ここから本文です
神仏の掌に触れて

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

安倍文殊院からまた徒歩で近鉄桜井駅まで立ち戻り、今度は近鉄桜井駅に隣接しているJR桜井駅からJR桜井線三輪駅に移動しました。
此方へ行く動機は、ブロ友さんが大神神社と石上神宮を投稿されており、錦鶏?尾長鶏かどちらかはあやふやでしか覚えていないのですが、珍しい鶏が居るので一目見たいと思い訪れましたが、勘違いも良いところで全く的外れで大神神社じゃ無かったのですね?(笑)
幾ら探していない筈で、珍しい鶏が居るのは七支刀で名高い石上神宮でした。ガク!
談山神社の遅れが、全体の予定に狂いが生じ、大神神社まで訪れたのだから行けるところまで行ってしまえと行動に移しました。

イメージ 1

三輪駅から少し回るようにして線路がある踏切を横断したら、三輪と言う地名なので商店街を見渡すと三輪素麺を食べさせる飲食店が多く軒を連ね、三輪素麺発祥の地なのです。


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

何と風格のある厳かな感が漂う神社ですか?
其れも其のはずで、日の本六十六州(國)在る内の大和國一宮に列せられ、官弊・国弊六段階の社格に於いて上位の官弊大社の神格を戴き、
畿内でも多くの参拝者が訪れる神社です。


イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

此の日も沢山の参拝者が訪れ、神社の神事新嘗祭明けの土曜日と有って七五三とお宮参りの参拝客もチヤホラと目に付き、境内はごった返していました。


イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

参拝の挨拶を神前で行ってから、社務所へ向かいました。


イメージ 19

社務所に向かったら弩エライ事に成っており、何処から湧いて出てきたのかと思う位長蛇の行列を為し、御朱印の記帳待ちで10m以上も並んでいるのですよ!
記帳するのに3〜5人で手分けし、記帳と御朱印の押印と初穂料の精算と五人係で行っており、其れでも10分以上は待たされ、亦此処でも時間ロスを生じて最後の石上神宮へはどうも行けそうに無いと予感がしてきました。

次回の投稿は、大神神社の摂社と元伊勢を投稿致します。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事