った際に糸を出してくれる「ドラグ性能」や、ラインのトラブルや飛距離に影響する、「スプール」と呼ばれる糸を巻いている部分等がありますが、この辺りに関してはビックリする位の差は無いと思います。
イメージ 2

リールが大きくなればハンドル1回転で巻き取れる量も増えますが、その分形は大きくなります。また、持った感触も重くなってしまい、竿とのバランスが悪くなってしまう事も。通常であれば、リールの大きさは3000番前後が一番使いやすいと思います。
リールに巻く釣り糸についてですけど、現在のシーバスゲームにおいて、主流になってるのが「PEライン」だと思います。

イメージ 3


強度を維持したままラインを細く出来るので、振り出しの際の摩擦が減り、飛距離も伸びます。
デメリットとしては、「根ズレ」等でキズが付いた場合、非常に簡単に切れてしまいます。引っ張る強度は強いのですが、キズには凄く弱い。なので、PEラインを使う際は「ショックリーダー」と呼ばれる、違った素材で作られているラインを先端に結んで使用します。
初めての方には、PEラインが難しく聞こえるかもしれません。とりあえずシーバス釣りをしてみたい場合はナイロンラインでもいいかもしれません。ただ、釣りを続けていく間に、PEラインを使いたくなると思います。

PEラインにも色々ありますが、初めて使うなら1号〜1.5号辺りが使いやすいと思います。
何事もバランスでリーダーが40lb(約12号)でPEラインが1.2号ではバランスが悪く逆に結び目などからトラブルをおこします。
軽自動車にフェラーリーのエンジンを積むようなものなのです。
3000番クラスのリールのスプールにラインを挟む場所がありますよね、それは一般的に使用されるリーダーに合わせて有名ブランドメーカーが作っています。
スプールにラインを挟むのは40lbや50lbだと物理的に不可能です。
メーカーは持論ではなく多々数多のテスターのテストで作っています。
初めての方で結び方が解らない場合はPEラインだけリールに巻いてナイロンの6〜8号を持ってきてください、船長が結びます。

魚を持ち帰る際に必要なクーラーボックスですが最低でも70Lをお勧めします。
船長のお勧めは IGLOO(イグロー) イグルー クーラーボックス マリンウルトラ 72Qtです。
価格も1万円チョイとコストパフォーマンスに優れたクーラーボックスです。
保冷力重視なら価格は高くなりますがシマノダイワもお勧めです。
氷は最低でも5㎏以上お持ちください

イメージ 4


次は、釣行時に投げるルアーですが、色んな種類が販売されています。沢山あり過ぎて、どれを買えばいいのか分からないと思います。
イメージ 1

画像のような鉄板で作られたバイブレーションから始めてはどうでしょう
カラーは赤金、コットンキャンディー、チャートなどのアピール系がおすすめです。

宍道湖や中海はマンメイドストラクチャー(障害物)を狙うのではなくてオープンウォーターなので360度遠投して広く探ります。
15mキャストした場合には15mしか探れませんが30m40m50mとキャストすると、一回のキャストで何倍も探ることが出来ます。

「釣れる」には理由があり、「釣れない」にも理由があります。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事