ここから本文です
神仏の掌に触れて

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

此の日は、前もって5月の時点でブロ友さんなおのブログのなおさんと約束を交わしており、なおさんに誘われて後醍醐天皇が御所として遷座した吉野へ巡礼に出かけました。
最初は吉野山の奥の方からなおさんのマイカーで走行して、知る人ぞ知るという寺へ伺いました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

エライ寂しい場所に此の安楽寺が建立されており、此のお寺は誰も管理しておらず、仏事などで年に数回開帳されるお寺みたいです。
普段は、誰も入れないようにして、柵を施錠しています。

イメージ 4

イメージ 5

真向かいの小高いところへ駆け上がり、仏塔全体を撮影出来る様に目線を合わせて撮影しました。


イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

この寺院が、朱色の仏塔を管理している安楽寺の本寺院です。
寺務所に伺いましたが、誰も対応しなく誰も居ない状況でした。
此の日訪れた寺社20箇所近くめぐり、止事無き理由で神社・寺を閉めている自社は3割の確率で御朱印を賜る事が出来ませんでした。

本日の投稿は、本の触りでして、次回からは少しメジャーな寺院を紹介します。
歴史上の名立たる人物が、此の寺院に足跡を残しており、彼の有名は俳聖も次回投稿する寺院に足跡を残されているので、余りにも画像が多いので数回に分けて投稿して参ります。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事