ここから本文です
近場の鳥獣花蝶を撮って楽しんでいます

書庫全体表示

     吾輩のブログの区分が春夏秋冬のざっくり4区切りしかないので
      5月に早くも夏日だと巷間賑々しいが我が方ではまだ春の区分

      今日は全国的に雨ですね〜!ええ〜こちらも降っています
    川が渇水状態だったので田圃農家の人もこれで少しは胸を撫で下ろしたかも

   さて、昨日ホトトギスの初鳴きを聞きました。何時もなら郭公の声も聞こえるのに
   今年はどうしたことか?因みに昨年は5月16日でしたのでもう5日も遅れています!
   今日はこの雨なのでまず無理、明日以降だと一週間遅れということか?
   今年は野鳥も季節の歩調を読み取れなかったようで、まず3月26日に鶯の初鳴きを
   聞いたと思ったら翌日春のなごり雪

   今月14日にオオヨシキリの賑やかな合唱をヤマセのうそ寒い気流の中で聞いた!
          因みにその時の気温13℃



1.今季初撮りのオオヨシキリから(^^♪   5/19

イメージ 1


最初だけもてはやされるがそのうちどうでもよくなる
ギシギシガチャガチャ


暫くぶりにミサゴの様子を盗撮に行きました

イメージ 2
                             
                      卵の割れたものが見えるから孵化も順調のようです!
    毎年2〜3羽のヒナを育てている!私がこの場所を教えてもらってからも
    9回目の子育て、この間に巣立ちさせた仔は17羽を数える!
    今年は何羽だろう?割れた卵が1個しか見えないけど今までの経験上1羽という
    ことはまずない!ミサゴの繁殖年齢っていつまで??

イメージ 3

                                  運よく♂が魚を吊り下げて戻ってこないかと
           一縷の望みを持ったが一縷の望みと言うのは
           絶たれることに相場が決まっているのだね〜!
             芥川龍之介がそう書いています



イメージ 4
      
                                        行けば必ず撮れる・・筈だったシギチが
       コチドリとキアシシギだけということでは面目が立たない

              
                                           仕方がない飛ぶものは鉄鳥でも雉でも
               撮らないといけないのであります!

イメージ 5


今季蝶との出会いがメッチャ少ない!
昨日大好きなスミナガシを見た
しかし、アゲハがいません
まだウツギが開いていないからかな〜!
サカハチチョウも見えないし・・・
そんな中でヤマキマダラヒカゲ(多分)に遇った♪

イメージ 6

ガードレールが好きでこの場所から飛んでもすぐ側のガードレールに行く!
「ヤマキマダラヒカゲ」と「サトキマダラヒカゲ」の区別に未だに自信を持てない
未熟者


イメージ 7


ルリシジミ(多分)

イメージ 8

蝶との出会いがこんなものとは(ベニシジミは出ていましたが・・)


3.山野草!

海岸の高台、杉林の中に今年もウラシマソウの群落がみられました♪


イメージ 9


イメージ 10
ウラシマソウ!サヨイモ科の多年草
有毒植物だそうです!


イメージ 11

忍冬(^^♪
この花を題材にして歌っている福山雅治氏の唄と因幡晃氏の唄と
どっちが好みだろう?



ナルコユリ!ですよね?
ユリ科の多年草

イメージ 12
根は漢方薬の「強壮薬」となるそうです。
だからと言って決して勝手に食べないように
マムのかば焼きと「黄精」で10歳若返るなどと言う幻想はやめた方がいいね〜



山盛りのテッセン

イメージ 13



今日の最後の一枚

イメージ 14
カラーを思い切り強調してみました



終わります!

雨脚が強くなりました!被害のありませんように

ありがとうございました。

  • 顔アイコン

    久しぶりのミサゴの登場ですね。そうですか。産卵が1個ということはない。そのうちに何羽かの雛が姿を見せてくれると良いですね。
    オオヨシキリが思い切り口を開けてギシギシ・・・声が聴けて来そうです。
    私もサトキマダラヒカゲを撮りました。私のフィールドは里山なので良く見ないでサトキマダラヒカゲと決めています。
    ウラシマソウの群落、良いですね。
    ウラシマソウを見ようと思ったら車で1時間は走らなければならない。
    最後の写真、良いですね。海に憧れる山国育ちです。
    ナイス

    トミさん

    2019/5/21(火) 午後 5:12

  • 顔アイコン

    何と言う事でしょう山の中に山盛りのテッセン
    凄いねぇ.....。
    こんな凄いの見た事無い!!!

    [ たんぽぽ ]

    2019/5/21(火) 午後 6:03

  • こんにちは。
    こちらは昨晩から今日の昼過ぎまで、台風のような雨風でした。何だか気候が変わったと感じます。
    ミサゴは9回目の子育て、凄いベテランですね。毎年巣立っているので、安心ですね。ナイス!
    ヤマキ、サトキはどちらとも取れる中間型がいて、の違いは私もよく分かりません。高い山の上で見るのをヤマキかと便宜上しています。

    [ nika4 ]

    2019/5/21(火) 午後 6:07

  • こんばんは!

    今日は一日中すごい雨でした。
    兄さんの今回の記事、羨ましいのてんこ盛りです。
    オオヨシキリさん、川の周りで鳴いているんですけどなかなか撮れません。コチドリちゃんは大好きだしキジさんの飛翔!すごいですね。
    テッセンの山綺麗〜。
    最後のお写真だけは、いつもの兄さんらしい色の方がいいな!でもたまには面白いかもですね。日本じゃないみたいです。

    [ tenori_doll ]

    2019/5/21(火) 午後 6:31

  • ふん・・・・・最後のはカラーがきつすぎるんだよ!日本を主張しなさいと悔しまぎれに キジの飛び物だ・オオヨシキリだと・・・・ギシギシガチャガチャ? そんなの知るか!グヤシイ勝手にしろ 悔しさついでに、サトキだヤマキだ?おなじだ。まだヤマセのほうがいいのだ(笑) ミサゴの卵割れ写真も余計だし、こりゃマムのかば焼き食べて気を紛らせなくては・・・・寝れないか(爆)あ!ホトトギスも先を越された!声だけ?ホッのいいんでないかい。そう言えば・・・芥川龍之介は「運命は偶然よりも必然である。」と言ってましたよね! サンちゃんとの出会いを楽しもっと。ギャハハ

    keiryuu(酔渓)

    2019/5/21(火) 午後 8:08

  • 顔アイコン

    ミサゴですか?凄い目つきで猛禽類らしくカッコイイ!
    子育て上手な様ですね。

    やはり三位一体と云われるが、鳥が良い!

    [ 武清庵 ]

    2019/5/21(火) 午後 8:20

  • > Blackmoreさん
    どうもどもおはようがんした(^^♪

    昨日の雨も上がり今朝はお日様が昇ってきました
    昨日の首都圏の大雨の実況中継はまるで台風の時のような報道の仕方!臨場感を出すためにか
    レポーターに傘も持たせず濡れた髪を振り乱して現場の中継をする!そんなに意味のあることか

    花や蝶と戯れることは浮世の憂さを埋めるためと心得ておりますBlackmoreさんの4コマ漫画に共通しているのかと・・ヒルと戯れる王子様は規格外 もはやあの集団は難行苦行が快楽の一種になっているナルシストなので真似してはいけません 有難うございました♪

    [ 山鰍 ]

    2019/5/22(水) 午前 5:23

  • > ハマギクさん
    おはようございます(^^♪
    雨上がりの爽やかな五月晴れ
    山の緑が急に濃くなった気がすると言うのはノリ過ぎか

    ホトトギスに先を越された郭公が今日は鳴くかもとワクワクしています!

    極彩色の磯の俯瞰!鳥の目光景はミサゴの観察に行った戻りに立ち寄った当地の岩場です。
    小さな漁港の側の崖の上から撮りました(*^▽^*)
    ありがとうございました!

    [ 山鰍 ]

    2019/5/22(水) 午前 5:35

  • > トミさんさん
    どうもおはようございます(^^♪
    ミサゴの様子を本当に久々に見に行きました!
    同じ構図ばかりなのでそろそろ飽きて来たという面もあります それにしてもミサゴって多産だな〜と思う反面、それだけの個体を養うことが出来る海なのだろうか?という疑問も生まれています。

    4月末に雪が積もるなど寒さの長引いたみちのくの春なのにオオヨシキリが生まれ故郷に戻って来た♪
    この地にやって来る鳥は、鮭が生まれ故郷の川に戻るように回帰しているだけではないか?と思うと鮭を愛おしく思うようにオオヨシキリもミサゴも柔らかい目で見守りたいという気持ちになります(^<^)

    ウラシマソウって鵜沼の森にないのですか
    へ〜 奇妙な花というイメージです。
    ありがとうございました!

    [ 山鰍 ]

    2019/5/22(水) 午前 6:05

  • > たんぽぽさん
    ありがとうございます♪

    テッセン!3年前までおじいさんとおばあさんが住んでいたお家の庭先に咲いていたものです。
    今は建物もすべて撤去されて草ぼうぼうの空き地になっています。最近測量が入っているのでそこも整地されて太陽光発電のパネルを設置するとか!おじいさんおばあさんの生きていた証が何にもかも消えてしまう

    [ 山鰍 ]

    2019/5/22(水) 午前 6:13

  • > nika4さん
    どうもどうもおはようございます(^^♪
    東京も今朝は良い天気になったことでしょう。
    関東周辺の方が大雨だったようですね。こちらは丁度良いお湿りです♪

    ミサゴが今年もマイホームに戻って子育開始♪
    私が知る前からここで子育てしてたかも知れませんが少なくとも9回目の産卵→子育て!
    ミサゴは一つの巣をリフォームしながら使い続けるのだそうです。人は離婚などするけどミサゴは一夫一婦なんですね〜偉い

    ヤマとサトの違いは図鑑を見てもまぁ~難しいこと
    どっちでもいいことにしましょうよ
    ありがとうございました。

    [ 山鰍 ]

    2019/5/22(水) 午前 6:27

  • > tenori_dollさん
    どうもども(*^▽^*)
    昨日の関東周辺の大雨ニュースをしっかり観ていました!なんとか大きな災害にならず「えがった、エガッタ♪」(*^^)v

    オオヨシキリはソングポストで賑やかに囀ってくれるので撮り易い気がするのですが
    大丈夫!今日にも撮れますよ!
    コチドリの抱卵までしっかり撮ってしまう「先輩」には及びもつかない
    今年こそはと腕まくりするすること5年!

    テッセンの盛り籠も来年はもう見られないカモ?

    海の図!かなりくどいね〜!反省
    ありがとうございました。

    [ 山鰍 ]

    2019/5/22(水) 午前 6:38

  • > keiryuu(酔渓)さん
    運命は偶然よりも必然である!さんおはようございます(^^♪
    私の耳は欧州人のような構造をしているのかヨシキリの囀りはただ喧しい雑音にしか聞こえない
    ホトトギスはただただけたたましい声で「あちゃこちゃこけた」などと聞こえ巷間「トウキョウトッキョキョク」などというのが相場らしいので本当〜と疑っている偏屈爺であります

    ミサゴはそこに行けば必ず覗ける式なのでもう飽きた
    サンチャン それは禁句です
    サンチャンに告ぐ!悔しかったらここまでおいでのアカンベー
    マムのかば焼き反対 マドンナに言いつけよう
    ありがとうございました!

    [ 山鰍 ]

    2019/5/22(水) 午前 6:55

  • > 武清庵さん
    どうもおはようございます(^^♪
    ミサゴはフィッシュイーター(お魚専門)ですが猛禽のカテゴリーですからそれなりの鋭い目つき
    眼力がありますね(^_-)-☆
    何時もいいますがミサゴの子育ては立派です!
    我が子を虐待して殺害するような輩にミサゴの糞でも煎じて飲ませたい
    ありがとうございました!

    [ 山鰍 ]

    2019/5/22(水) 午前 8:43

  • 顔アイコン

    最後の一枚がいいと思います。
    このくらいの色が写真展向きかと。

    ナイス!

    someyuki

    2019/5/22(水) 午前 10:09

  • > someyukiさん
    どうもありがとうございます(^^♪
    この位の色がいい!わぉ〜
    八王子の王子様などからは「やり過ぎ」のブーイングの嵐

    [ 山鰍 ]

    2019/5/22(水) 午後 5:45

  • 顔アイコン

    オオヨシキリの初撮りが出来たなんて、良かったですね。
    ミサゴって、この様な岩場の上に巣作りをして、子育てしているのですね。凄いですね。
    ナルコユリや山盛りのテッセンの花、凄いですね。

    リク です。

    2019/5/23(木) 午後 3:24

  • > リク です。さん
    どうもどうもありがとうございます♪
    オオヨシキリ、この鳥が鳴き始めるとみちのくにも初夏の趣♪(*^▽^*)やって来るとやっぱり挨拶がてら撮らないとね
    ミサゴはハイ!このような孤立した岩の上に営巣します。日差しがいいという状態を越えていますが テッセンは間もなく消滅してしまうだろうと思って撮りました。

    [ 山鰍 ]

    2019/5/23(木) 午後 5:54

  • 顔アイコン

    ミサゴ夫婦は子育て上手なのですね〜\(^o^)/

    すごい繁殖力。子孫をたくさん残しているようで、何よりです(^^)

    それにしても、13℃ねぇ(@_@)
    南国の真冬に一度あるかないかの寒さじゃあ〜りませんか。そりゃ、夏鳥さんもびくっりしちゃいますね。

    ギョシギョシギョシギショ〜とんと聞いてないので、ちょっと懐かしい♪
    私が初めて、撮影した鳥さんだという(^^ゞ
    なんといっても、見つけやすいですからね〜(^^)

    梅雨入りしたハズの奄美ですが、今週はカラッと快晴続き。とっても快適です。
    部屋の湿度を一気に取り去る計画なのです(^^)v

    [ ちぐさ ]

    2019/5/23(木) 午後 10:02

  • > ちぐささん
    おはようございます(^^♪
    ミサゴって長年観察していると猛禽だけに猛々しい顔をしていますが仔への愛はもうなんともウルウルするような健気さ♪2〜3羽産むのですが最後に孵化した仔は明らかに先に孵化した仔より成長が遅く、先に産まれた仔が親に食べ物をねだるのに後の仔はまだ巣の底でようやく体を動かしている状態。
    兄弟も猛禽類にありがちな先に孵化した仔が後の仔を攻撃することもなく母親は皆に平等に餌を与える。
    凄いでしょう♪偉いよね〜!(*^▽^*)

    オオヨシキリがBWの出発点だった♪(^^)/
    オオヨシキリって沖縄か、もっと南からわざわざヤマセの13℃の国に子育てに来る!クレージだね〜

    蒸し暑さは湿度が高いからでこれが低ければ同じ気温でも皮膚感覚が大違い!頑張ってください
    ありがとうございました!

    [ 山鰍 ]

    2019/5/24(金) 午前 8:31

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事