ここから本文です
神仏の掌に触れて

書庫和泉國御朱印巡

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

大神神社で一通り済ませると、今度は境内を戻るようにして末社の狭井(さい)神社と久延彦(くえひこ)神社を参詣に訪れようと周り、狭井神社は直ぐに見つかったが、久延彦神社の位置が判らなくて元伊勢の檜原神社へと訪れました。
後で愛読の「神様の御用人9」で久延彦神社の祭神に付いて面白おかしく記述されており、案山子の神様で知恵を司る神として古くから信仰されており、一節では大国主命と一緒に諸国を巡、見聞を通して当時の民草の知恵を神託として授けた故事が今の信仰として繋がっています。
次回は、訪れる事が出来なかったのでもう一度大神神社を振り出しに山の辺を道を散策して天理に鎮座する石上神宮へ詣でる計画を立てていますが、是れは以っと先の成ると思います。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

大神神社末社 狭井神社と御朱印です。

垂仁天皇の御代に創建されたと伝わり、ご祭神の荒魂(あらみたま)を祀る延喜式内社。力強いご神威から病気平癒・身体健康の神様として信仰が篤い。4月18日の鎮花祭(はなしずめのまつり)は、大宝律令(701)に国家の祭祀として大神神社とこの神社で行うことが規定された疫病除けの祭で、多くの医薬業者が参列する「薬まつり」として有名。

体中が満身創痍なので、平癒とは言わないが苦痛を和らげるように祈願して参りました。



イメージ 5

イメージ 6

此方も珍しい三鳥居が本殿の前に建っています。
後で判ったのですが、本社大神神社も本殿に三鳥居が建てられているそうでして、拝殿の奥に御神体とも呼ばれる三輪山を区切るようにして建てられているそうです。


イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

拙い時ですが、権禰宜見習いの若い神職が記帳して頂いた御朱印です。

場所としては、山の辺に沿って鎮座しており、何とも寂し居場所に在ります。
此の辺は大層物騒でして、大神神社へ戻る間際にあわやオオスズメバチに背後から襲われそうに成りました。
後ろから急に「ブーン」と音が唸るようにして追いかけて来、背後を覗うと大きな蜂が飛んでいるのですよね!
此れが色の濃い服を見ていたら、一貫のお陀仏でしたね。

此の檜原神社は、伊勢の伊勢神宮が今の位置に遷座する前に仮の宮として一時此方で鎮座しておりました。
元伊勢と言う語句を調べると西日本の至る所に今の場所の伊勢神宮に落ち着く前に方々に遷座していた経緯が書き記されており、此方も其の名残だそうです。

是れにて、桜井巡礼編はお開きとさせて頂きます。
次回の投稿は、大阪河内長野市に在る勧心寺と富田林市に在る滝谷不動明王寺を参詣に伺った巡礼記を投稿致します。

氏子若衆がやっさいほっさいやっさいほっさいの掛け声で火付け神事が始まると、今度は神木が高く積み込まれたとんとに火が燃え移り、とんとに使用たのは乾燥させた栗の木が使われており、火が激しく燃え上がり、上がると同時に木が燃えて弾く音が何度も何度も聞こえてきて知らない者は驚いてビクビクしていました。
燃え上がったとんとの倒れる位置を諮って来年の吉兆を占う神事が同時に執り行われており、西側(海の方向)に傾けば豊漁、東側(山手の方向)に傾けば豊作と占いが立てられ、石津一帯は昔から半農半漁の暮らしを立てている民が多く住んでいる土地柄ですので此の様な占いも行われています。
因みに、私が伺った時は、西側に燃えたとんとが倒れたので豊漁の卦が建てられました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

此の時点で、アナウンスの言わんとしている意図が肌身に嫌と言う程感じました。
炎が帆柱の様に立ち上がり、其の熱風が身近に居る者に取って諸に降りかかり、最初居た位置から知らず知らずのウチに3〜4m後ろに下がっておりました。


イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

あれくらい離れていても、裸に成っていてもいい加減に暑いので気温は下がっていますが、上半身は温めれていますね!


イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

此の編辺りから体に変調がきたし、左手首が無性に痛みで疼き、2時間近く立ち尽くしているので太腿の筋肉が硬直しだし、身が持たないないで思案しておりました。


イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

此の時点でとんとが倒れだし、西側に倒れたので海側に方角を示しているので来年は豊漁の年に成ると卦は示されています!


イメージ 17

此方の画像は、最後まで見れなかったので堺市に広報から抜粋して来ました火渡り神事の模様です。

足が不自由で立てない蛭子大神(恵比寿様)役に扮して一人が二人に担がれてやっさいほっさいやっさいほっさいと奇声を上げています。



2018年度の模様が、早々とYoutubeで投稿されていましたので、視聴して下さい。

是れにて12月14日の投稿締めさせて頂きます。

前回の投稿では、祭り本番の時間繋ぎで地元小中学生有志が行う よさこい踊りの様子を投稿致しました。
今日は、二部に分けて神木に火付けを行うまでと、次の投稿は火が燃え上がって来年の吉兆を占う火付け神事の途中までと其のあと見れなかった火渡り神事を抜粋してきて投稿します。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

火付け神事が始まる前に、神社からのアナウンスで太鼓が三回打ち鳴らされて三回目に境内の消灯が全て消灯されるとアナウンスが有り、次の投稿写真の様子からしてテキ屋の露店の明かりが見えているのみです。



イメージ 4

イメージ 5

イメージ 7

火渡り神事を行う前に、本殿から火つけ神事行う氏子が通れる道を先導たちが道を開けて待っています。


イメージ 6

イメージ 8

イメージ 9

火付け神事が始まる前に、私の後ろの会館から火付神事に参加する氏子若衆が裸で参加しますのでタオル等で体を擦って体温が下がらないように準備を行っている最中みたいです。


イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

神木が積み上げているとんとの周りには火付神事を行う氏子若衆が周りを取り囲んでおり、合図がされ次第一斉にとんとに火が付けられる。
火を点火する際に、口々に「やっさいほっさい、やっさいほっさい」と掛け声を上げていました。


イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

火が四方から所々に付けられ、黒煙がもうもうと立ち込めています。



イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

火付け神事が始まる前には、アナウンスで火が燃え出して来たら火傷をするので後ろに下がってください。と再三再四アナウンスされていましたが、そんな馬鹿なと当初は思っていましたが、後から思い知る事に成りました。


此の続きは、直ぐに投稿致しますので暫しお待ち下さい。


昨日も夕方に出かけますよと触りだけ投稿致しましたが、昨日は夜が一段と冷え込み、見学している最中から体に異変が生じて神事の半分を見終えて退散しました。

泉州の奇祭だと言われているのが、何が奇祭なのかもう一つピンと来ず、何処にでも有り触れている神事と変わらずに進行していました。
只、祭りの起源は、浜に漂着した蛭子大神(恵比寿様)を村人が助け揚げ、冷えた体を藁などで擦り、火を炊いて体を温めた故事に因んで毎年12月14日に祭りが執り行われます。

神木を積み上げた「とんと」に火をつけ、村人から選ばれた「戎(えびす)さん」が担(かつ)ぎ上げられ、「やっさいほっさい」の掛け声とともに火渡りを行ないます。エビス信仰と修験道が融合した特殊な内容は、まさに「泉州の奇祭」の名にふさわしく、その信仰的背景が注目される民俗文化財として大変価値が高いとして評価を受けています。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

鳥居辺りまで着いた時は、既に祭りが執り行われる所には車座の様に神木を高く積み上げた「とんと」を囲むようにして我さきにと陣取りして座る者も立ち尽くす者も場所を確保していました。
7時前に到着したので急いで拝殿で二礼二拍一礼を行って参拝を済ませ、社務所に立ち寄って御朱印を拝受し、其の最中に地元中学や小学生有志のよさこい踊りが披露されていました。


イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

石津太(いわつた)神社に祀られている祭神蛭子大神(俗称エビっさん)
ですが、漂着した説が幾つか在って西宮でも蛭子大神を祀っている名の知られて神社が有りますが、創建は石津太神社が古いと言い伝えられています。
 
毎年正月を過ぎる十日には、恵比寿様の福を授かろうと十日恵比寿大祭が畿内各地で行われています。


イメージ 7

本殿横に寄進や奉納の受付場所を設け、地元の氏子が執り行っています。


イメージ 8

本殿です。



イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

地元石津の小中学生有志の踊るよさこい踊りの第一幕です。


イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

私が陣取っている辺りには、神社の公民館が在って其処から人の出入りが多く、其の間を通って主賓等が挨拶に訪れるために本殿辺りまで騒がしく成っています。
公賓は現職の堺市庁並びに地域の連合会会長などが訪れ、神事が始まる前に堺市長の熱いメッセージが述べられていました。


イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

よさこい踊りの第二幕が始まり、此のレセプションが終われば8時から神事が始まります。

此の続きは、明日投稿致します。



今日は、計画休日を取得していたら山科か赤穂の義士祭でも出向いている心算でしたが、生憎交代制で勤務を組んでいる為残念ながら出向くことが叶わず、地元神社の神事へ見学する為に今から家を出ます。

場所は、阪堺電気軌道阪堺線石津駅の最寄りに石津太(いわつた)神社と呼ばれる蛭子神(俗称 恵比寿様)が流れ着いたと言われている神社の神事が今晩8時から行われ、けったい身なりをして神事を行う奇祭として言い伝えれており、地元ながら生を受けて50年以上全く知りませんでした。
参拝して御朱印を戴き、時間を待って奇祭を眺める心算です。
映像が編集次第、直ぐにでも投稿する予定ですのでお楽しみ下さい!

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事