ここから本文です
神仏の掌に触れて

書庫全体表示

如意輪寺を後にし、今度は吉野神宮へ向かうこととしました。
此方の吉野神宮は、創建が1889年(明治22年)と成っており、その当時はまだ神宮とは称しておらず、官幣中社吉野宮として明治天皇が創建を命じました。
其の12年後には、1901年(明治34年)官幣大社に昇格しました。
正式の吉野神宮と称したのは、1918年(大正7年)に吉野神宮に改称。

イメージ 1

今回は、正面参道から参拝出来ました。
神宮と呼ばれる社は、結構な急勾配な階段が多い所でして、近江神宮を彷彿させるほど階段の勾配がきつかった。
今見えている場所は、もっと上の方ですので対した事は無いですが、先を下ると転倒する只では済まない危ない階段です。


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

主祭神は、当然後醍醐天皇を祀り奉っています。
各地にも神宮が御座いますが、殆どが歴代天皇が祭神として祀られていますが、伊勢神宮だけは別格扱いでして、天皇と皇室の祖先 天照大御神を奉って居られ、神社の中の神社で有ります。


イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 11

上が本宮の吉野神宮と御朱印です。


イメージ 9

イメージ 10

イメージ 12

下のお社は摂社三本殿で、祭神は南朝で活躍した公家七卿(日野資朝、日野俊基他五卿)を祀っています。

次の投稿が最後の投稿と成り、金峰山寺蔵王堂の別院脳天大神龍王院を投稿致します。

  • 顔アイコン

    おはようございます^^

    自分が参拝した時には、空気が張り詰めていて重く感じました。
    何でなのですかね〜。

    ナイス☆

    鉄人軍団

    2019/3/22(金) 午前 8:48

  • 顔アイコン

    > 鉄人軍団さん 、おはようございます ♪

    神様(後醍醐天皇及び七卿)が、鉄人軍団さんの動向を見守って居られたのではと推察致します。

    昨日、YouTubeで、神様に招かれる者と招かざる者との違いと真意に付いてユーチューバーが投稿しているのを拝見しました。

    まずは、神社に伺う前に雨が降るのは良い兆候で、雨で禊を行って下さっています。

    社殿に前で拝礼をしている時に、拝殿から爽やかな風が吹かれている事も吉兆だそうです。
    他に色々と在りますが、招かざる者には其処に立ち寄るならと警告を発し、身の毛をよだつ恐怖感が自然に芽生え、恐怖して自ずから立ち寄ろうとはしなく成る様に仕向けるそうです。(笑)

    コメントを寄せて戴き、有難う御座います。

    [ tatsu2 ]

    2019/3/22(金) 午前 11:20

  • tatsuさんはヤフーの記事を保存するのですか?

    ギドラ

    2019/3/23(土) 午前 4:56

  • 顔アイコン

    > ギドラさん 、こんにちは ♪

    どうしようかと迷っています。
    パソコンには疎いので、兎に角新しい所で如何にして手掛け様かと思案中なのです?

    コメントを寄せて戴き、有難う御座います。

    [ tatsu2 ]

    2019/3/23(土) 午後 5:38

  • 〜〜〜ヾ(^∇^)おはよー♪ございます

    寒の戻りがあるので神社仏閣巡りの際には服装に気を付けて下さいね
    (*´▽`*)

    [ 猫姫 ]

    2019/3/24(日) 午前 8:23

  • 吉野神宮は吉野山へ行く通りにありますよね。
    この神社へはまだお詣りしたことがありません。
    本殿への階段の勾配がキツイのですか。
    最近は上りは気になりませんが、下る時はゆっくりと気を付けて下りています(^o^)。

    親父の休日

    2019/3/24(日) 午後 0:52

  • 顔アイコン

    > 猫姫さん 、こんにちは ♪

    1〜3月は、外は寒いし懐も寒いので3月下旬もしくは4月上旬に少しサイクリングがてらに平野辺りまで遠出しようと思っています。

    コメントを寄せて戴き、有難う御座います。

    [ tatsu2 ]

    2019/3/24(日) 午後 4:47

  • 顔アイコン

    > 親父の休日さん 、こんにちは ♪

    吉野神宮の階段も勾配がキツイですが、更に石段も多くて上から見ろせば怖くなるのが近江神宮の階段です。
    仰る通り、慌てて降りると、足でも縺れて転倒なんかすると命取りに成りかねないのでゆっくりと安全に降りるのが無難ですよね!

    コメントを寄せて戴き、有難う御座います。

    [ tatsu2 ]

    2019/3/24(日) 午後 4:51

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事