ここから本文です
神仏の掌に触れて

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

山阪神社より程近い所に、次の目的地となる不動尊巡礼の札所が在ります。
以前にも紹介致しましたが、其の時は未だ不動尊巡礼には手を付けておらず、実際に行動に出たのは法樂寺を訪れた後の二ヶ月後に四天王寺に参詣して、其処が不動尊巡礼及び新西国観音巡礼の始点と成る第一番札所と成る縁起の良い場所だから不動尊巡礼と新西国観音巡礼を新たに始めました。

イメージ 1

田辺不動尊の前に辿り着きましたが、道幅も広く或る程度の場所で辿り着いたなら直ぐに判る所だと思います。


イメージ 2

此の案内が、結構目立つので位置的に物凄く判り易いです。


イメージ 3

イメージ 4

まあ色々と幾つもの札所を掛け持たれて居ますね!(笑)
大阪にも奈良と同じく十三佛霊場が在るのですね?
奈良に見劣るので此方まで手出しは致さないです。


イメージ 5

イメージ 6

此の三重塔は、山門の外からでも存在感を示して居り、中に入れば如実に違和感無くに受け入れていますね。
他の寺院は、ド派手な真っ赤な朱塗りの塔をこれ見よがしに見せつけようとしますが、京都の東寺と此方の三重塔は見ていても安心感が後から染み出すように感じられます。


イメージ 7

鐘楼も地味ながらも境内の風景の一部として溶け込んでおり、其処に何も無かったかの様な感じを醸し出しております。


イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

本堂にお参りし、拝礼を終えると本堂横の御札授与所に伺って御朱印を新たに書き記して貰いファイダー式宝印帖にファイルしました。

近畿三十六不動尊巡礼の起こりとは、下記の記述に基づいて信仰されております。

近畿三十六不動尊霊場(きんきさんじゅうろくふどうそんれいじょう)は、大阪府兵庫県京都府和歌山県滋賀県奈良県にある不動尊(不動明王)を祀る三十六ヶ所の霊場。霊場の選定にあたっては、宗派に囚われず、一般の人々からの立場からの意見を取り入れて、1979年(昭和54年)に古寺顕彰会が中心となり選定した。日本で最初の不動尊霊場である。
三十六の数の由来は、不動明王眷属が三十六童子であることによる。また、人間煩悩三十六支を表し、三十六ヶ寺を巡拝することによって煩悩を消除する意味も含まれている。
河内長野市助役を務めた下休場由晴氏が手がけた新設巡礼地のひとつである。

不動明王に付き従っている眷属の三十六童子が畿内三十六のお寺に祀られており、一巡して過去即ち先祖の御霊を供養し、二巡目は現在即ち自分と家族の繁栄を祈り、三巡目は未来即ち子孫繁栄を祈る事を目的としてお参りしなさいと、山科の岩屋寺の女人から諭されるようにご教示しましたが、一口に三十六ヶ所を回ると物凄く試練が障害が多く、果たして全て廻る事が出来ようかと自問自答しています。
次回の投稿は、法楽寺と同じ東住吉区に在る桑津を訪れます。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事