ここから本文です
神仏の掌に触れて

書庫全体表示

記事検索
検索

知らなかった?

つい最近の事なんですけど、良く電車で出掛ける事が多くあるので、交通系ICカードICOCAにチャージしようと改札を潜る前に乗越精算機で現金チャージを試みようと画面を覗うと普段と違う表示が為されていました。

イメージ 1

此の乗越精算機は、普段駅構内の駅職員室の真裏(正面は券売機とチャージ機が設置されている)に在り、此の映像が乗越精算機です。


イメージ 2

(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-、このチャージ機にも500円と千円以上のチャージ機能が備わって居るのか?500円のみチャージ出来るのはJRのチャージ機しか機能が備わって居らず、在阪私鉄各社は最低チャージ金額が千円からでないとチャージ出来ず、大阪メトロにもJR並みの機能が在るのか?と感心しました。



イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

此処の画面では、500円までがチャージ出来ると一目見て分かりましたが、更に金額に目を移してゆくと、え?何?10〜990円まで自分のニーズに合った金額がチャージ出来るのか?
(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-、大阪メトロは、更にJRの上を行ったか?
試しに、今私のカード残額が3383円残金が残っていますので財布から適当に小銭を投入しました。


イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

570円在ったので、チャージ機に投入して確認ボタンをタッチしました。


イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

確認の為に、チャージ後の金額を確認すると3953円と成って居り、意図する金額近くまでチャージ出来たので、証明として領収書を発行しました。
此の理屈からすると、カードの残高に対して10円不足していたので、10円だけチャージして再度改札を潜る事が出来ると解釈する事が出来ますね。
現実、他所は500円か若しくは1000円単位でないとチャージ出来ない所、大阪メトロは最低10円でもチャージが出来る事を証明して居ますね。
何故、チャージをしようと思い立ったかと申しますと、また7月10日以降に京都若しくは奈良の寺社巡りを考えており、懐の余裕の在るときにチャージを思い立ったのです。

近畿圏以外の所は、度の様な仕組みに成っているのか判りませんが、畿内在阪では大阪メトロが最先端を行っている様な気がします。
因みに関東では、乗車運賃が切り上げ切り下げ関係なく、1円毎に乗車運賃を支払わなければ成らず、券売機で切符を買えば、キリの良い金額表示されるので損をするか、得をするかの何方かですね?(笑)

本日、京都での昼食

本日は朝から出掛け、東福寺・泉涌寺が在る東山地区南側エリアを重点的に巡り歩き、空模様も落ち着きがないので12時過ぎで巡礼を打ち上げて、新熊野神社前にて京都市バスに乗り継いで昼食を取ろうと思い、祇園まで移動しました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

京都の中心地祇園の交番前で市バスを下車すると、今年も一箇月間の時間を要して長い祇園祭が始まっております。
七月上旬は、祇園祭に携わる地元関係者に取って儀式など諸行事に追われる毎日を過ごされて居りますが、本格的に鉾や山がお目見えに成るのは10日過ぎからでして、其の間試験惹き等を行って17日の前の祭り前日までが稼ぎ時で、其の間保存会に携わる関係者はシッカリと山鉾保存維持の為の資金を稼いでいます。
私が訪れたのは、未だ序の口の諸事の手始め位の時期でしたので目で確認出来る程の動きは無かったです。


イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

本日召し上がった昼食は、餃子の王将八坂店で食べた「夏野菜黒酢スブタ定食」で元来餃子が半人前(3個)の所に100円+して1人前に格上げして1100円位で収めました。(笑)
夏野菜と銘打っていますが、豚肉の唐揚げに黒酢餡を絡め、プチトマト・ナス・ズッキーニにミョウガ1個を刻んでトッピングにした月替わり定食です。


イメージ 7

あら巫女さんが隠れてしまってしまい、肝心なお姿が前のおばさんの後ろにスッポリと隠れてしまいました。

イメージ 8

イメージ 9


此方のうら若い巫女さんと比較したかったので撮影を試みましたが失敗に終わりました。
此方の巫女さん達の袴は緋袴を着用されて居ますが、先ほど参拝客の後ろに隠れてしまった巫女さんは袴の色が全く違い、紺色の袴を着用されて居たので比較対象の為に撮影したかったのです。
何故、色違いなのかと私な二人に考え、巫女としての経験の差で着衣に違いが出ているのだと推察しております。
大概は、男性同様に白袴を着用されて居らる巫女さんも居ますので紺色の袴に目を奪われました。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

境内の中を通って南門から抜け出て或るお寺へと行きましたが、間が悪くて本日木曜日は週一回の休館日に成って居り、私も其の事は全く知らなかったので心が折れました。
場所的には、大谷御廟(東大谷派)の少し上辺りに在る洛陽三十三箇所観音霊場第七番札所長樂寺へ拝観巡礼に赴きましたが、運拙く這う這うの体で出戻りました。
もう此の時点で完全に心が折れたので、早々と退散して阪急電鉄河原町駅から帰途に着きました。

本日の巡礼記は、私の時間が許される時に随時投稿して参りますので乞うご期待下さい。
仕事の休日日に限って、雨や家事都合で外出する事が延び延びに為っていましたが、やっと今日は少し天気ももsち直して晴れ間が出てきたので下記の映像の処へ参ります。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

上記3枚の映像は、東福寺。


イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

次の3枚は、泉涌寺です。

梅雨に入って家を出ることが躊躇われ、じっと引篭り老みたいに家の中でじっとしているか、炊事家事に追われて居る休日を過ごしてきましたが、久しぶりに息抜きの為に寺社巡りに出掛ける心算です。
上記6枚の映像をお借りしてきまして投稿して居ますが、実際に伺った事が無かったので自分の目で見聞して来ます。
今まで人手が多い事を理由で避けて来ましたが、其れも方便でして実際のところ敷居が高い感が感じ得ず、行くのを躊躇って延び延びにして居ました。
今日は、今から支度を整えて出て行こうと思います。
後日、画像を編集出来次第、随時投稿しますのでお楽しみ下さい。


昨日の出来事

昨日、7時を20分ばかり遅れて家を出たが、最寄りの南海本線堺駅までは徒歩3〜5分位の距離に有り、信号を亘って20m位先に制服を着た者が十数人横一列で整列しており、一体何者だろうと間近まで近づくと、大阪G20で会場周辺を警護に当たるので地方から応援に駆け付けてきた熊本県警警邏隊の精鋭?の面々が移動用のワンボックスカーで二手に分かれて乗り込もうとしている所でした。
御蔭で、今日から予め交通機関も混雑が予想されると告知されていた初日でして、乗車する列車に遅れが生じていました。
私はいつも通り、混雑する急行や快速急行を避けて普通車に乗車して何とか終点難波に着きました。
改札を潜ると、1週間位前から正面に監視役に警察官を踏み台を設けて監視に当たらせており、私は一瞥して監視官を観たが、監視官も私の視線に気付き目聡く観られて居ました。
流石、寄越された者だけ在って監視の能力は高いと感じましたが、監視の者が地下鉄へ向かう地下通路にも複数名滞留しており、是だけ警戒態勢が厳重?で有ると言う事ですか。
昨日は、此の現実を肌で感じるさせられる状況をまじまじと見せ付けられ、JR路線及び高速道路は通行止めと渋滞が生じているので私鉄(南海・阪急・阪神・京阪・近鉄)在阪5社と大阪メトロを利用する乗車客が異常に多いと感じました。
G20会場近く及び要人が宿泊するホテル宿泊所関係は厳重に警備が敷かれ、ジュラルミン製盾をと長警棒を携えて警備に当たる警察官を20〜50m置きに配置させる物々しい警備と成っており、場合に拠っては何処に行かれのかと職質(職務質問)に遭う事も暫しば在ると思います。
大阪は過去に、ASEANの会場にも成っており、私も傍を通っただけで職質に遭う経験をしましたので或る程度予想が付きますが、G20が終わるまでは色々な事を体験させられますね。
今日は、朝から帰りが遅くなる予想して帰りはスーパーも閉まっているし、開いていても弁当類は9時を回れば何も無いのが判りきっているので南海本線終点難波駅駅ナカで551蓬莱の焼売と豚まんを買い上げました。
豚まんは遅い夜食に、焼売は明日の夕食のおかずにと思惑を抱き、帰るなり早速豚まんを頬張りましたが、とんだ食わせもんを買い求めてガッカリしました。

イメージ 1

此方が、焼売6個入り。明日の夜食に。


イメージ 2

問題は、此の豚まんなのです?
どう食わせ物だという申しますと、ど素人が餡を入れて皮を丸めたのか知らないが、皮の分量が物凄く多くて餡の比率が極端が少なっており、分厚い皮を食べている感じで、体の良い蒸しパンを食べて居る感覚でした。
こない分厚い皮の豚まんを食べさせられたのは半世紀振りだ。
昔の蓬莱の豚まんは、餡が本当に少なくて殆どが皮を食べさせれていると言った具合でして、四方や半世紀振りに皮ばかり豚まんに当たるとは本当に不運だった!
次回は、真面な物に当たる事を願いまして、今夜の与太話とさせて頂きます。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事