ここから本文です
近場の鳥獣花蝶を撮って楽しんでいます

書庫全体表示

         世はいよいよ入梅の候!
       なのに水無月とはこれ如何に

      吾輩のブログの区分も春から夏に衣替えです!
      北三陸は暑いのか寒いのか良くわかない天気
     良い天気だと思って山仕事しているといきなり雷様のお出まし(昨日)
    今日は日差しが強くただヒリヒリするような感覚だが海からの
         ヒンヤリ風にどことなく寒い風の感覚訳分らんね!

 
1. 4月の末に雪が積もったりして早々に巣作りしたエナガはどうなってしまったかと
   心配したがほぼ例年通り、一昨年より2日早く巣立ちしましたね〜♪


イメージ 1

                          巣立ちすると巣の上に張られているケーブルに飛び乗って
         まず周りを見回すことが伝統的に続くエナガ兄弟!
         こういうことって、この付近に巣をかけるエナガの学習遺伝なのか?
       下の藪から飛び出してケーブルに止まることは分かったのですが巣の場所
    それが掴めない!まぁ大体そこらへんと何時も巣立ちの時間になると行くのです!

         巣立ちの時間は朝かと思って早朝にも足を運ぶのですが

            朝に巣立ったことがありません!
           午後4時過ぎ♫これがMFのエナガの巣立ち時間♪(*^▽^*)


イメージ 2
       
                                 一日で少し凛々しくなったお子ちゃま


イメージ 3
         


イメージ 4


                           兄弟たちは次第に距離を取って離れていきやがて二度と
              出会うことがないのではないか?
              頑張れちびちゃん!生きれよ


              センダイムシクイのようなものもいたがこれはアダルトでは?↓

イメージ 5


イメージ 6


                                    ヒガラはまだヒナが巣にいるのか?

イメージ 7


イメージ 8


ヤマガラ

イメージ 9


この森ではトラツグミも子育てしているようで
早朝に行くとよく道路に下りて餌を探しているシーンに遇う


イメージ 10


西日のもろ逆光の中、梢の高い所にいたメジロ


イメージ 15



ホオジロが懸命に相手探しのソロコンサート


イメージ 16




水辺の鳥の異変?

この時期になってもまだ冬カモのヒドリガモとカワアイサが残っている
どうしたことか?まさか当地で繁殖するということも考えられないが・・
この二種の繁殖場所がどんな所なのか皆目だが
今から行っても間に合うのか??

ヒドリガモ

イメージ 11

イメージ 12



カワアイサ(上段♀、下段♂)

イメージ 13
イメージ 14




2.    蝶に遇えない
  どうしたものかこの時期になっても一頭のアゲハにも遇わないのです!
  タニウツギの咲くのを待ちかねたようにカラスアゲハ、オナガアゲハ、クロアゲハ
   などの黒系のアゲハが花を訪れるのに今年は方々探しても一羽、一頭も遇わない!
   こんな経験はこの8年間で初めて


                                     ヒメウラナミジャノメ今季初!

イメージ 17


ヤマキマダラヒカゲ

イメージ 18
なんでまたこの蝶はガードレールが好きなのか?


蝶が僅かこれだけ(ベニシジミとルリシジミは割合)
ここまで季節が進んでもセセリチョウにも遇えないなんて全くおかしい


3.       花など

                                              ハマナス
イメージ 19

         ハマナスはやっぱりバックに海が入らないと価値が半減する感じ


            すでにしおれたが我が家の孔雀サボテン

イメージ 20


                          今、山を白くしているのがこのアカシア(ニセアカシア)

イメージ 21

この花からも蜂蜜が採れるので
巣箱を設置しています

イメージ 22



古刹と芍薬

イメージ 23

イメージ 24
牡丹と芍薬の違いが良くわかないので
間違っていたら教えてください!


庭のスミレ

イメージ 25


余話!

令和になってすぐに世間を震撼とさせる事件が起きたばかりなのに元高級官僚による
刃傷沙汰!今の日本に200万人もいるというニートを政府は勿論産業界も民間団体も
今こそ国家存亡の危機だと自覚し、あらゆる方法を採ってこの人々を社会に出て働ける
ようにすることがこのような凄惨な事件を防ぐ最良の方法だと思うのですが・・             



深夜の投稿になってしまいました!

終わります


ありがとうございました!


  • おはよう御座います(。◠‿◠。)
    エナガも平年通り巣立ちを始めたんですね。
    この時期はいろいろの野鳥が巣立ちをする時期ですね。
    6月に入りこれから暫くは鬱陶しい季節となりますね。
    ナイスショットです(。◠‿◠。)

    [ ひまじん ]

    2019/6/3(月) 午前 9:34

  • おはようございます〜〜🦉

    エナガの子たちのもふもふの姿が可愛いです。
    白鳥も子供が怪我?で留まっている親子がいるようで、水鳥さん達も、、どこも痛めてないといいけど。

    人も巣立ちの時期を逃すと、、色々と留まらないといけない。
    幸いうちの息子もニートになりかけていたけど、、どうにか社会人になったわ〜〜。
    信頼って大事だよね〜。

    [ 檸檬バーベナ ]

    2019/6/3(月) 午前 11:08

  • 顔アイコン

    エナガにはだいぶ前に出会いましたが、顔がないようなのばかりで素早くて、年取ったなあと自分を嘆いています。
    今朝も一回りして一鳥も撮れず帰路についたらホケキョと送り鳴きされました。
    散々馬鹿にされていると思う昨今です。
    鳥の食べ物まだ未熟な「くゎご」だけだもんねと納得しています。
    キイチゴもまだですしねえ。
    くゎご=桑の実
    アカシヤの下のハチの巣箱、でも今年はアカシヤの房が短くもう散り始めました。
    蜂蜜についてはその後不明です。

    someyuki

    2019/6/3(月) 午前 11:15

  • 一羽の鳥なのにセンダイと言うが如し・・・・・くるしい(笑)
    おお!一応のエナガ団子じゃありませんか・・・・この状態なら近くに巣があるは歴然!それを見つけられないとは(-_-)/~~~ピシー!ピシー!だ まあいいかあ〜負けた 昨日の山小屋でヒガラが餌を咥えて飛んで行ったから、同じくの子育て最中のようですね。 この時期のトラツグミが見られるなんて羨ましいなあ! で、カワアイサにヒドリガモが居るなんて!これはここで子育てか? 学会を揺るがすスクープだ!以後仕事ホッポリ出して、毎日観察すべし 豪邸に咲く孔雀サボテンにナイス。

    keiryuu(酔渓)

    2019/6/3(月) 午後 0:06

  • 顔アイコン

    これはご苦労様です。深夜というか今朝ですね。私は勿論夢の中。
    エナガの巣立ち、面白いことに気が付くのですね。この3羽の兄弟(?)が電線に勢ぞろい。一家の伝統行事?巣立つ場所も引き継がれているのかな。
    トラツグミは冬鳥と思っていたのでこの季節北の方で子育てをしているとはビックリです。本を見たらおっしゃる通り国内でも繁殖するのですね。
    最後のコメント。政府はやることが遅すぎます。比較的身近な所にも就職氷河期の時代に就職できなかった人がいるので前から不安に思っています。

    トミさん

    2019/6/3(月) 午後 1:54

  • 顔アイコン

    エナガ兄弟の巣立ち物語りに感動しました。
    巣立ちすればお互いに距離をおきながら生きて行く
    小さな生き物も生きていくのは大変なんですね。
    孔雀サボテン凄い、凄い

    [ たんぽぽ ]

    2019/6/3(月) 午後 5:01

  • こんにちは。
    エナガの雛が巣立ちましたか、3羽で一応エナガ団子か。私も先週エナガの雛6羽みましたが、それぞれ1mほど離れてばらばらでした。エナガ団子はタイミングが難しいですよね。
    蝶は心配ですよね。こちらも全体に数が少ないです。一旦暖かくなってからの寒さは、蝶にとっては生命の危機になるのでしょうね。

    [ nika4 ]

    2019/6/3(月) 午後 6:15

  • > 武清庵さん
    どうも今晩は(^^♪ありがとうございました!
    仕事に追われて訪問が疎かになっています

    令和になってすぐの凄惨な事件の犯人も政務次官の件もキーワードは「ひきこもり」の40代、50代!
    由々しき問題です

    [ 山鰍 ]

    2019/6/3(月) 午後 8:08

  • > Blackmoreさん
    どうもども(^^♪
    5月ですでに猛暑日になった列島しかも北海道で異常な暑さだったがさて、水無月の今月は梅雨の豪雨と予想したのだが
    自然現象が過去の人間の経験則が全く役に立たない状況になっている!あらゆるものが予測不可能になったらこれは大変なことでしょうね!人間は賢者か愚者かそこが問題
    ニート対策、政府は本気になって取り組むべきです ありがとうございました。

    [ 山鰍 ]

    2019/6/3(月) 午後 8:16

  • 顔アイコン

    エナガさん兄弟、かわいいですね〜(^^)
    大好き♪

    エナガは社会性の高い小鳥さんだと聞きました。
    子育てには、ヘルパーの兄弟がいると言う事なので、これから二番子の手伝いをするのかもしれませんよ〜。

    東北というか、本州自体が暑かったり、雷もですか?そんな中、なぜか奄美の今年の梅雨は涼しい(現地の人は肌寒いとまで言っている)らしいです。
    その土地その土地の、普通の気候が一番だと思うのですが・・・。どうなっているのやら。

    盛りだくさん内容で楽しませていただきました(^^)

    [ ちぐさ ]

    2019/6/3(月) 午後 8:21

  • > ひまじんさん
    どうも今晩は(^^♪
    ライブドアからヤフーへ来るのが手間でしょうね!
    わざわざありがとうございます。

    エナガの無事な巣立ちを見学出来て本当に嬉しいです♪
    秋までに無事に残るのはこの中で何羽なのか?
    少しの間追っかけして見ます。
    ありがとうございました。

    [ 山鰍 ]

    2019/6/3(月) 午後 8:25

  • > 檸檬バーベナさん
    おはようございます(^^♪
    リコメ今朝になってしまいました

    エナガの坊ちゃんお嬢ちゃんどうですこのメンコさ(^^)/ これを撮りたくて日参です!
    巣立ちすべき時に巣立たないと自然界では「死」だけですが人間界は何十年も「生きていける」・・・

    2,3年前、傷ついて飛べなくなった白鳥がこちらにも
    1羽いましたが最近は姿を見なくなりました・・・
    写真のカモ達は団体ですしとてもリラックスしているから飛べないカモ達ではないと思います!
    きっと北海道とか近くで繁殖するのかな〜と思って見ています(*^^)v ありがとうございました。

    [ 山鰍 ]

    2019/6/4(火) 午前 5:36

  • > someyukiさん
    どうもありがとうございます(^^♪
    良い天気です今日は岩手中燦燦と降り注ぐ陽光間違いなしですね〜!

    この時期、樹木の葉が生い茂っってただでも撮り難い野鳥がすぐに葉隠れなので苦労します。
    八王子方面の方は仙人なので参考になりません
    桑の実を「くゎご」というのですか
    子供の頃、桑の実が熟すと仲間と一緒になって食べたものです!服に桑の実の汁がついて染め物
    中にはカメムシがジェット噴射したものを知らずに口に入れてしまった・・苦い思い出です
    アカシアはまだこちらでは健在(^^♪

    [ 山鰍 ]

    2019/6/4(火) 午前 5:47

  • > keiryuu(酔渓)さん
    どもども
    何!まだエナガ団子兄弟を撮っていない
    怠慢ですガハハ 一つだけ「どうだ」があった
    毎年(昨年は横浜だったからパス)決まってこの場所で巣立ち直後の団子兄弟を撮れているからこの周り、それも20×20m位の範囲だと目星がつくのですが腰まである笹が行く手を阻んでダニがいるかもと思うと軟弱者です

    エナガ、ヒガラ、トラツグミが同じような場所で繁殖(^^♪ どこがよくてここに来るのか??
    この時期になっても冬のカモたちがのんびりしているなんてこれは珍事だよね〜!山仕事を放り投げて・・
    それはアカン!カミ様に「あ〜〜た!」
    ね!思い当たるでしょうガハハ
    わが庵にナイスありがとうございました。

    [ 山鰍 ]

    2019/6/4(火) 午前 6:06

  • > トミさんさん
    いつも心に沁みるコメントありがとうございます!
    エナガが巣をかけている場所が何処なのか定かではありませんがどうも笹薮から飛び出してくるので前にnhkのテレビで観たように笹の中に巣を造っている家系ではないのかと思っています(一般的には樹木の又の部分ですよね)それで巣立ちはいきなり遠くへ飛べなくて頭の上のケーブルということになるのかと??

    繁殖場所も鮭が同じ川に戻るように代々受け継がれているのでは?トラツグミを見るのは主に早春からこの時期までが多いのです!繁殖をこちらでするためなのでしょうね〜!

    ニートの問題は喫緊の問題なのに国会議員にその危機感がないように思います
    ありがとうございました。

    [ 山鰍 ]

    2019/6/4(火) 午前 6:18

  • > たんぽぽさん
    おはようございます(^^♪
    エナガの巣立ちはいつ見ても感動と可愛さに心から「頑張れ!」と応援したくなります(*^^)v
    小さい小鳥でも懸命に頑張って生きていきます♪

    孔雀サボテンも測ったように同じ時期に毎年数輪咲くのです♪有難うございました!

    [ 山鰍 ]

    2019/6/4(火) 午前 6:58

  • > nika4さん
    どうもどうも(^^♪
    エナガの巣立ちの瞬間が凡そ分かったのも最初の偶然の画像を撮った時間からでした♪
    それでも天気次第ということもありますのでこの次も上手くいくかどうかは神のみぞ知るであります。エナガはツバメなどと違って巣だったらもう親は給餌しないのだろうか??まだそのシーンを見ていません!

    蝶が相変わらずいません!タテハチョウは「コミズジ」位です。3月に冬眠開けしたグループの姿もパタっと消えています。セセリチョウはもっと酷い
    ありがとうございました。

    [ 山鰍 ]

    2019/6/4(火) 午前 7:05

  • > ちぐささん
    おはようございます(^^♪

    そうですか奄美の今年の梅雨はカラ梅雨なのか?
    奄美の人が肌寒いという気温と湿度の関係を知りたいものです(*^^)v

    エナガは親鳥もメンコイから生まれたお子ちゃまたちも
    可愛いね〜!バンやカイツムリなどはひで〜顔のお子ちゃまですので森の小鳥は総じて美形では(*^▽^*)
    エナガって木の又の部分に巣作りするタイプがこちらでもいたのですが子育て途中で見事に(?)カラスなどの外敵に襲われてしまったのを見たのでこの画像のヒナたちはそういう場所でない所で育つから外敵に襲われなかった。nhkのテレビで観たのですが笹薮に巣を造るタイプの最大の敵はヘビだということでした。
    それと巣立ちの時期と大いに関係あるのでしょうね!
    ありがとうございました。

    [ 山鰍 ]

    2019/6/4(火) 午前 7:14

  • 顔アイコン

    お早うございます。

    芍薬 牡丹
    葉っぱで違いが解るって聞いてますが
    葉っぱにギザギザが有るのが 芍薬
    葉っぱが優しくギザギザが少ないのが 牡丹

    でも 自信が無く調べて見ました。
    朝から 頭の体操 良いね (*'▽')

    http://forties-text.com/peony-difference/

    ↑ コピペして違いを見たら 勉強に成るかも。

    ゲームボーイが流行った頃 有る評論家が言ってました
    私はあの言葉を何十年も忘れずに居たけれど
    あの言葉通りに成って来てるのだと思います。
    この子らが大人に成って その年代が子を産み
    産まれた その次の世代が成人した頃
    日本は アメリカを抜く犯罪国に成るだろう・・・
    ゲームで親子の会話が消え 道徳が無くなり
    辛抱して我慢強く何かを成しえ
    大事な家族や何かを守る精神が消えて行くご時世
    引き籠ると どうにかせねばと葛藤はしても
    社会に出て行く勇気やチャンスは
    一人では掴めないと思います。

    国家存亡の危機・・
    まさに 今 その時だと思います。

    ハマギク

    2019/6/5(水) 午前 7:41

  • > ハマギクさん
    おはようございます(^^♪
    コメントに添付してくださったURLをこれから参考にします。本当にありがとうございました♪感謝します

    テレビゲームに没頭している子供や若い青年男子の姿を30年以上前から危機感を持って観ていました。
    会社の中でもこのような世代(ほぼ昭和40年代以降の生まれ)が多数いたので私が先頭に立って民宿を訪ねる会とか映画観賞会、山菜倶楽部などとにかく外に出る機会を押しつけでなく一人でも興味を抱いてくれる若者を増やそうと努力した時期がありましたがパチンコのフィーバーとかのギャンブルに流れていく若者を押しとどめることが出来ませんでした・・力不足でした・・
    ハマギクさんの仰る有る評論家を存じ上げませんが
    正に今それが予告通りになっている気がします。
    ・この国は間違いなく
    重病人になっているのではないでしょうか!
    とっても空しい・・・ありがとうございました!

    [ 山鰍 ]

    2019/6/5(水) 午前 8:25

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事